2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【子供】日本の将来、お先真っ暗【学力低下】

1 :実習生さん:03/05/12 23:12 ID:PZ9ZjOWE
このままでは日本の将来はどうなってしまうのか?
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/education/

これではもう、お先真っ暗ですな。

2 :実習生さん:03/05/12 23:13 ID:uK7+VEe1
だから早く「ゆとり教育」を廃止しろって言ってるだろ!

3 :実習生さん:03/05/12 23:15 ID:PZ9ZjOWE
>>2さん
なんとかしてください。

4 :実習生さん:03/05/12 23:27 ID:uK7+VEe1
「詰め込み教育」に戻せ!ボケ教育者ども

5 :実習生さん:03/05/12 23:51 ID:gT4rEqJO
カルト的な理論を展開し、日本の教育崩壊を促進させる文部科学省。
文部省に「科学」がついたからといって、信用するな。
彼らの教育理論には、まったく科学的なところなどない。
愛国心を植え付けるとか、ボランティア活動推進とかいってるが、だまされるな。
教育が資源の日本を潰そうとしてるのは、彼らだ!
学習塾に頼らせることで、貧富の格差を広げようとしているのだ!

6 :実習生さん:03/05/12 23:56 ID:W/y+xe6U
もう、手遅れですよ。

7 :実習生さん:03/05/12 23:57 ID:AVAyMH2+
ゆとり教育批判のスレはすでにあるから、
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1020708049/l50

このスレは、「カルト的ゆとり教育」を推進した非国民を晒し上げ、
彼らをいかに権力の座から引きずり下ろすか考えるスレにしないか?

8 :実習生さん:03/05/13 00:58 ID:B6u7JHww
遠山敦子文科相はこの問題についてよくわかってるし、よい方向性で努力していると思う。
近く大幅な修正が入りそうな予感。

しかし、たとえ数年間にしても、糞教育を受けてしまった子供たちは、
一体どういう大人に育つのだろうか?
この悪影響は十数年後にもっと深刻な問題になるだろうな。

結局日本はもうだめだな。対応が遅すぎ。

9 :R134:03/05/13 01:18 ID:Qrq+O9g1
>>1のリンク先じゃ、明日には記事変わってるぞ・・・

10 :実習生さん:03/05/13 01:28 ID:TNm8zIyY
記述式問題に目立つ無解答 小中生、表現・思考力に課題
(2003/5/12 共同通信)

 文部科学省は12日、小5−中3生を対象に実施した全国規模の学力調査の分析
結果を公表した。自分の考えをまとめ記述式で解答する問題に対して無解答が多く、
表現力や思考力が十分身に付いていないことを示した。算数・数学は思考力、判断
力が不足している。
 分析した国立教育政策研究所は「明確な原因は不明」としている。遠山敦子文科
相は教育課程や指導方法などについて近く中教審に諮問、検討を求める。
 分析の結果、英語の「書く」力を問う設問では、正答率が事前の想定を上回った
ものがなかった。自分の宝物を4つ以上の文で説明する中3の問題は無解答が41%
に達した。
 中学数学では、無解答が4人に1人以上の割合だった33問のうち22問が記述
式問題だった。
 小5−中1では、数学的思考力をみる問題の半数以上で事前に想定した正答率を
下回り、中学は記述式や文章問題で解答率が想定を下回った。


・・・プッ 「明確な原因は不明」だとさw

11 :実習生さん:03/05/13 01:45 ID:aiIJXclH
<学力テスト>学力低下、基礎的知識・技能不足の可能性 文科省
【横井信洋】(毎日新聞)2003/5/12

 文部科学省は12日、学力低下の傾向が裏付けられた昨年の小中学生
の学力テスト(教育課程実施状況調査)について、教科ごとの詳細な分
析結果を公表した。学力低下の原因は特定できなかったものの、基礎的
な知識・技能や、日常生活に関連づけた理解力の不足を可能性として挙
げた。そのうえで自治体や学校に指導方法の改善を求めたが、完全週5
日制の実施で授業時数が減った現場からは「学校への問題の丸投げでは
ないか」との批判も出ている。

 算数・数学では、小学生だけではなく、中学生も足し算・引き算より
掛け算・割り算を先にする基本が十分に身についていないほか、考え方
をみる問題の正答率が事前の想定より低いことを指摘。単純なドリル学
習一辺倒ではなく、個々の児童生徒に応じて計算の技能をつけさせる指
導を求める一方、さまざまな解き方を考えたり、算数・数学が買い物な
ど実生活で役立つことを気付かせる授業も必要と述べている。


>算数・数学が買い物など実生活で役立つことを気付かせる授業も必要
どこの誰が買い物さえろくにできなくするような
指導要綱を作ったと思ってるんだろうw

12 :実習生さん:03/05/13 01:46 ID:aiIJXclH
■コピペ続き
<学力テスト>学力低下、基礎的知識・技能不足の可能性 文科省
【横井信洋】(毎日新聞)2003/5/12

 社会や理科でも、基本的な用語や概念の定着に創意工夫を求めたうえ
で、校外学習やインターネットの活用で理解を深めるよう提言した。英
語では聞き取りや英作文の結果から、英文の構造を理解できない中学生
が多いと判断し、テスト問題にはなかった話す力も「良好とは言えない」
と推測した。

 また、子供と教師が対象のアンケート調査の結果も分析した。国語では、
教師は説明文より小説の方が児童生徒の関心を引き、理解しやすいと考
えるのに対し、子供たちは小説を苦手に感じていることなどを例に、
意識の隔たりを考慮する必要性にも触れた。

 テストは昨年1〜2月、全国の小学5、6年生と中学生計約45万人を
対象に実施。小学生は国語、社会、算数、理科の4教科のうち2教科、
中学生は国語、社会、数学、理科、英語の5教科のうち3教科を受けた。
前回テスト(94〜96年)と同一問題の正答率は、延べ23教科のうち
社会と算数・数学を中心に15教科で下がっていた。

13 :実習生さん:03/05/13 01:56 ID:ouQiE/KV
ありきたりだが、
勉強出来なくて、何か困る事有るか?

知り合いで中卒、ラーメン屋、給料50万の奴がいたな

14 :実習生さん:03/05/13 01:58 ID:H3g3qWtN
教え込まずに自ら考える力をつけさせる、という方針の結果がこれ。

最初から予想してたけど、ここまでくると悲しいね。

換算すると被害総額はいくらぐらいになるのかなぁ。三十兆円ぐらい?

15 :実習生さん:03/05/13 02:00 ID:ouQiE/KV
大阪のホームレスで
東大卒が2人居ますが、何か?

16 :実習生さん:03/05/13 02:00 ID:dVf7BUwI
>>13
勉強ができて、困ることがあるか?

17 :実習生さん:03/05/13 02:05 ID:ouQiE/KV
>>16
どちらでも良いと言う事で良いか?

18 :実習生さん:03/05/13 02:08 ID:dVf7BUwI
>>17
できないよりは、できた方がいいだろ。
少なくとも日本では。

19 :実習生さん:03/05/13 02:13 ID:RkvQFGbM
というか、基礎学力の意味について、教師も有機的に実感してないんだよね。

基礎、基礎といっても、ある程度の社会経験、知的活動経験が無いと、なぜ
大事なのか? 何を、どう身に着けるべきなのか? は、本当にはわからない。
わからない人たちが、教壇に立っているので、せいぜい、「いまやらないと、
将来が困る」だの「進学の為」だの、その程度のことしか言えない。
例えば、美術では、デッサン力が大きく才能を左右する。その教科におけるデッサン
力とは何か? が、わかっている人が少ないんだ。あるいは、指導要領に縛られて
いては、わかっていても、その通りに教えることはできないだろうし・・・

日本じゃ、学者や院生ですら、わかってない人がいるような気がする。 

学力テストの点数が絶対という訳ではないが、文科省(及び、その取り巻き
の学者)も、わかってなかったってことだね。

20 :実習生さん:03/05/13 02:15 ID:JEz7ZuFr
>>17
死ぬほど努力して勉強して大企業に就職し、
そこでアイデアを振り絞り苦労に苦労を重ねて、
日本の富を築き上げていく人よりも、
そのおこぼれに預かるような「ラーメン屋」の方が楽でいいと。
ホームレスになった東大卒の2人は、その負け組みとして
嘲笑していればいいと。


お前がいいたいのは、つまりこういいうことか?

21 :実習生さん:03/05/13 02:20 ID:1wciSz9z
>>19
じゃあ、どんな人間に教壇に立って欲しいんだ?

22 :実習生さん:03/05/13 02:32 ID:UKjrip9u
すべての原因はいわゆる団塊世代と呼ばれる糞おやじと糞ばばーです。
彼らが全員この世からリストラされれば日本は良くなります。

23 :19 :03/05/13 02:37 ID:RkvQFGbM
>>21
例えば、日舞の名取のような人間がいいんだけどね。ああいう人は、基礎とは何か? 
が体でわかっている。稽古の作法も、永年、受け継がれて洗練されてきたものだから、
いっけんまわりくどいことをしていても、動きにムダがない。
結果的に、間違った方法抜きで、ちゃんと上手くなるようになっている(はずだ)

一方、学校では、教科内容の妥当性も問題があるようだし、教師の質も、粒が揃っ
てないでしょ? いちおうは教採を通ってるはずなのにね。

全面的に擁護する気は無いが、予備校・塾の名物講師、受験教師は、「点数を取る」
というテクニックに関しては、「何を、どう身に着けるべきなのか」はわかってるんだろうね。

この考え方を押し進めると、今の体制では、どうにもならない訳でつが。

24 :実習生さん:03/05/13 02:58 ID:GtZ1PqOq
302 :名無しさん@3周年 :03/05/13 02:42 ID:oojQrtxb
NHKでさ、幾つか問題が公表されていたけどそれ見て愕然としたよ。
「マジでこんなの解けないのか?」って。いくら何でも解けなきゃ
マズイだろってさ。
例えば日本車の輸出先国と各国ごとの%を円グラフにしてあって、
「輸出先上位3カ国の%を合計すれば何パーセントになるか答えなさい」
みたいな問題だったがこの問題の正解率はなんと僅か44%!!
パーセンテージの大きな国を順に3つ挙げて、そのパーセントを足して
行けばいいだけなんだが、小学高学年でこれが解らない子供が半分以上
いる。信じられるか?こんな問題出来ないっておかしいだろ?

336 :名無しさん@3周年 :03/05/13 02:51 ID:oojQrtxb
あと全校生徒500人の学校でインフルエンザが流行り、
10%の生徒が休みました。残った生徒は何人ですか?
見たいな問題。450人残ってるわけだが・・・。
これの正答率、僅か22%・・・。
もうまじかよ???って思うよ。

もうやばいよ・・・この国・・・

25 :実習生さん:03/05/13 07:42 ID:54SOvyw+
円周率3%の時点で楽しすぎ

26 :実習生さん:03/05/13 11:04 ID:d2j7Q9h2
>>19=23
 非常にわかりやすい説明ですね。私もそう思います。
>日舞の名取のような人間がいいんだけどね。
いいですね。

昨今の学力議論であまり議論されていない気がするんですが、子供を取り巻く
社会の問題なんかはどうなんでしょうか?例えば、私達が子供の頃はコンピュータ
ゲームもなかったし、遊ぶと言えば基本的には外に行くのが普通でした。
世の中も今に比べると脳天気だった気もします。

どなたか、社会状況の変化と学力の関係についてご意見をお持ちの方があれば
教えて下さい。

27 :実習生さん:03/05/13 11:46 ID:R/txSxTK
ウチの子の担任 ほとんど宿題出さない
参観日の授業中はお祭り騒ぎ
なんとかならんのか・・と一部父兄からクレームがついたら
低学年のうちは 自由発言の中から色々な意見を拾っていくのが 得策です(きっぱり)
なんて 言ってくれます


28 :実習生さん:03/05/13 11:59 ID:JArBisaO
私は教師ですが、その担任はだめ
ですな>27

29 :19 :03/05/13 12:11 ID:9S1AsIYk
>>26
日舞とかも、稽古の最中は退屈かもしれないが、やってるうちに、少しずつ、動きがついて
くるから楽しい訳でしょ。
これはスポーツや芸術とかとも共通する問題だけど、無闇に基礎だけやらせてもつ
まらないんだよ、やっぱり。わかってる人が手本を見せて、指導して、進歩を実感
させていかないとダメなんだよ。
(そういう意味では、オレは、今の部活には反対。中途半端な人に習ってもムダだから)

「学力」でもそうだと思うよ。

>社会状況の変化と学力の関係
これは、「ゆとり教育」スレで熱く語られてますので(w
>>27
ノー宿題が不安なら、学年対応のドリルでもやらせたらどうですか? あるいは、
子ども図鑑の類でも読ませるとか。点数的な即効性は無いかもしれないが、あれは
勉強になりますよ。

30 :実習生さん:03/05/13 12:13 ID:j5tYTs1o
2002全国学力調査の問題を少しでも公開してるサイト知りませんか?
ぜひといてみたいのですが。中学あたりがいいかな

31 :実習生さん:03/05/13 12:31 ID:R/txSxTK
27です
だめ担任にあきれた父兄は塾や通信教育などやってるようです 
ウチもドリルやらせてます(細々と)
でも なんのために学校通ってるんだか 分けわかんない
そのくせ
めちゃくちゃ 授業の進度速い
すでに ついていけない子絶対いるはず


32 :実習生さん:03/05/13 12:43 ID:FqQRf3km
ゆとり教育とか言いながら結局は時間が足らなくて教師が困っているのが現状なんですよね
勉強をろくにしないガキが社会のくずになっていくのがわからないのかな?厚生労働省は馬鹿にもほどがあると思います。

33 :実習生さん:03/05/13 13:12 ID:R/txSxTK
親にも責任感ない人多すぎ
もっと子供の学力に真剣に目をむけないと・・・
「低学年のうちは のびのびさせてあげないと」なんて本気で言う親いるんだよね〜


34 :実習生さん:03/05/13 13:15 ID:2CZE4OOD
はぁ?小学生は遊ぶことが仕事ですが、何か?
小学生なんて授業聞くだけでテストで100点取れるじゃん プ

35 :実習生さん:03/05/13 13:17 ID:2CZE4OOD
>>32
厚生労働省ね〜 pupupu

36 :_:03/05/13 17:20 ID:JSwWqUGI
>31 地方の学校なんて昔からそんなもんですが、何か?

神戸の小学校は確かに違ったが……


37 :実習生さん:03/05/13 18:08 ID:54SOvyw+
学力低下の原因って何だろ。
やっぱり教育指導要領の大幅な改訂がこういう事態を生んだと考えられる
と思うが、これを見てる親はどう思ってんだろ。

このままではダメだ、と言う親は私立に行かせる等しているようだが、
あまり考えてない家庭も多いのが現状・・?


38 :実習生さん:03/05/13 18:14 ID:6vlWJG8L
>>37
教師の怠慢
教えるプロなのに、プロ意識なし。
ゆとり教育後教え方同じだと学力低下するのは当たり前。
塾の先生の方がよっぽどプロ意識あるよ

39 :37:03/05/13 18:20 ID:54SOvyw+
>>38
そうだな。さっき違うスレに書いたんだが、
とある公立トップ高出身の人が行っていたんだが、まともな教師ほんの数人しか
いないらしいよ。その点私立がうらやましいんだとさ。

だから、私立に行かせる家庭が増えているわけよ。経済的に余裕ある家庭はね。


40 :実習生さん:03/05/13 18:31 ID:6vlWJG8L
>>38
自分の子供も絶対公立に行かせたくない。経済的に大変でも私立が良い。
まあ、私立がすべてすばらしいとも思えないが公立よりもまし。
仕事柄公立の教師とたくさん会うので切実に感じている。

41 :実習生さん:03/05/13 19:28 ID:1vjius9a
>>34
おめー、こんなところにも出入りしてたのか?
司法試験はどうしたんだ?
クズが偉そうに書き込みしてんじゃねーよ。

42 :実習生さん:03/05/13 19:34 ID:ulnE9FsF
戦後の教育が悪い

43 :実習生さん:03/05/13 21:12 ID:54SOvyw+
教育の改革の前にまずは教師の改革だな。

44 :エロジジイは茶髪とPEACEが嫌いなんだ:03/05/13 21:37 ID:uWlsOcgh
浜崎あゆみや宇多田ヒカルや窪塚洋介が叩かれる理由はみな同じである。
あゆファッションに女の子たちは自己主張の素晴さを見出して行った、
軽々と国境を越えたヒカルはナイーブな感性を損ねることなく卓抜した才能を開花させた、
洋介は国家や国籍などがいかに下らないものかを魅力ある演技で演じ切った、
「頭の良い若者は戦争のカラクリを見破る。」
の常識通り3人とも3様にイラク侵略戦争に明確な反戦を言葉にした。

若者たちが「何でも言うことを聞く信者や兵隊」になってくれなければ
ぼろ儲けすることが出来ない有事法利権屋の戦前エロジジイと
ジジイにコマされた小坊主が、 必死にあの手この手の汚い中傷を繰り返しているのだ。
(・参照↓、あゆ・ヒカル・洋介、その他の賢明な若者たちが叩かれる本当の理由)
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2000.10.2/korega.html
http://members.tripod.co.jp/esashib/fukasaku01.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/news71.htm



45 :実習生さん:03/05/13 22:03 ID:czUlx14x
>算数・数学が買い物など実生活で役立つことを気付かせる授業も必要

算数はともかく、数学って買い物する上でそんなに役に立つか?


46 :実習生さん:03/05/13 22:04 ID:czUlx14x
1よ
おもいいきりソースが見にくいんだが
せめてこれにしろ
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200305120164.html

47 :実習生さん:03/05/13 22:10 ID:czUlx14x
A大学K教授の意見
理数系で無回答が多いのは、詰め込み教育の弊害で、ゆとり教育で思考力や表現力が
つくとは思えない。また子どもに自分で考えさせることを優先し、教師が十分な指導をしないことも問題。

数学が日常生活の中でどう役立っているか実感できれば自然と考える力が付いてくる。

んだそうだ。アフォか?

48 :実習生さん:03/05/13 22:15 ID:czUlx14x
思考問題ができないのは、まず、読み書き計算ができないから。
面積の公式を覚えることや、文章題の文章に書いてある文章を読むこと、
そして計算ができること、こうした基礎基本ができていないのに、応用問題なんてできるはずがない。

日常生活の中で数学が役立っていることを実感するのと、多角形の内角の和や三角形の面積を求めることとは別。
基本的な計算ができないのに応用問題ができるはずがない。
基本的な計算は詰め込んででも教えるべき。できるがあってわかるはあと。
今の教育は、できるをあとまわしにして、わかるを追求しているあまり、結局どちらも見に使いない、そういう教育だということを誰も指摘しないというワナ

49 :48:03/05/13 22:16 ID:czUlx14x
×どちらも見に使いない
○どちらも身に付いていない

50 :1:03/05/13 22:22 ID:54SOvyw+
>>46
すまんすまん。

51 :48:03/05/13 22:39 ID:czUlx14x
>>43
ようするに教師の教え方が下手なんだよな。
できるをあとまわしにして、わかるを追求しているあまり、結局どちらも身に付いていない
そういう教え方なんだよ。
子どもっていうのは、口で言ってもわかったようでわかってないからな。
読んだり書いたり反復練習してやっと身に付くもんなんだよ。

授業で一生懸命、ケーキを切ったり、何等分にも区切った容器にジュースを入れたりしても、
依然1/2+1/3=2/5とするガキがいるってことは、わかったようでわからない消防がたくさんいるって事。
まあ、できの良い奴は、1を教えて10を知るけど、そんなやつはごくわずか。
できない子にとっては、「できる」があって、「わかる」はあとからついてくるものだからである。このことを現場の教師はもっと肝に銘じるべきであろう。
こういうことを研究授業でしる!



52 :実習生さん:03/05/14 00:48 ID:1YlmIqh1
「わからないのにできる」
なんてことがありえましょうか?

53 :実習生さん:03/05/14 01:26 ID:WqIpe6ah
>>52
感覚的に体得する、
此れこそ、其の境地の事でしょ。
瑣末な例えで言えば、自転車の乗り方
等が、典型例。
誰でも自転車が、成す軌跡と其の運動方程式
なんて知った事じゃないでしょ?
貴方?一輪車の、動的ファジー制御
なんて、小学生に理解出来ていると思う?
でも、多くの小学生は、一輪車乗れるのよ。
大工や棟梁や職人に限らず、何を其の職業に
仕手居様が、其の専門職の基礎基本を感覚的に
体得して居なければ、其の人は所詮B級。
下手をすると社会的迷惑なの。
>>52
貴方がもし、小学教員なら
>「わからないのにできる」
>なんてことがありえましょうか?
こんな事言った時点で、失格よ。

54 :52:03/05/14 03:48 ID:1YlmIqh1
>>53
 あなたは頭が悪いんですね。
「わかる」を体得とは全く別物と捉えてるんですね。
では「体得」=「分かっているわけではない」と言うつもりですか?
体で覚えることもわかっているということに当てはまると思いますが。
ともかく算数の計算問題を「感覚的に体得して」解いている児童は見たことがありません。

「自転車の乗り方がわかる」と「どうして自転車が進むのか、わかっている」を混同してるみたいですが、大丈夫ですか。
48さんは
>「できる」があって、「わかる」はあとからついてくるもの
と言ってますよ。これとあなたの説明を照らし合わせると、
「一輪車に乗ることができれば、その動的ファジー制御も理解できる」
ということにもなりますが、これもおかしいでしょ?


>>48
53が「わかって」いればちゃんとした話が「できた」と思います。
「わからないのにできる」なんてことはないんじゃないでしょうか?

55 :実習生さん:03/05/14 03:51 ID:B0grFy1g
>>19
日本の教育システムが成ってないと思います。
親や社会に原因は有ると思いますが、
教育関係者はそれがベストでないと一番痛感してるはずです。
関係者が先頭を切って改革を進んで欲しい。

後、高学歴が社会に貢献してる。のは大きな間違い。

56 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

57 :実習生さん:03/05/14 03:56 ID:B0grFy1g
台湾に行くと100人中90人が幸せを感じている。
日本は  100中10人位か、幸せだと言う人は。

58 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

59 :43:03/05/14 07:46 ID:Ekjkhgjz
>>51
理想(?)としては、授業を監視するようなシステムを導入してほしいなぁと。
監視カメラまでいかなくても、録音マイクを設置するとか。予備校みたいだが、
そうすれば教師自身も授業のやり方等見直すようになるでしょう。

60 :48:03/05/14 12:08 ID:eECyZyep
>貴方がもし、小学教員なら
>>「わからないのにできる」
>>なんてことがありえましょうか?
>こんな事言った時点で、失格よ。

こんなこと言ってるあんたの方が失格だな。
概念が先か手続きが先かと言う問題。
分数のわり算はどうして逆数を掛けるのか?
これを本当に理解している小学生がいったいどれほどいるのが疑問
でも分数のわり算の計算はだいたいの小学生はできる。
この事実をどう説明してくれるのか楽しみだ>53
何度も言うようだが、分かるを追求するあまりできるを追求しなくなった今の教育こそが学力低下の根本的な原因である。
できもしないのにわかるなんているのはあり得ない。それはわかったつもりでいるだけ。
53のようなしったかってことよ。できるはわかるの必要条件です。もちろん十分条件ではありませんが。


61 :実習生さん:03/05/14 12:46 ID:BUaBSdNi
59に禿同
見たい! 聞きたい!普段の授業

62 :実習生さん:03/05/14 14:36 ID:Ekjkhgjz
とりあえずage

63 :実習生さん:03/05/14 14:38 ID:jsF/gEjA
>>25
円周率3%ってなんですか?

64 :実習生さん:03/05/14 16:02 ID:xutMVobQ
そもそも、
「学習内容の削減」と、「子どもの学習意欲の低下」や「学力低下」っていうのには、
直接的な因果関係があるのか?

というのが、最近の教育学の世界で検討されてる問題。

65 :実習生さん:03/05/14 16:08 ID:Ekjkhgjz
>>64
削減してから低下が目立っているのは事実では?

66 :実習生さん:03/05/14 16:20 ID:xutMVobQ
>>65
学習意欲の低下とか学力低下は、新指導要領が施行された以前から問題になってるよ。


67 :実習生さん:03/05/14 19:34 ID:vkKH8zqp
いまさら昔の詰め込み式に戻しても無駄でしょ。
そもそも、勉強しても殆ど見かえりがないことが学生にばれちゃってるし。
受験勉強がんばって東大にいこうが、大学で学問に励もうが、資格をとろうが
無能な奴は無能。馬鹿は馬鹿。IQとEQの累乗で人生は決まる。

68 :実習生さん:03/05/14 20:59 ID:Ekjkhgjz
そうなのか・・>66

69 :実習生さん:03/05/14 23:15 ID:7zv7nOfX
「ゆとり教育」はかなり以前からこの国に侵食してきている。
そして、新指導要領が発表されるたびに、学力低下と学校荒廃が加速している。
今回のは、まさにとどめの一発。

こうなったら、問答無用で>>67のような奴を暗殺していくぐらいしか解決策はない。

70 :実習生さん:03/05/14 23:24 ID:B0grFy1g
>そもそも、勉強しても殆ど見かえりがないことが学生にばれちゃってるし。
受験勉強がんばって東大にいこうが、大学で学問に励もうが、資格をとろうが
無能な奴は無能。

同意 大卒が役に立たないのは企業にもばれて来てる。
大卒は使い物に成らないから求人拒否の所も増えてる。
社会に慣れてる入社即戦力の方を雇う。

71 :実習生さん:03/05/14 23:28 ID:jsF/gEjA
>>59
子供に聞けばいいんじゃん?
授業参観もあるし。

72 :実習生さん:03/05/14 23:38 ID:7LLnxj/A
>>70
> 大卒は使い物に成らないから求人拒否の所も増えてる

人事関連ですが聞いたこと無いんで、どのあたりの企業の事か教えて
いただきたいです。
教師を含む公務員は求人拒否する企業は、比較的多いようですが。

73 :実習生さん:03/05/14 23:41 ID:sgO06y8a
>>70
実力のある人材は確かに学歴など関係なく社会にでても有用だろう。
だが、そうじゃない奴らをどうするのだ?
社会からリストラして自殺に追い込めばそれでOKなのか?
努力によってせめて豊富な知識でもって己の無能さを
カバーしようという機会さえ奪うのか?

「ゆとり教育」→ 実力主義 → 弱肉強食 → 貧富の差拡大
→ 経済破綻 → テロリズム → 独裁政権 → 戦争

こういう流れに乗ってるってことがわからんの?

74 : :03/05/14 23:52 ID:8qj4ITV/
学力調査の結果、アメリカよりひどいな。
つーか、消防厨房の半分は知障?

75 :実習生さん:03/05/15 00:09 ID:u3m1g3eJ
>社会からリストラして自殺に追い込めばそれでOKなのか?
テストの点主義が人を見えなくしてる。
生きるのに何が大切かを教える必要が有る。友達や楽しい事、認め合う事など、
>>72
生徒の求職担当ですか?
TVやニュース、説明会行って下さい。としか今は言いようが無い、
はっきり言えるのは、今後増えて行くだろうという事。

76 :実習生さん:03/05/15 00:15 ID:5SunJCZY
日本の「ゆとり教育」の起源は1976年。
アメリカの「ゆとり教育」の起源はケネディ大統領ぐらいからかな。
その後日本に経済的に負けそうになって、あわてて方針転換したという歴史がある。
日本のはその二の舞。

77 :実習生さん:03/05/15 00:16 ID:KPzCaC6x
>>70
君も就職したらわかると思うけど、大卒と高卒の違いって、
挨拶ができるかどうかの違いなんだよ。
高卒の奴は、そういうところから教えないといけないから
面倒なの。

中途を雇うのは手だけど、中途で入る奴はすぐ辞めるから
ね。

78 :実習生さん:03/05/15 00:22 ID:5d3mpIic
>>77
大学って挨拶を習うところか?
どんな大学なんだ。

79 :実習生さん:03/05/15 00:27 ID:5SunJCZY
アメリカの大学の教科書は非常に親切だよ。
高校の復習からやってくれる。
一方日本では、自分で出来なければ切り捨てる的なところがあって、
それが偏差値至上主義の問題の核心だと思う。
テストで点がとれること自体が悪いわけじゃない。
そのサポートをする意欲のない教育者が問題。

80 :実習生さん:03/05/15 00:35 ID:OUPGMckw
>>78
Fランク大学。(不要な大学)
逆に言えば高卒は小学校レベルの挨拶さえ怪しいw

ほら、予備校の「東大コース」実際は旧帝大コースだったり、
閑閑同率コースが参勤交流受験者コースだったりするじゃん!




81 :実習生さん:03/05/15 00:36 ID:5SunJCZY
>>75
>テストの点主義が人を見えなくしてる。
>生きるのに何が大切かを教える必要が有る。友達や楽しい事、認め合う事など

一生懸命勉強したいという意欲がある人材から、友達や楽しい事を奪うのが「ゆとり教育」
もともとやる気のある人に対するプレッシャーをさらに高めている。
その結果、普通に才能が開花するであろう人材は、若い時から潰される。

82 :実習生さん:03/05/15 00:54 ID:u3m1g3eJ
>>81
俺は友達を作る事が、勉強を奪うとは思わないな

83 :実習生さん:03/05/15 00:57 ID:KPzCaC6x
>>81
意欲がある人は勉強するけど、意欲が無い人が取り残される。
っつーのが「ゆとり教育」の弊害だろ。

84 :実習生さん:03/05/15 01:05 ID:Vm9sXQ/d
ゆとりを奪う「ゆとり教育」
ゆとりを奪う「ゆとり教育」
ゆとりを奪う「ゆとり教育」
ゆとりを奪う「ゆとり教育」
ゆとりを奪う「ゆとり教育」

85 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

86 :実習生さん:03/05/15 01:18 ID:knbgvBmo
テストで点数とれる高学歴の奴が、友達を大切にしないとか、
人生を楽しんでいないとか、信じている奴いるよな。
きっと、成績が悪くて、親とか友達・先生にいじめられてたんだろう。
かわいそうに。
そうゆう奴の人生の楽しみって、せいぜい野球、競馬、パチンコぐらいなもんだし。

87 :実習生さん:03/05/15 01:23 ID:VB0LeucP
>>77
君のような考えの奴が日本を滅ぼす。

88 :実習生さん:03/05/15 01:42 ID:LHUhkOE+
>>47
俺の意見
理数系で無回答が多いのは、ゆとり教育の弊害で、詰め込み教育で思考力や表現力が
つくとは思えない。また教師が十分な指導をしていても、子どもが自分で考えることをしないのも問題。

数学が超自然的世界とどうつながっているか実感できれば自然と考える力が付いてくる。

89 :実習生さん:03/05/15 01:47 ID:LHUhkOE+
俺は天才か?

90 :実習生さん :03/05/15 01:53 ID:b72eN8YW
’70年代前半に小学校、80年代後半から90年前半に小学生の家庭教師
今自分の子供のつながりで小学生みてるけど気が付いたのは
70年代 できる子は手を上げて発言。出来ない子もあてられると発言
80−90年代 手を上げると”シカト”の対象になるので、 
 あてられたときだけ発言。
今: 答えがわかってても、答えると”シカト”の対象になるので
 テストのときだけ答えを書く。
みたいな流れがあって、なんかみんなどんどん、”引いて”いってる
ような気がする。 こうゆの、表現力の後退となんか関係あり?なし?

91 :実習生さん:03/05/15 02:00 ID:oHvtqxwB
>>90
すべては1976年にはじまった「ゆとり教育」の弊害


と言ってみるテスト

92 :実習生さん:03/05/15 02:07 ID:IF/G0rIJ
>すべては1976年にはじまった「ゆとり教育」の弊害
どういう意味なんだろうか???オマケ??????



93 :実習生さん:03/05/15 03:45 ID:iWzw8Xku
思い出した。 親戚すじの子供に聞いた話し。
(最近。都市部公立小学校 高学年)
 授業中当てられて発言して、それが正解だったりしたら、
”なにーあいつ。 マジムカツクー xxハズシー”(<分かる様翻訳済み)
 とかいうメールが本人抜きで広まってしばらくシカトされるらしい。
で、授業中はだれも発言しないんだって。(わかりません というのが
一番無難らしい。)
あと文集とか寄せ書きで
自分の意見を書くのも同レベルのシカトなんだって。
 これだと表現力とか自分で考える力って身につかないね。
ま、特殊例かなあとかも思ったりするけど。

 

94 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

95 :実習生さん:03/05/15 04:02 ID:FcjBkFJm
>>93
>ま、特殊例かなあとかも思ったりするけど。

有り得る話でしょう。オレは地方在住だけど、小中高と進むにつれ、どんどん、授業
への生徒の熱中率は下がっていったもの(80年代だけどね)
高校なんかでは、もう、目が死んでるもの。
作文のレベルも、絶望的にあがらないもの。いつまで経ってもただの感想文だもの。
むしろ、生活描写文では、小学生の方が、稚拙でも生々しいぐらいだ。

本来は、いろんな知識・体験が増えて、表現力が上がっていかなくちゃならないん
だけどね。読書力・文章力以前に、日本はプレゼン社会じゃないせいかなあ? と思う。

それで、自己主張すると、限度がわからないから、かえって、他人を傷つけているんじゃないか?
たんに「学力」の問題ではなくて、コミュニケーションが崩れてきているんじゃないか?

96 : :03/05/15 04:56 ID:pztp5Okx
小中学校での学力低下が将来国の質を落とすことにつながると思うか?
平均が下がろうが、一握りの天才や秀才がいればいいことだと
思わないか?


97 :実習生さん:03/05/15 05:32 ID:okriD47L
>>96
>小中学校での学力低下が将来国の質を落とすことにつながると思うか?
国の質はすでに落ちてきています。

>平均が下がろうが、一握りの天才や秀才がいればいいことだと思わないか?
貧富の差が拡大し、民主主義の根幹が崩れます。

98 :実習生さん:03/05/15 05:39 ID:yLETa6/W
>>96
>小中学校での学力低下が将来国の質を落とすことにつながると思うか?
思う。

>平均が下がろうが、一握りの天才や秀才がいればいいことだと思わないか?
思わない。

99 :実習生さん:03/05/15 12:09 ID:KPzCaC6x
>>87
なんで?

100 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

101 :実習生さん:03/05/15 14:52 ID:Rhi9TIue
●文科省の方針転換、残念――大阪教育大教授(教育課程論)長尾彰夫氏
http://www.asahi.com/edu/yutori/TKY200303100086.html

>長い目で時代を見通せば、ゆとり教育が必要なことは間違いありません。

プッ。まだゆとり教育に妄想を抱いてる糞がいるよwさすが三流大教授
ゆとり教育なんて永遠にイラネ。ついでにいうが朝日も糞

102 :48:03/05/15 15:10 ID:EMT+QS9g
>ゆとりといった発想は、個性重視の教育を打ち出した84年の
>臨時教育審議会あたりから出てきた。学習指導要領では89年改訂から
です。高度経済成長が終わり、バブル崩壊が始まる時代です。

ゆとり路線に走ったのは1977年の改訂から
89年からは間違い。
大学教授のくせに


103 :実習生さん:03/05/15 16:31 ID:4kqt1u/M
最近の国際情勢をみて思うのだが・・・

「ゆとり教育」は北チョン工作員の陰謀じゃないのか?

104 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

105 :エロジジイは茶髪とPEACEが嫌いなんだ :03/05/15 17:08 ID:ppD+V7A3
浜崎あゆみや宇多田ヒカルや窪塚洋介が叩かれる理由はみな同じである。

(・参照↓、あ艨Eヒカル・洋介、その他の賢明な若者たちが叩かれる本当の理由)
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2000.10.2/korega.html
http://members.tripod.co.jp/esashib/fukasaku01.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/news71.htm
あゆファッションに女の子たちは自己主張の素晴さを見出して行った、
軽々と国境を越えたヒカルはナイーブな感性を損ねることなく卓抜した才能を開花させた、
洋介は国家や国籍などがいかに下らないものかを魅力ある演技で演じ切った、
「頭の良い若者は戦争のカラクリを見破る。」
の常識通り3人とも3様にイラク侵略戦争に明確な反戦を言葉にした。

若者たちが「何でも言うことを聞く信者や兵隊」になってくれなければ
ぼろ儲けすることが出来ない有事法利権屋の戦前エロジジイと
ジジイにコマされた小坊主が、 必死にあの手この手の汚い中傷を繰り返しているのだ。


106 :1:03/05/15 19:09 ID:J6nu/58E
先生だけでなく生徒にも問題がある、と・・・

107 :1:03/05/15 19:25 ID:J6nu/58E
他スレから抜粋、
お待ちしておりました、と。おそすぎですよ、と
http://news.fs.biglobe.ne.jp/topics/21311.html?T


108 :実習生さん:03/05/15 23:43 ID:oiQ1Pkj5
>>48
あんた本とに>>60を、カキコシタノ?
それとも>>52が、貴方(>>60)に成りすましたの?
後者の方が、蓋然性が遥かに高いが。???
んー、難しい!!
あと在り得る可能性は、>>48>>53
自作自演したら、>>52>>60に成りすましで
対抗した?
個人的には>>48>>53に、禿同なのだが!
それとも、在りがちだが傍から見てると区別出来ないのに
細かな路線の対立が在るのかな?

109 :48:03/05/15 23:57 ID:QfLyTYII
48=60
48≠52、53

110 :実習生さん:03/05/16 00:58 ID:AqB9VkBJ
>>109
教えてチャンでスマソなのですが。
貴方>>48と、他者>>53の路線の違い?
傍から見てると、何所が違うか分り難いので。
ご教授下さい。
追記させて戴きますが、>>52>>54の主張には、
当方、同意出来ません。
私の立場は、”其れは分って居る方が理想だけれど。
たとえ今分らなくても、今取り敢えずスムーズに
出来るまで練習して置けば、いつか原理が分るかな?
原理まで分らなくても、出来る事の有り難味ぐらいは
感じて呉れるよね。”
です。

111 :実習生さん:03/05/16 02:51 ID:YnAr0OQR
日本の教育は、あいつバカ、こいつ頭良い、この人は金貰って良い駄目、権力争いの火だねに成っている。

いっその事、教育を無くした方が、皆が幸せになる。
南の島国の人を見ろ。

112 :実習生さん:03/05/16 03:12 ID:4WDgxrsc
>>105
野茂、イチロー、松井が人気ある理由はみな同じである。
イチローの自己主張ににオヤジたちは自己主張の素晴さを見出して行った、
軽々と国境を越えた野茂は鋭いフォークを損ねることなく卓抜した才能を開花させた、
松井は国家や国籍、組織の円満な離れ方などがいかに重要なものなのかを
魅力ある態度で 示した
「頭の良い若者は海外で存在を示すのに自国他国の文化を
 尊重するのがいかに大切かを学ぶ。」
の常識通り3人ともアメリカ国旗をヘルメットにつけ
毎試合前にアメリカ国歌に敬意をしめして米国への尊敬を
示した。

能力のある人たちが「存在を示して活躍する存在」になってくれなければ
ぼろ儲けすることが出来ない経済界のエロジジイと
ジジイにコマされたマスコミ、 必死にあの手この手の
キャンペーンを繰り返しているのだ。
どうとでも言えるけど、世代間の趣味のギャップってあんまり教育の
劣化とは関係ない・・・   エロジジイって結構確信犯的
にしたたかだよ。 もちょっと戦略的に批判したほうがいいな。

113 :実習生さん:03/05/16 19:44 ID:xUfMwqi7
age

114 :実習生さん:03/05/17 21:05 ID:FA9zH73I
学力低下したところで実害ないから問題ない。
高卒でも優秀な奴は沢山いるし、東大にも馬鹿が非常に多い。

115 :実習生さん:03/05/19 03:27 ID:dslYWymE
ゆとり教育は間違ってないよ。
詰め込み教育の成功例は官僚でしょ。このタイプは量産する必要なし。

116 :実習生さん:03/05/19 03:40 ID:I8G/fSo7
>ゆとり教育は間違ってないよ。
ゆとりの中身とその運用方法が間違ってる。
所詮、官僚が考えた机上の空論。


117 :実習生さん:03/05/19 18:15 ID:dslYWymE
それなら、適切なゆとりの中身と運用方法は?

118 :実習生さん:03/05/19 20:59 ID:giNs2jTg
とりあえず詰め込み。

将来的にゆとりが持てるように。

119 :実習生さん:03/05/19 23:44 ID:dhFVwOdJ
>>116
別に官僚はゆとり教育について考えてないよ。
単に先生の休み増やしたかっただけ。

120 :52:03/05/20 02:05 ID:2mq8/ZZ+
>>110
 48さんと53の路線で一番大きな違いは、最終的に「わかる」を追求しているかいないかの違いだと思いますよ。
それと48さんは「ゆとり教育を行っている学校」の中の話をしてますが、53はどこか遠くに行ってます。
他にも48さんは「できる」と「わかる」のバランスを重視する(これは私も誤解してました)と言っているのに対して
53は「できる」がもやもやと「わかる」に繋がっていくというような言い方をしています。
何より53の文章の論理が飛躍しているので今書いたのも間違っているかも知れませんが。

110さんは、
”其れは分って居る方が理想だけれど。
たとえ今分らなくても、今取り敢えずスムーズに
出来るまで練習して置けば、いつか原理が分るかな?
原理まで分らなくても、出来る事の有り難味ぐらいは
感じて呉れるよね。”
と書かれてましたが、やはり最後には「理解」まで学ばせてあげるべきじゃないでしょうか?
「原理もいつかわかってくれるかな」というのは責任の放棄だと感じてしまいます。
48さんの言うように手続きを先に教えるなら、「わかる」をその後重視してもらいたいです。
「できることのありがたみ」では計算機や辞書、辞典に負けちゃうと思います。

追記しておくと
私が「実質陶冶」48さんが「形式陶冶」といって、昔から決着の付かないテーマなんでこじれるだけかもしれないですが、
私はやっぱり「わかる」が先にあるものじゃないかなと思います。

121 :実習生さん:03/05/20 02:31 ID:w1jSU7Sx
>>118
こっちを解決してから言え
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1052852489/l50

122 :実習生さん:03/05/20 23:16 ID:GJadnzy7
理系はともかく、文系の高校課程は学問への準備とするには
内容が薄過ぎる気がする。暗記で突破できる入試が多いのもその証拠。

123 :遠山敦子の問題:03/05/21 00:45 ID:Aofnhgpc
それはそうと日本の大学院教育が壊滅してるって知ってますか?
文部省が10年前に大学院重点化を進めた結果、大学院教育の質が
著しく低下すると同時に次代を担う若手研究者が激減しました。目先が
効く学生は皆早々にやめてしまうからです。
このおりウソッコ首相の小泉純一郎はわざわざ文部省生粋の元役人遠山敦子を文部科学大臣にしてしまいました。教育の自由化とは反対に国家統制の
強化へと動いています。大学は今でも活力がないですが、もうすぐ死ぬでしょう。なにしろ若い人のポストがないから、もう全然いないわけで。

124 :実習生さん:03/05/21 00:47 ID:RI3dNYWd
>暗記で突破できる入試が多い
日本の教育を象徴しているな、
教師や政治家や医者や警察や、その他偉いと言われている人
人間性が良くて、なってる訳じゃない。その結果汚職が多発、

125 :実習生さん:03/05/21 00:49 ID:RI3dNYWd
日本経済が発達してるのは、企業とその下で働いてる人がすばらしいから

126 :実習生さん:03/05/21 01:10 ID:4FfrjDHr
>>122
文系教科なんか(理系もそうだろうが)、教科書・問題集・参考書の外に、
いい本が沢山あるんだけどねえ。あんなことやっても意味無いよ。
>>123
院生のインフレと、アカポスの欠乏でつか。さらに日本の社会構造では、若
い人間を抜擢しにくく、古株をリストラできないからなあ。
政府の方針は、自由化と統制強化が同時進行で、よくわからん。というか、
トータルでは統制だわな。
ゆとり教育批判派も、遠山に拍手してる場合じゃないんじゃないの?
>>124
「人間性」なんか無くてもいいよ。そういう方面を強調すると、曾野綾子が
説くような、ワケのわかんない全人教育・道徳教育に走るのがオチ。
「人間性」以前に、官僚・政治家がさほど「優秀」ではないらしいのが問題。

欧米のエリート教育のように、人格の次元で、教養が染み込んだエリートは、
日本ではムリなのだろうか?

127 :一法学部生:03/05/21 03:26 ID:sALgCkGR
今は家庭教師と塾講師やってます。

個人的には算数の場合、問題を教えて解かしたら
宿題で「解いた問題と似ている問題を作る」を出せば
本当にその問題を理解しているかわかると思うのだが。
とにかく答えを出すという問題を学校で教えすぎると思う。
世の中には答えの無い問題のほうが多いと気づかせるべきです。
建設的な反論は歓迎します。

128 :実習生さん:03/05/21 09:25 ID:RKJ9hh9d
>>127
「答えを出すという問題を学校で教えすぎる(?)」ことがどのように悪く、
「世の中には答えの無い問題のほうが多いと気づかせる」とどう良いのか、
それを書かないで他人に建設的な意見を求めてもムダ。


129 :実習生さん:03/05/21 10:53 ID:RI3dNYWd
>>127
理解しずに、答えだけを書いてるからな、

文部省も、もっと国民に意見を求めるべきだな。
昔から殆ど変わってないし、何も仕事してないと思うよ。

130 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

131 :実習生さん:03/05/21 13:53 ID:JQgH5o7k
>>127
まあそれはいえてる。入試に小論文もあることだし、この際、
論文教育を導入してもいいんじゃないかと。

132 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

133 :実習生さん:03/05/21 22:12 ID:SXG4aI8s
>とにかく答えを出すという問題を学校で教えすぎると思う。

馬鹿と何とかはかみひとえと言うが、
まず、「答えを出すという問題を学校で教えすぎる」
と言われる前に、答えを出す問題でさえできないヤシが多い。
なぜこうも塾が繁盛しているかがそれを証明している。
っで、
>世の中には答えの無い問題のほうが多いと気づかせるべきです。
と、宿題で「解いた問題と似ている問題を作る」を出せば、がどう関連しているのかと小一時間問いたいわけだが。

っで最後に、
式が「3×10」になるかけ算の文章題をつくりなさい
というような問題があまり問われないのはなぜだと思いますか?

134 :実習生さん:03/05/21 22:18 ID:SXG4aI8s
>次代を担う若手研究者が激減しました。
ウソを書くなウソを

135 :実習生さん:03/05/21 22:36 ID:fpvcqJMN
>>127
> とにかく答えを出すという問題を学校で教えすぎると思う。
> 世の中には答えの無い問題のほうが多いと気づかせるべきです。

同じ「問題」って単語使ってるけど、それぞれ意味が違うと思うよ。

136 :実習生さん:03/05/21 22:37 ID:7ojWyJBz
【しつけの悪さを注意され逆ギレ。殴る。】

http://ex.2ch.net/test/read.cgi/net/1053517922/l50
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1053520241/l50
2003年05月18日(日) 短気な家系!?
そのうち子供たちが食事に飽きはじめ、店内をちょろちょろ走り回って遊んでいて私たちも帰ろうか…と荷物をまとめ始めたとき、舞衣が 「さっき親のしつけが悪いって言ってた」というのでヒデと目くばせをして
「誰が?」と聞くと「お店の人」とのこと。
舞衣の手を引っ張り、ホールに出て「どの人だった?」と聞くと私の様子がおかしいと気づいたのか「ほくろのある人だけどよく覚えてない」と言いました。
「はっきり言いなさい!」と言うと泣きそうになりながら一人の若い男の子を指差しました。その人のところへ行って
「お前、うちの子たちが走り回ってるのを見て親のしつけがどうとか言ったんだって?」と言うと
「いえ、言ってません」というので舞衣に「こいつなんでしょ?」と聞くと目をこすりながら
「わかんない」と、怒られたときのようにしゅんとしてしまいました。
弟たちも奥の部屋から出て来て、「どうした?」と言うので説明すると「なにぃ?」と飛んできて「従業員全員並べろ!!」と大騒ぎ。


137 :実習生さん:03/05/21 23:00 ID:JQgH5o7k
結局、勉強ってあまり意味ないんだよな。受験期にはなぜかタブーの話だが。

451 :早稲田法卒 :03/05/21 16:29 ID:64OP3Z5+
高校時代という多感な時に、なまじ勉強に打ち込んできたヤシよりも、
色々と遊んだりして感性を研ぎ澄ませてきたヤシの方が、対人関係も
良く、結果として出世したりする。日大卒で出世するヤシが多いという
のも、この変が関係あるのかなと思う。

社会は、結果として、どれだけ人の役に立ったか、自分がどれだけ稼げた
かが全て。それと学歴は、あまり比例しない。たしかに東大、京大、
早稲田、慶応などは出世するヤシも多いが、日大卒などの方が出世する
ヤシの比率が多いことから、それは言える。日大卒は、母数が多いからと
いうより、比率で言っても、出世するヤシって多いと思う。
俺の会社は一部上場なので、高卒で総合職はいない。高卒は一般職だから。
でも、入社して業績をあげ、総合職に抜擢されてる人はいる。隣の課の
課長がそう。でも、きれる人。人望も厚いし。まあ、頭は良かったが
家が貧しかったので高卒だ、とかかもしれんが。

広く言われることだけど、受験秀才というのはいる。東大出てきても、
ぱっとしないヤシいる。逆に、受験バカというのもいるんじゃないかと
思う。受験バカなんて言葉は、俺の造語だが。バカ大学しかはいれなかった
けど、社会における課題の解決においては賢いという人のこと。

これが、俺の、会社にはいってからガラリと変わった学歴感だよ。

138 :実習生さん:03/05/21 23:48 ID:fpvcqJMN
>>137
俺、逆だ。
社会に出て、小中高で習ったことがやっと役に立ったって感じ。

139 :実習生さん:03/05/22 00:39 ID:hl9hp+fX
>>138
俺は、12年かけて習って、それだけの元は取れて無いと思うな

140 :山崎渉:03/05/22 00:52 ID:THHwtr3N
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

141 :実習生さん:03/05/22 02:42 ID:0iRcmOYO
>>139
12年習いっぱなしじゃないからね。

142 :127:03/05/22 05:25 ID:dq0ANnoD
>>128
「とにかく答えを出すという問題を学校で教えすぎる」というよりは
公式や単語などを暗記して解くことにウエイトがおかれすぎていると言い換えた方がよかったですね。
歴史の一問一答テストを思い浮かべると良いでしょうか。
歴史という流れを掴む基礎としては必要ですがあまりにも細かいところまで
突っ込みすぎるきらいがあると思います。テストは作り易いでしょうが。
結果、歴史は暗記ばかりでつまらないと誤解され易いと感じています。
 答えだけ求めることを重視しすぎて、答えまでの過程を理解することが
疎かになり、考える能力が低下しているのではないか、と考えたので
良くないと書きました。
 また、「世の中には答えの無い問題のほうが多いと気づかせる」ことは
対人関係など答えに最善が無かったり、妥当と思われる中から
リスクを承知で選択しなければならない状況が在ることを知っておいた方が
そのような壁にぶつかった時の衝撃が少なく済むのではないかと考えました。
 いずれもこれまでは教科書や授業では無く、
学校生活などで培われてきた部分ですが、近年は学校生活などでそれが
養われていないように思われたのでその補填をする必要があると思い、
授業内容を変更する方向で書いてみました。

>>135
 失礼。前者が英語の「question」後者が「problem」という違いですね。

143 :127:03/05/22 06:31 ID:GCqMJU3K
>>133
>答えを出す問題でさえできないヤシが多い。
同感です。なので考えさせる問題は小5、6or中学から始めて
学年があがるごとに増やして行けば良いと思っています。

>「世の中に〜」と「宿題で〜」の関連
宿題はその問題の要点を生徒が理解しているかを確かめる為に出しています。
(たとえば証明問題のような)
ですからここではただ式に当てはまる数字を変えたり、
3×10でりんご10個が3ケースとかみかん10個が3ケースのような
言葉?(少なくとも算数ではない)の違いを問うのではなく、
答えまでの過程を論理的に理解できているかを確かめるためです。
どうしてこの方法で解いたのか、なぜ別の方法では駄目なのか、などを
生徒の口で説明してもらい、そうすることで自分が問題に対して
どうアプローチをしたかを生徒自身が理解するので論理的な思考能力を
育てることができるのではないかと考えています。
 その論理的な思考をふまえるならば、世の中の答えの無い問題を
知ったとしても妥当と思われる判断にたどり着き易いのではないか、
唯一の答えが必ず在ると考えないのでは、と考えました。

一元、二元論のようなことを吐かれる人にうんざりしているもので。
後、言葉が足りなさ過ぎましたね。


144 :実習生さん:03/05/22 07:16 ID:R5h4DG/d
最初から学力なんてないんだよ
人間そのものが勉強に向いてない

145 :実習生さん:03/05/22 10:18 ID:8836WMWd
歴史で瑣末な知識が問われるのは私立でしょ。
国立は論述形式で歴史的な意義を問う問題も多いし。
というか、数学もないしゆとり教育より私立文系入試のほうが害悪が大きいな。

146 :実習生さん:03/05/22 12:50 ID:R5h4DG/d
害悪って
世直しかw
数学至上主義ってあんた


147 :実習生さん:03/05/22 13:24 ID:qLxZ02qN
>3×10でりんご10個が3ケースとかみかん10個が3ケースのような言葉?

127はかけ算も分からないくせに考える力だって

ぷっ!!

148 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

149 :実習生さん:03/05/22 19:22 ID:8836WMWd
>>146
学力の基本は、英・数・国だろ。

150 :実習生さん:03/05/22 19:59 ID:YO0FJSU+
>>149
そうだな。
この歳になると分かるが、
学力や試験の点数ってのは勉強量に比例する。
少なくとも、高校レベルで、
努力の量をひっくり返すような天分は見たことがない。

数学に限って言えば、
私よりも出来る人間は、例外なく私よりも勉強している。


151 :実習生さん:03/05/22 22:29 ID:fBS1/FUd
>式が「3×10」になるかけ算の文章題をつくりなさい
>というような問題があまり問われないのはなぜだと思いますか?

教師に採点する力量がないからさ。

※イギリスではこういうのに力を入れているのだが。

152 :実習生さん:03/05/22 22:32 ID:0iRcmOYO
>>151
イギリスは10歳くらいで文系と理系に分かれるんだよね。
だから、一桁の掛け算ができない大学生とかがウジャウジャいるんだよね。

153 :実習生さん:03/05/22 22:58 ID:R5h4DG/d
>>152
そういう国のほうが我々より高い文化持ってんだよな、あは


154 :実習生さん:03/05/22 23:09 ID:TxFUrSpF
学力ってひとことで言うけど、
テストの点数だけを指して「学力」という人もいれば、学ぶ意欲や態度を含めて「学力」という人もいる。
概念が明らかでないままに、学力低下とか学力を上げるためにはとか議論するから話が噛み合わないんだよなあ…。

>142
受験(試験)が根底にあるから、仕方ないさね。
教師・子ども・保護者の中にも、「答えのない問題を考えさせる」ような授業を期待している人は多い。
でも現実問題として試験や受験が迫ってくると、子どもや保護者はそれに対応する授業を求めるし、
教師も試験対策型の授業を行わざるを得ない。
やっぱ受験ちゅーものの仕組みをガラッと変えないと、厳しいんでない? どうでしょ。

155 :実習生さん:03/05/22 23:16 ID:rzGVmZ1q
>数学に限って言えば、 私よりも出来る人間は、例外なく私よりも勉強している。
努力量でうんぬん言えるような数学の力なんて、所詮文系レベルでの話。
理系レベルの数学は努力じゃなくて才能、努力じゃなくてセンス

156 :実習生さん:03/05/22 23:29 ID:1TeFNA97
>>154
学力概念及び受験については、「ゆとり教育」スレで、エンドレスにガイシュツ
>>155
>理系レベルの数学は努力じゃなくて才能、努力じゃなくてセンス

それはどの教科もそうだし、スポーツも芸術もそうなんですけどね。ある程度
のレベルの人を集めると、後は才能の勝負になりますよね。
(京大理系がアワを吹いているのは、質より量の受験数学に囚われて、受験
 生の数学力が逆に落ちているからでしょうね)

もちろん、基礎的な修練を怠って、才能勝負のレベルまで、行き着かずに諦
める人も多い訳ですが・・・抽象的な言い方でアレですが、結局、個々の生活・
人生の次元に根づいたモノじゃないと、何事もホンモノじゃないように思うなあ。

157 :156のつづき:03/05/22 23:40 ID:1TeFNA97
今の家庭教育・学校教育の環境が、そうした「個々の生活・人生の次元に根づいた」
何かを、与え得ているのか? という問題だと思うけどね。

子の学歴は、親(それも母親)に比例するという説があるけど、例えば、「学歴」
を尺度にした教育の価値は、こうして受け継がれているんだよね。
いわゆる「進学校」も、いちおうは、こうした価値の継承がある場ということだろうね。

他にも、親が文化的なモノ(読書や音楽など)が好きだと、それが子に受け継がれる
可能性は、やはり高いと思うしね。
今の学校だと、図書室ぐらいかなあ、そういう環境って。

今の大学(とくに文系)は、もう、そういう場所じゃない。だから底辺私大か
ら東大まで、おかしくなった。むしろ、こういう問題だと思うけどね。

158 :実習生さん:03/05/22 23:58 ID:TxFUrSpF
>156,157
ガイシュツでしたかスマソ。

自分アフォなんで抽象的なこと言われてもうまく飲み込めないんだけど、
その家庭教育・学校教育の「問題」は何に対してのものなの?

159 :実習生さん:03/05/23 00:08 ID:aRJqCsdP
あと>>24に貼っ付けられてる、
>「輸出先上位3カ国の%を合計すれば何パーセントになるか答えなさい」
>みたいな問題だったがこの問題の正解率はなんと僅か44%!!

これは新聞によると「アメリカをはじめ上位3か国」という書き方をしたために、
「アメリカを含む上位4か国」とか勘違いした子が多かったために生まれた正答率。
足し算ができないというよりは、国語力の問題だな…。

個人的に言わせてもらえば、あいまいな問題文を作った問題作成者側にも責任あると思うんだよね。
てか、テストで使った問題を一般にも公開汁!!

160 :政治家にはだまされるなー!!有事法制反対!!:03/05/23 00:15 ID:f2rfrb7c
有事法制(戦争法)は必要ありません!!!

有事法制ができて、得する人たち(その理由)
1、日本政府  ―軍事的にアメリカ政府に良く思われる。市民の行動を監視し、命令どおりに従わせることができる。
2、アメリカ政府―アメリカが気に入らない国を攻撃するときに、日本に軍事的、経済的支援してもらえる。
3、政治家   ―アジアに対する軍事的支配を実現させる。愛国心をあおって、政治家としての地位を確実なものにする。
4、自衛隊   ―有りあまる武器を実戦で使うことができる。戦争ができる。

有事法制ができて、損する人たち(その理由)
1、日本国民  ―市民は日常生活における自由を制限され、財産は国家の所有物と化す。
           戦争に協力しなかったり、反対すると犯罪になり、懲役や罰金が科せられることもある。
           自分の家が軍事戦略的に邪魔なときは、没収、解体される。
           医療現場では兵士が優先的に治療され、市民は後回しにされる。
2、アジア    ―軍事大国である日本が、軍事的にアジアを威嚇することになり、アジア全体に軍事武装強化の動きが強まる。
3、世界     ―9.11以降、世界的に軍事的な緊張が高まるなか、さらに戦争やテロに依存する傾向が強まる。
4、平和にとって―話し合いによって進めてきた過去の平和外交を大きく否定することになる。

どちらでもない
1、北朝鮮   ―日本を攻撃する理由はない。戦争するための軍備も金も、資源も食糧もない。
            有事法制は北朝鮮に対して、軍事的に大きく刺激してしまうことになる。   

有事法制ができてしまうと、市民の人権や、生活の自由は大きく制限される。
有事法制は、国を守って市民を守らないものだという事を政治家が言っている。
北朝鮮は全然、戦争する気はないのだが、
北朝鮮問題を利用して、知らないに国会では、政治家や日本政府、アメリカ政府や
自衛隊などの権力者のための法律を作ろうとしています。
(武力に頼らない)本当の平和のために、市民の自由のために
有事法制は反対だ!と声を上げていきましょう!!!!!!!
もう、政治家にダマサレていてはダメ!!!!!!!!!!!!!!

161 :156のつづき:03/05/23 00:16 ID:9RiPjwlL
>>158
>その家庭教育・学校教育の「問題」は何に対してのものなの?

学力低下というけど、その学力を、個人の人格にまで根づいた、ある種の総
合的な知力のことだとすれば、そういうモノがうまく継承されていないんじ
ゃないか? あるいは、継承される中身が間違っていないか? と思うんだよね。

水を呑んで育つ。というコトバがあるでしょう? 結局、環境的な力でしか、
知力の継承などできないと思うんだ。
個人的には、ガキの頃から、ケータイを使いまくっているような言語環境で、
どういう人間が育つのか、ちょっと恐ろしいのだけれどね。どっちにしろ、
日本語は、これからもどんどん変わり、学校国語は「古文」と化していくのだろうね。

162 :156のつづき:03/05/23 00:17 ID:9RiPjwlL
>>159
子ども(に限らず、現代人)の国語力は、絶望的に落ちている。というより、
変わってきているよね。いいか悪いかは別としてね。

こうしたこともガイシュツかなあ。そんな環境的な知力なんざ、そもそも無かったんだよ。
と言われりゃそれまでだが。

163 :実習生さん:03/05/23 00:56 ID:JZH/MmXL
>>162
悪いことだと思う。

164 :154その他:03/05/23 03:07 ID:aRJqCsdP
コトバの変化についての良し悪しは判断しにくいけど、読み取り能力が足りないのは確かに危険。
でも例の問題の場合は解答者が小5だし…。
まあ言いたいのは、「最近の子どもは足し算もできない」とか「詰め込みにカエレ!!」とか、
安易に言って下さるなということです。問題の本質を見ろと。

165 :154その他:03/05/23 03:08 ID:aRJqCsdP
で、自分は学力を総合的な力として見るという立場では>156と同じ。
>156の場合は主に学習環境を重視してるわけね。なるほど。
子どもの学歴や文化的志向が親と似るかどうかの相関関係(立証されてるか知らんけど)については、
やや異論があったりもするが。

自分的には、一番問題なのは子どもの学習意欲の低下ではないかと。
記述式の問題で無回答が多いのなんか、その顕著な例。
「めんどい問題はやらない」んだよ。
これが入試とかの意欲の高い状態だったら一文字でも多く書こうとするくせにね。

何とか、学歴社会に対してではない、純粋な学習意欲が高まってくれるといいんだが。
学校の先生にはぜひ魅力的な授業をしてほしい…。
たぶんこれもさんざんガ(ryなんだろなぁ。しかも亀レススマソ。

166 :127:03/05/23 03:17 ID:UgffaOaa
環境的な力か。孟母が先か孟子が先か、というと
何か切っ掛けがないと変わるのは難しいのがわかるね。
偏差値が高い学校に行くほど生活レベルが高い確率が高くなる
(例外が多数あるが)という確率論の話になるのかな。

後、いないと思うけど「孟母が先じゃん」とかいうレスは要らないよ。

もう一つ付け加え、>>160みたいなことを見ると
私の>>143が少しは分かってもらえるかと思います。


167 :154その他:03/05/23 03:31 ID:aRJqCsdP
>>160の人も、なにか環境的な力が働いちゃったんじゃないのw

168 :実習生さん:03/05/23 03:58 ID:N8+khdjn
学力問題の国際比較やってたBSの2時間番組観た人いる?
フィンランドの教員養成課程・教師教育の質と量が半端ではない。
あれを見ると日本は安易に教員免許を出しすぎてるように感じるなぁ。

>常勤の教師として働くためには、総合学校初等部の教師は教育学の修士号、
>総合学校の高等部および中等学校の教師は各科目の修士号に加えて
>教員養成に必要な単位を取得することが必要である。
>教員資格を得られる人数は限られている。
>パートタイム(非常勤)の教師(最長6ヶ月の雇用期間)については特に資格制限がない。

>なお、フィンランドでは大学を卒業するのは日本に比べ難しく、
>通常5、6年以上要し、大学卒業者には通常修士号(MA)が与えられる。

http://www.jpf.go.jp/j/urawa/world/kunibetsu/1999/finland.html

169 :実習生さん:03/05/23 05:57 ID:J+z+wJXv
>>155
そーか?
高校レベル(≒受験学力)を上限にとれば、
量で、どうにでもなると思うぞ。
正直、理学士レベルでも努力かと。

高校の学科程度で「○○は才能」というものは
勉強量が不十分だと思われる。
才能を云々するのは出来ることをやり尽くしてから
とまでは言わないが、おしなべて勉強量が圧倒的に不足している。


170 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

171 :127:03/05/23 07:58 ID:1KxS9nzx
>>154
自分としては環境的な力は一方的なベクトルで与えたくないのね。
無菌培養みたいな教育よりはいろんな意見を聞いて
前に書いたけど養った論理的な思考で妥当な判断をしてほしいと思ってる。
そうすれば少なくとも極がつく左右には普通ならないでしょ。

>なお、フィンランドでは大学を卒業するのは日本に比べ難しく、
>通常5、6年以上要し、大学卒業者には通常修士号(MA)が与えられる。
 外国の大学は大抵そうだよね。日本の大学って高校の延長にありすぎる気がする。
般教とかあんなにいらない。東大にしたって2年と3年のギャップに
不満を持ってる人が多いみたいだし。(友人の東大文Vの人からの情報)

172 :実習生さん:03/05/23 10:00 ID:GwLl1R9Z
>>169
量をこなすのも才能次第じゃないの?
例えば、IQテストは、時間をかければ誰でも解ける問題が多いけれども、
時間制限が厳しく処理速度が問われる。その処理速度に大きな個人差が
でるわけでしょ。数学も同じだよ。
それでも、才能を無理に努力で補おうとするなら、勉強しかできないがり勉に
なるのがオチ。社会で使えない東大生の典型だね。

173 :実習生さん:03/05/23 11:57 ID:JZH/MmXL
>>164
そもそも本当に昔がつめこみだったのか? って疑問がありますけどね。


174 :実習生さん:03/05/23 13:19 ID:+3FBSNU1
概ね169に賛成。

大部分の理学部・工学部の卒業生レベルの数学は
努力でなんとかなる。
一応、数学科と情報工学の一部は除外しておく。よく
知らないけど、ちょっと難しいかもしれない。

というか、大学卒業レベル程度の数学で、才能云々の
話をして欲しくないなぁ。教科書を読めば、だいたい、
機械的にできるようになっているし。

だいたい、努力できるのも才能、とかいうたわ言は、
いったいいつから言われるようになったんだ?

そんなもの、しつけ! しつけの一部なの。


175 :156のつづき:03/05/23 13:23 ID:ahpmDihO
>>171
なるほど。>>127さんの仰りたいことは、わかるような気がしますね。あと、教養課程(と最近は言
わない?)があることは、別に悪いことじゃないですよ。その中身の問題と考えます。

ある種の知性・教養の作法の問題として捉えると、ガイシュツでキリが無いですけどね。
私としては、小中の文系教育が、もっとマシなモノになるといいとは思っていますが。

176 :アブトラ ◆4cTORAMob6 :03/05/24 14:27 ID:ai/ZfrDN
勉強もスポーツと同じである程度素質がないとだめだと思う

177 :ヴィットーリオ・エマヌエーレ:03/05/24 21:32 ID:bqEUr/YT
>>172 IQ138っていい方?

178 :実習生さん:03/05/24 21:40 ID:JdBuPbEu
http://natto.2ch.net/mass/kako/974/974478132.html
「マスコミの盗聴、盗撮は許されるのか、その1」

179 : ◆ZsdDuGeBmo :03/05/24 22:09 ID:TNoArDSH
>>177
いい方だよ
日本の平均は100〜110くらいなんだってさ

180 :実習生さん:03/05/24 23:06 ID:dCJDWiMw
自慢じゃないけどIQは160台。
頭がいいわけではなく、こういうテストが得意なだけだが。

181 :実習生さん:03/05/25 20:42 ID:dK6B2tYh
今日、弟(中一)の歴史の教科書を読んだんだけど
あれでいいのか?本当に?

黄河文明が中国文明になってるし、イキナリ孔子とかでてくるし

クサビ形文字はやってもハムラビ法典が教科書に載ってないって…

182 :実習生さん:03/05/25 22:52 ID:WFFiVJ0W
>>166
孟母って馬鹿なんだよね。
孟子のために三回引っ越したってエピソードがあるんだけど、一回目の引越しのときに
ちゃんとした所に引っ越せばいいのにね。

183 :実習生さん:03/05/25 23:06 ID:coJQ19zT
>>181
歴史事態が、殆ど丁稚上げだから、たいした事では無い。
マサカ、全部事実だなんて思って無いよな?

184 :166:03/05/26 02:31 ID:psFxDgWj
>>182
じゃあちゃんとしたところってどんなところよ。
引っ越してみないと実際、わからないことが多いでしょ。
イメージに振り回されるには今も昔も同じだからね。とマジレス?してみる。

>>183
歴史ということで、
長篠の戦いの三段打ちが嘘なのはしってるでしょ。
桶狭間の戦いが奇襲じゃないのは知ってる?
慶安のお触書なんて存在しないのは知ってる?
鎖国なんてドイツ人の造語で柵封体制というのが妥当であることは?
方丈記が有名になったのは江戸時代(印刷技術の進歩)というのは?

色々あるけど、学校の先生はどこまで新しい歴史(上のはどれも十年以上前から通説)
を知ってるのかすごく疑問。医者みたいに木曜の学会の聴講があるならともかく。



185 :182:03/05/26 03:45 ID:izqC6Lg+
>>184
ちゃんとしたところっつーのは、3回目に引っ越したようなところだろ。
引っ越してみないとわからないこともあるだろうが、せめて2回目の引越し先探しでは慎重にして欲しかったよ。


あと、知ってることをなんでも書こうとするなよ。
なに?
医者みたいに木曜の学会の聴講って?


186 :実習生さん:03/05/26 05:41 ID:wOi5Aj+h
出たら目を、さも本当で有るかの様に伝える教師は失格だと思う。
教科書、歴史、社会、理科、etc

187 :実習生さん:03/05/26 10:37 ID:7WKVukfO
>186
指導要領で「○○について教えなさい」ってある程度決められちゃってるから、
でたらめ教えたからって一概に教師の責任とは言えないという罠。
というか歴史上の「事実」について疑い出したらキリがないけどな。

188 :実習生さん:03/05/26 11:09 ID:DnpBTuGc
>>186
文献を読み漁っている予備校の講師(背景等を知るため)がいっていたが、(世界史)
その講師からみたら教科書はバカバカしくて見てられんらしい。

誤解するような内容ばかりであきれ返っているみたい。
また、解説が少なすぎる。


189 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/26 13:23 ID:hWISogOS
>>186
その辺は教師は世間知らずスレで激しく議論して欲しい

190 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/26 13:26 ID:hWISogOS
>>187
>指導要領で「○○について教えなさい」ってある程度決められちゃってるから、
>でたらめ教えたからって一概に教師の責任とは言えないという罠。
>というか歴史上の「事実」について疑い出したらキリがないけどな。

それは詭弁だな。
指導要領に書いてあるから無批判に教えればいいと言うのが間違い。
歴史は「こうだと言われている」だけで本当とは限らないというクリティカルシンキングが必要かと。

191 :実習生さん:03/05/26 23:48 ID:izqC6Lg+
>>188
教科書を批判しても先生を批判することにならないよ。
先生も高校生も、背景等を知るために文献を読み漁ってるかもしれないしね。

192 :166:03/05/27 01:32 ID:Oz++SX6w
>>182
>医者みたいに木曜の学会の聴講って?
新しい学説や新薬などを発表する学会のことなんだけど。だから病院は普通休み。
実際にどれぐらい機能してるのかはよく知らないです。その点ではスマソ。
要は歴史をアップデートできる環境が教師に必要ということ。
先生の独学では厳しいだろうから。歴史に限らないけどね。

193 :実習生さん:03/05/27 02:12 ID:u7TR1DnK
>>192
確かに、木曜休診は多いですね。学会は木曜という慣習でしたか?

>先生の独学では厳しいだろうから。歴史に限らないけどね。

というか、最新の勉強をしても、あんまり意味がないという罠なんだよね。
指導要領と入試対策に縛られてるし。総合に期待できるとすれば、これ以外の
ことができるかも? という程度だね。

現実に、国語・社会の連中に、突っ込んだことを聞いても全滅だろうしね。
連中がバカなんじゃなくて、バカにならざるを得ない環境なので仕方ないですね。

194 :実習生さん:03/05/27 13:08 ID:NFiGQZBA
>>187
社会に付いても、人によって意見や見方が変わる。本を絶対だと進めるのは独裁者と同じ。
科学も、再現の確立が高いと言うだけで。根本の理論(物理)では、反対意見も多く出てる。間違った理論の上で、検証されているかもしれないとはっきり言うべきだ。間違っても「こうだ」と言うのは危険だ。
理解出来ない事は、科学者は未知のエネルギーや電磁波と言ってお茶を濁している。

少なくても、こういう意見が有る。
間違っているかも知れないが、世間ではこういうふうに伝えられている。
〜と言われている。
と言うべきだ。

195 :実習生さん:03/05/27 13:12 ID:NFiGQZBA
社会は盲信にこうだっ 噂の一人歩きに言うのでなくて、
誰が、こうと決めたと言うべき。

196 :187:03/05/27 14:27 ID:r12qDvt3
>190,194
もちろんその辺は教師の裁量の問題でしょう。
教科書通りのことを無批判に事実として教えろ、とは自分も思ってないので。

ただ、「〜と言われている」「〜という説が有力」「〜だが疑う意見もある」
とかいう文末表現ばっかりの授業になっちゃうと、初めてその歴史を学ぶ(と仮定)子ども達は混乱しないのかな。
「(゚Д゚)ハァ? 結局何が本当なの? 試験ではどう答えればいいの?」みたいな。

197 :実習生さん:03/05/27 15:35 ID:NFiGQZBA
試験では、こう答えろ とそのまま言う。
>混乱しないのかな
間違ってるかも知れない事を信じ込ませる方が罪。
いつも言わなくても、3回くらい言えばいいんじゃない。

198 :実習生さん:03/05/27 21:56 ID:YrY9tAfr
>>192
教師もおそらく本音は週1くらいそういう研修(医学学会みたいな)の日が
欲しいと思っているだろうし、そうならないのは行政のせい。
ただそれを言ってしまうと教師を攻められなくなるので2ch的には面白みがない。

199 :188:03/05/27 23:38 ID:2iE/Jin2
>>191
別に教師を批判しているわけではないが?

>先生も高校生も、背景等を知るために文献を読み漁ってるかもしれないしね。
だから何?
教師がしっかりと調べているならもっとマシな授業になるハズだ。

200 :166:03/05/28 01:26 ID:+9zMuYcd
>>198
行政が原因といわれるが教員のサイドから
そのような提案が積極的にあがっていないのは事実です。
個人レベルでは当然おられます。私の高校の時の先生は千葉大に
歴史の研究のために通ってましたから。先生は40代の方でした。
このような先生の授業は興味が湧きますし、突っ込みどころも豊富で楽しかったですね。

201 :実習生さん:03/05/28 02:28 ID:6gqJEBO+
>>199は自分が思う「もっとマシな授業」とは何か、
その授業で身につけさせるべき学力とは何かの2つを端的に述べてくれ。

202 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

203 :実習生さん:03/05/28 03:31 ID:NIo/+wQ2
>>188
つーか、文献を読み漁ってる予備校の講師っつーのも面白いな。
本当は学者になりたかったけどなれなかったから予備校の講師してるのかな?

204 :188:03/05/28 07:54 ID:WDOZCM0T
>>203 そうつっこんでくる奴絶対でてくると思ったよ(藁
世界史の講師だからね、理論を正確に教えるためにみているんだろうな。
教科書を教えるだけなら講師なんていらないよ。世界史に関してだけどな。
いや、世界史というか歴史か。

>>201
191=201かな?
確認とれればレスしよう。

205 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

206 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

207 :山崎渉:03/05/28 15:45 ID:4m1Rg7x3
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

208 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/28 22:10 ID:8zYAAj+o
>先生も高校生も、背景等を知るために文献を読み漁ってるかもしれないしね。

そんな奇特な教師はごくわずかだろ。
大半の教師は指導書にのっている知識くらいしかしらない
へたすると4大メガバンクとその歴史も知らない社会科教師がごまんといるはず

209 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/28 22:11 ID:8zYAAj+o
>行政が原因といわれるが教員のサイドから
>そのような提案が積極的にあがっていないのは事実です。

はげどう。
二言目には
「教師の仕事は大変だ」
「最近の子どもは大変だ」
「教師の大変さもわかってないくせに」
だもんな。

210 :実習生さん:03/05/28 23:15 ID:6gqJEBO+
>>204
ちがうます。
187=201です。

211 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

212 :203:03/05/28 23:33 ID:NIo/+wQ2
>>204
でも、予備校って大学に入るために行くんだよね。
正しい歴史を教えてもらうより、教科書に載っていることを教えてもらったほうがありがたい。

213 :166:03/05/29 02:17 ID:3xkQEGkz
>>212
大学の試験問題は誰が作ってるか知ってるでしょ。
正しい(新しい)歴史というのは
教科書を作っている教授だって当然知っていることだよ。
古い歴史だけで試験を作ったらその教授、首になっちゃうよ。

214 :実習生さん:03/05/29 02:29 ID:P562NcgN
>>213
>古い歴史だけで試験を作ったらその教授、首になっちゃうよ。

昔は(今も?)、山川の教科書から出るのは、受験界の常識でしたがなにか?
どういう試験問題の作り方をしているかわからない?

せいぜい、「間違った」(通説でない)歴史で出題しない。という程度のことしか
できないだろうね。そりゃ、本音では教官だって、網野日本史などの「新しい通説」
で出題したいだろうけどさ。

予備校講師が研究熱心なのは、受験に留まらない歴史の面白さを教える、顧客サー
ビスでしょうね。まあ、ワシは予備校に行ったことないんだけど(w

215 :実習生さん:03/05/29 02:31 ID:BleRoLq7
優れた認知心理学がいっぱいあるのにもかかわらず、
それらを学ぼうともせず、持論の展開に終始するのはやめれ。

216 :166:03/05/29 03:36 ID:3xkQEGkz
私の頭が悪いだけかもしれないが>>214の方のレスの一部がわからない
>古い歴史だけで試験を作ったらその教授、首になっちゃうよ。

昔は(今も?)、山川の教科書から出るのは、受験界の常識でしたがなにか?

慶安のお触書を問題に出したら間違い無くその製作者は白眼視されます。
わかります?近年の通説ですよね。でも山川の教科書に載ってますね。

「間違った」(通説でない)歴史を出題しないようにするには
山川の教科書は参考にこそすれ、鵜呑みには出来ません。自ら最新の諸説を
ある程度検討した上で作るのです。だから諸説が入り混じった時代は問題に
出し難いわけですね。

217 :166:03/05/29 03:45 ID:3xkQEGkz
追記
試験問題は大学内の助教授クラスの方が
普通(主に私学)一教科一人で作られるそうです。
1年くらい(もっとか?)前から製作を始め、当然守秘義務を負います。
歴史などはやはり文学部の助教授にお願いするのだとか。
大変な割に評価されないのでやりたがらないとも聞きました。
以上、予備校の現代文の先生から聞いた話です。訂正は詳しくお願いします。

218 :実習生さん:03/05/29 03:49 ID:Df/e+Aqq


日教組の副読本「にんげん」に注意!
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1054144833/l50

219 :実習生さん:03/05/29 07:45 ID:Fy0/461K
歴史、学問等、古かろうが新しかろうが、どちらにしろ推測だと
押さえて知らせるべき

220 :実習生さん:03/05/29 09:12 ID:0B4rzEQL
ここは、歴史大好き人間の集まりですか?

221 :実習生さん:03/05/29 19:20 ID:/GEER07S
>>210
ん〜身につけさせるべき学力ってよく分からないな。
身につけさせる学力というより、身につけさせる授業してくれって
オレは言いたい。

マシな授業っていうのは、学力をあげるまともな授業をしてくれってことだよ。

とある公立トップ高校出身の知り合いが言ってたんだが、まともな授業
(教師)ほとんどないらしい。信用できるのは2、3人だけだと。
「オレでもできる授業じゃん」とぼやいてたよ。

これをみると、まともな教師ほとんどいないってのが誰でも分かるだろ?
(私立は別として)




222 :実習生さん:03/05/29 19:29 ID:bMuQiP22
つまんねー話してんな。お勉強なんて何の役にもたたねえってのに。

223 :実習生さん:03/05/29 19:37 ID:sES3DSjS
↑と思うヒトはしなきゃいいだけのこと。

224 :実習生さん:03/05/29 19:56 ID:/GEER07S
>>223
まさにその通り。

225 :実習生さん:03/05/29 20:48 ID:vJfRTokA
学力低下が心配なら
ある一定のラインを決めて
それに学力が満たない奴は死刑or国外追放
これで解決

226 :実習生さん:03/05/29 21:30 ID:T14ZgbSf
>225
違うな。

学力低下が心配なら
ある一定のラインを決めて
それに学力が満たない奴を担当した教師は死刑or国外追放
これで解決


227 :実習生さん:03/05/29 21:45 ID:bABrxweJ
>>225
違うな。

学力が一定水準に達した香具師には無修正AVを与える。
            満たない香具師はオナーニ禁止令を発動する。

228 :実習生さん:03/05/29 22:20 ID:GkKyiOoT
>>221
言いたいことは雰囲気として分かるんだけど。
でも学力ってのが何を指すのかはっきりしてくれないと、
それに対応する「まともな授業」っていうのも何のことか分からなくなるわけ。

たとえば「公立トップ高校」の授業の場合、
極端な例だけど、1時間全部を問題集を解く時間にして、
教師は分からない所だけ質問に答えますっていう授業もできる。
これは、テストで点を取れることだけを求める人達には有効。

反対に、その教科に興味をもたせたり応用力・思考力を付けたりすることをめざす場合、
試験や入試に直接対応はしていないが、独自の授業を行うこともできる。
これは、多くの場合生徒に好評だが、
受験対策して下さいと一部の生徒や保護者に怒られることも多い。

長レススマソ

229 :実習生さん:03/05/29 23:32 ID:Wpj9O4Ei
既知の事柄をたくさん知っていることが自慢になるような「馬鹿馬鹿しい」
環境を打破しよう。
>>228
公立トップはバカか?
だから凋落していくんじゃないのか?


230 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/29 23:41 ID:2Hce+q+C
>>228
両方やればいいだけの話だよ

231 :実習生さん:03/05/29 23:58 ID:2qczWAbI
>>230
HNはアホ丸出しだが、レスの内容には同意。

232 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/30 00:15 ID:2kvxBptB
学校教師は学力低下について全く危機意識をもっていないというか他人事のように思ってる
塾関係者は、馬鹿な生徒がたくさん入塾して来て大変だと思いつつ、おいしい商売だと思っている

233 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/30 00:18 ID:2kvxBptB
>>231
アフォHNですまそ。
そもそも教科教育で「1時間全部を問題集を解く時間にして、
教師は分からない所だけ質問に答えますっていう授業もできる」
てな授業をやって、その上で
総合の時間で
「その教科に興味をもたせたり応用力・思考力を付けたりすることをめざす場合、
試験や入試に直接対応はしていないが、独自の授業を行うこともできる。
これは、多くの場合生徒に好評だが、
受験対策して下さいと一部の生徒や保護者に怒られることも多い。」
をやればいい。
しかし、去年から、国語も社会も調べ学習やプレゼンが入って、そのくせ総合でも同じ事をやる。
結局、教育ではなく育育になってしまったんじゃないか?
基礎基本は詰め込んででも教えろといいたい。

ところで、教えることをしなくなった今、教師って要らないんじゃないか?

234 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/30 00:20 ID:2kvxBptB
それか教師ってことばやめて育師に名前代えるか?


235 :実習生さん:03/05/30 00:30 ID:WNkaZoMW
>>233
基礎基本がっちりやらせる→調べ学習・プレゼンを通じて応用力強化
は、まさに学習の王道だと思うのだが・・・
やはりこれまでの授業形態に慣れすぎて、教員は柔軟性を失っているのかなぁ。


236 :228:03/05/30 00:39 ID:x+yAIWBm
>>230
自分で書いておきながらアレだけど、同意。
でもバランスのとり方が難しい。

>>233
最近の児童生徒は学習意欲の低下のせいか、詰め込んでも身に付くとは限らないという罠。
だから「総合〜」ができたんだけど、それも成果が出るかどうか…。

237 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/30 00:48 ID:2kvxBptB
>児童生徒は学習意欲の低下のせいか、詰め込んでも身に付くとは限らないという罠。

そこで100マスが登場だろ。
嫌なことでも大切なことはしっかり教える。
その時少しでも子どもの興味関心をそそるような教え方をするのが教師の仕事だろ

238 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/30 00:48 ID:2kvxBptB
>基礎基本がっちりやらせる→調べ学習・プレゼンを通じて応用力強化

調べる力とかまとめる力が、読み書き計算のような基礎基本があってのもの、ということが教師にはわかっていないと言うワナ

239 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/30 00:56 ID:2kvxBptB
もう一つは、都道府県について学んでも
47都道府県が言えるかどうかは別と思ってるのも教師のおかしなところ。
47都道府県言えないでいったい都道府県の何を学んだというのか?

240 :実習生さん:03/05/30 01:38 ID:anBiXDCU
学校は勉強する為の勉強だからな、
殆ど意味無い

241 :実習生さん:03/05/30 01:39 ID:XKiZyMHy
小学校の頃の勉強は詰め込み型でも良くて、あとから価値が分かるものだと思う。
例えば絶対音感の子供育てるのと同じ感じ。

242 :実習生さん:03/05/30 01:55 ID:x+yAIWBm
>>237
そうなんだよな。要は教える側の能力の問題。
宿題を出したり補習を行った方が成績が良くなるというデータを鵜呑みにして、
ただただその通りにする教師が腐るほどいるが、
単に宿題を出すのではなく「出し方」が重要なポイントになるよね。

陰山英男か…

243 :実習生さん:03/05/30 18:36 ID:anBiXDCU
>>241
度合いにもよるけどな
小学校でもう一生勉強したくないと言ってるのもいるし
そうなったら効果無し

244 :実習生さん:03/05/30 20:14 ID:gRwBBcYE
とりあえず東京のように、全国でも生徒による教師評価制度を導入して
ほしいと思うのはオレだけだろうか。

黒板読みにくい、何言っているか分からない教師はこれで消えてくれるのかな?


245 :実習生さん:03/05/30 21:53 ID:WNkaZoMW
>>244
残念ながら消えないと思われ。

みなが消えてくれと思ってる教師ほど、そういう声に対する耐性が半端じゃないw

また、生徒による評価で首切りの対象を決めていたら、まっさきに首切られるのは
校長や教頭など管理職クラスだから、保身に走って評価はあくまで評価にとどまる
と思う。せいぜい進歩的な学校で、評価が高かった教師に金一封といったところまで。

また、生徒といっても、教師を公平に評価できる香具師から、自分がサボったり怠けてたり
した結果であるテストの不出来を教師の授業に押し付けて自己満足するやつまで
ピンきり。後者はますます教師を評価の声を素直に聞くという気持ちから遠ざけ、
生徒評価を活用しようって声は小さくなる。

よって、生徒による評価ってのはほとんど教育の改善に機能しないということに
現場は言うまでもなく、そろそろお役所も気づきつつある。

246 :実習生さん:03/05/30 22:02 ID:MS7P/F8+
「罪と罰と北斗」のゲーム、皆さんもやりませんか?
http://cgi29.plala.or.jp/hokuto01/tumi/index.cgi
以下から、新規登録出来ますので。
http://cgi29.plala.or.jp/hokuto01/tumi/ore_reg.cgi

(注)私は管理人では無く、ただの利用者です。
BGMが時々鳴ります。
討伐で負けた時も、敵が何か喋っていました。

247 :実習生さん:03/05/31 00:21 ID:uu7XdYEl
>黒板読みにくい、何言っているか分からない
そんな理由は無理だろ。誰からも(教師から)見て理解できないなら有り得るけど。

お前、顔が悪いから消えろってのと同レベル

248 :実習生さん:03/05/31 09:42 ID:p1ZtMUmD
やっぱり寺脇研は広島の教育長の頃から小森絶つ国の犬かって

249 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

250 :実習生さん:03/05/31 14:34 ID:g/tCG/at
>>244
残念ながらそのシステムを取ると、上辺だけ生徒受けのいいのが残り、
嫌われてでも生徒指導をしようという教師が切られる可能性が高い。

保護者等の第3者が監査するシステムを確立しよう。

251 :実習生さん:03/05/31 14:39 ID:hg/LqTaJ
ほとんどの大人は学力で仕事をするわけではないよ
だから問題無し

252 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/05/31 14:52 ID:wIOZ3Rw0
>>251
君みたいな日雇いはね

253 :実習生さん:03/05/31 18:57 ID:lYYmhzUk
学力信仰は、もはや宗教だな

254 :実習生さん:03/05/31 21:36 ID:lqvGJ4Xh
>>253
学歴信仰よりもいいんでない?

255 :実習生さん:03/05/31 21:47 ID:nuevZsuY
>>253
今度は「学力」というスローガンだけが独り歩きする。日本人の悪いところですね。
>>254
日本では、「学歴」は、畏怖と蔑視の両義性を担わされる。まさしく、聖と賤(w

256 :実習生さん:03/05/31 21:48 ID:wFZGPl7M
教育大学や教育学部のバカどもが教師になることが問題。
教員採用試験の内容しか知らないというバカ教師が量産されていく。
試験内容しか知らないバカのほうが採用される馬鹿げた試験がある限り、
日本人のおバカ度は高まっていくだろう。

257 :実習生さん:03/05/31 21:51 ID:cgH31KE7
で、おまいの自慢話を始めれば?
聞いてやるから、語ってみ。

258 :実習生さん:03/05/31 21:53 ID:nuevZsuY
>>256
現実には、教員養成系の採用率は下がってるけどね。とはいえ、どの学部卒であれ、

>教員採用試験の内容しか知らない

という現状は、多かれ少なかれ、あるでしょうね。

259 :実習生さん:03/05/31 22:18 ID:X3D/m7os
>>258
昔は教養課程があったから少しはマシだったと思われ。

学力低下の原因は、
 1.文科省のバカ官僚の無為無策の「ゆとり」教育
 2.教師の質の低下
 3.家庭教育の崩壊(親の質の低下)
 4.学歴礼賛・学力崩壊というアホ社会
 5.大学教官の責任転嫁

260 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

261 :実習生さん:03/05/31 22:29 ID:nuevZsuY
>>259
教養課程・・・まあ、機能してなかったですけどね。学生の教養力が落ち始めたのは、
79年の共通一次導入以降の現象ですね。それ以前は、まだマシだったはず。
得点で露骨に輪切りになると、人間は向上心を失うのですかね? それに、ゲーム
やらケータイやら、娯楽も増え過ぎました。

1から3は禿同ですね。

>4.学歴礼賛・学力崩壊というアホ社会
和田秀樹とかは、まだこれがわかってない。というか、立場上、強弁してますね。
「学歴蔑視・学力崩壊」と裏表の現象なのですが。学歴にこだわらない学力論は、
日本ではムリなのだろうか?
>5.大学教官の責任転嫁
これについては微妙なところですね・・・

262 :実習生さん:03/05/31 22:43 ID:MSRuihxO
>>259,261
>5.大学教官の責任転嫁

小中高の指導要領改訂を教育学者にまかせすぎたんじゃ
ないかなあ。教育学者のほうも自分の利権を守るために
専門分野の学者の意見は、参考としては聞く程度で。

指導要領を決めているのが誰で、その委員がどういう風に
決まっているのか聞いたことがありますが、(ry

263 :実習生さん:03/05/31 22:54 ID:nuevZsuY
>>262
>指導要領を決めているのが誰で、その委員がどういう風に
>決まっているのか聞いたことがありますが、(ry

その後を教えてくださらないと(w

私が聞いた例は、明らかにコネでしたが。

264 :実習生さん:03/05/31 23:44 ID:uu7XdYEl
教育学者は妄想の計算に走る。
実際に成し遂げた、現場の尊敬出来る(支配力は別)人に任せた方が良い。

265 :実習生さん:03/06/01 00:30 ID:cdwObEEl
>教員採用試験の内容しか知らないというバカ教師が量産されていく。
もう通ってしまえばみんな忘れているので、
結局何も知らない馬鹿教師しかいない。

266 :実習生さん:03/06/01 03:36 ID:V2n3qFzu
>>256
> 教育大学や教育学部のバカどもが教師になることが問題。
そうじゃないと、教育大学や教育学部の存在意義が無くなるじゃん。

267 :実習生さん:03/06/01 04:01 ID:2lWSmHsK
>>262-263
その辺は触れてはならないのかなあ。
マスコミは知っていて、黙っているのか。

指導要領がおかしいと批判する前に、誰が決めたか、
誰が責任なのか、具体的に調べればよい。
これまで明確にしてこなかったけど、今はそういう時代ではない。
責任の所在を明らかにしてみれば、自ずと問題点がはっきりするのにねえ。

ああ、だから (ry なのか。

268 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/01 13:20 ID:OHttqplU
>>259
進学率の上昇が入ってないぞ

269 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/01 13:21 ID:OHttqplU
>指導要領がおかしいと批判する前に、誰が決めたか、誰が責任なのか、具体的に調べればよい。

皇室と同じくらい機密事項なんだろう

270 :実習生さん:03/06/03 04:12 ID:OOZVTUDp
>>269
機密でもなんでもないけど。

教育問題については、マスコミが批判力を失っているだけ。
「ゆとり教育」については、これまでマスコミもプッシュしてきたしね。
文科省の政策をそのまま報道する「大本営発表」スタイルだし。

大学法人化でも、文科省の発表を真に受けて、「これで大学は
活性化!ぼんくら教授追放」で報道してきたけど、いざ法案を見ると
文科省の天下りポストが大学数×2できるというお話。

「ゆとり教育」もこれで詰め込みからおさらば、小学生も生き生きと〜
となんて総合学習のごくまれな成功例を報道して、裏の学力低下は
ずっと報道しないか、「具体的な数字がない」でお茶を濁してきた。

文科省も責任取らないけど、マスコミも責任取らないからね。
行政への批判という役割をマスコミが失ってどうする。

271 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/03 11:39 ID:8lED3PSS
>いざ法案を見ると文科省の天下りポストが大学数×2できるというお話

それは最初からわかりきっていた話
改革=天下りポストが増える
と思うべし

272 :無能教師=税金泥棒:03/06/03 15:12 ID:tyT6GcWy
学力低下が問題とか言われているが
そんな中でも大学進学率は増えている
本当に学力低下=勉強ギライばかり増えてるなら大学進学率は上がらない

教師が子供の「何でこんなことまで覚えなきゃいかんのか。こんな事覚えなくても
社会では困らない」という本質を突いた疑問にきちんと対応も出来ていない現状では
学力低下など打破できない

273 :実習生さん:03/06/03 15:38 ID:ofENfjH2
>>272
> 勉強ギライばかり増えてるなら大学進学率は上がらない

大学で何をしてきたかによらず、
大卒と高卒じゃ、就職に差があるから。
あとはモラトリアムとしての大学ね。

> こんな事覚えなくても 社会では困らない

例えばウェイトトレーニングそのものは競技に必要ないが、
ウェイトトレーニングによって養われた筋力は競技に必要だ。

実際のところ、学校で学ぶ内容の多くは、
普段の生活には要らない。
しかし、学習の過程で養われた思考力や、
陶冶された精神的なスタミナのたぐいは、
社会で仕事をする上で役に立つ。

あと、「なぜ○○を学ばなくてはならないのか?」
という質問は、ほとんど例外なく、
『学ばなくてはならない理由』ではなく
『学ばなくても良い言い訳』を訊いている。


274 :実習生さん:03/06/03 15:50 ID:CCbShFu+
おめーらは白痴  おめーらは白痴  おめーらは白痴

おめーらは白痴  おめーらは白痴  おめーらは白痴

おめーらは白痴  おめーらは白痴  おめーらは白痴

おめーらは白痴  おめーらは白痴  おめーらは白痴

おめーらは白痴  おめーらは白痴  おめーらは白痴


275 :無能教師=税金泥棒:03/06/03 18:22 ID:tyT6GcWy
>>273 教師のそういう返答はほぼ全てが「自分の専門分野を否定されて自尊心が傷つけられた」
   「生徒・児童=目下の人間に自分の教える教科を否定されて自尊心が傷ついた」という
   感情的な返答・受け応えでしかないね

276 :実習生さん:03/06/03 19:55 ID:/jHeJRTz
>>275
ならおまえはどう返答できるんだ?

277 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

278 :実習生さん:03/06/03 20:04 ID:MWnHLE1o
>>275
多分、
> 『学ばなくてはならない理由』ではなく
> 『学ばなくても良い言い訳』を訊いている。
これが図星だったんだろ。

俺は数学担当だ。こういう質問はしょっちゅうされる。
「使うか?」と問われれば「まず使わない」としか答えないよ。
数学なんてのは、表現や思考法の1つに過ぎないかもしれん。
そこまで立派な道具は、人生に要らないかもしれん。

でも、学んで損なし。

『脳を鍛える』ということの優先順位が低い人は
やらなくても生きていける。
出来なくても生きていける。
あとは本人の選択次第だ。

279 :実習生さん:03/06/03 22:55 ID:5VIJrljB
>>271
いやー、だからさ。
法人化は5年以上前から報道されていたけど、
天下りポストに関する批判はごく最近ってこと。

5年前に、法人化=天下りポスト増という批判を
マスコミがやっていたら、改革が0点から5点くらい(100点満点)に
あがっていたろう。

280 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/03 23:05 ID:b3HcIKkY
>俺は数学担当だ。こういう質問はしょっちゅうされる。
>「使うか?」と問われれば「まず使わない」としか答えないよ。
>数学なんてのは、表現や思考法の1つに過ぎないかもしれん。
>そこまで立派な道具は、人生に要らないかもしれん。

はあ?
はあ?
はあ?
数学はとても必要でとても重要でとても役に立っていますよw
もちろんみんながみんなというわけではないですが。
数学担当ならなおのこと数学の重要性を言えなければウソですよ。
おまえ偽物だろ

281 :実習生さん:03/06/03 23:37 ID:C6rCRiC1
>>273
>実際のところ、学校で学ぶ内容の多くは、
>普段の生活には要らない。
>しかし、学習の過程で養われた思考力や、
>陶冶された精神的なスタミナのたぐいは、
>社会で仕事をする上で役に立つ。

つまるところ、教える内容そのものに意義があるのではなく、その学習の過程の方に
意義があるってことでつか?そこに だ け 注目するなら教える内容は取替え可能でしょう。
なぜ役に立たないものを教えるんでつか?もっと役立つものでやればいい。

282 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/04 00:01 ID:m6PL3me7
>>281
はあ?
必要か必要じゃないかはその人の学力レベルによるが
数学は役に立たない教科と思っている時点でDQN

っていうか文系人間の言うことだけどね

283 :実習生さん:03/06/04 00:02 ID:N/Q86yjr
>>281
学ぶ過程により大きな意義があるというのは合ってると思います。
教える内容も取替え可能ですね。

大学は、生徒の側に学ぶ選択権があるとして
高校・中学・小学校でいまの科目と取り替えるべきものとは
なんでしょうか??

個人的にはほとんど取り替える必要がないと思ってますけど。

284 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

285 :実習生さん:03/06/04 00:06 ID:IjDqTb+R
大學において、高校までの教科で役に立つものがあるか?
漏れは生物系だが、学校の勉強よりブル−バックスのほうが役に立った。
中学高校はブル−バックスが師匠だった。
その時身につけた発想が今も役立っていると思う。


286 :実習生さん:03/06/04 00:10 ID:N/Q86yjr
>>285
> 大學において、高校までの教科で役に立つものがあるか?
> 漏れは生物系だが、学校の勉強よりブル−バックスのほうが役に立った。

ブルーバックスぐらいのものを読み解いていくには、
やはり中学・高校のときに同時並行してやっていた関連教科の知識が
(すべてではないにせよ)必要になると思うのですが・・・

287 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/04 00:31 ID:m6PL3me7
>>282
馬鹿がたくさんいるようなのであえて付け加えてやるが、

電気電子工学を学ぶには数学なんて当たり前に使うんだよね。当然物理や科学の知識も必要だけど。
同じように経済学や文系と思われてる心理学だって数学は必要なんです。
ミクロだかマクロだか需要供給とか(スマンわすれた)で関数の知識が必要だし、
統計処理するときに使う、回帰直線ではベクトルとか三角関数の知識がいる。XとYの相関関係を
あらわす相関係数は、ベクトルXとベクトルYのなす角をθとしてcosθであらわせる。

オレの兄はシステム・ソフト系の仕事に転職したけど、30になって高校数学を勉強し始めたくらいだからな。

まあ君たちみたいな平凡なサラリーマンには数学は必要ないかもしれんが、
数学は役に立つ教科なんだよ。

288 : ◆fMIIIDWARA :03/06/04 01:23 ID:E9fRMwbt
確かに数学は役に立つね。

俺的に役に立たなかったものは…
古文かなぁ。ていうか、嫌いだったな。

289 :実習生さん:03/06/04 02:15 ID:mgd9OFN8
極一部の職業をする時だけ数学は役立つ

目標と勉強のバランスなんだろうな
勉強だけに生活絞り込めば、生きる目的、楽しむ無くなる→鬱、実現しなくなる。
生きる目的、楽しめば→行動力、勉強、実現になる。


290 :実習生さん:03/06/04 03:08 ID:a+FNEzrm
>>288
古文。禿同ですな。文系の私からいっても古文やる暇があるなら
敬語を教えてまらいたかったですな。

291 :実習生さん:03/06/04 03:24 ID:J5kqY0AJ
とりあえず言って置きたい事がある


 <<< 文 系 は 教 育 論 を 語 る な >>>




292 :実習生さん:03/06/04 03:51 ID:RQYOJCfV
>>291
あなたの言っていることは、憲法の保障する表現の自由を害した発言であるといえます。
確かに憲法は公法ですので、私人間の強制力はありません。
しかし、教育を論ずるにあたって基本的人権の尊重を高らかに謳っている憲法の精神に
反するような発言をするのは、道徳的にいかがなものでしょうか?


293 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

294 :これぞ表現の自由:03/06/04 04:01 ID:9ppFXF+0
重ね重ね強調して置きたい事がある


 <<< 文 系 は 教 育 論 を 語 る な >>>




295 :実習生さん:03/06/04 04:15 ID:RQYOJCfV
>>294
>>文 系 は 教 育 論 を 語 る な
とのことですが、その根拠をお聞かせ願いたい。

296 :これぞ表現の自由:03/06/04 04:40 ID:9ppFXF+0
さて、知識が社会の役にたつか?のような「とんでも議論」は置いておくとして、
日本の教育方針転換を真剣に考えよう。(亡国の危機感がない奴は逝ってくれ)
以下に要点を絞ってみた。

1.いかに低コストで効率よく優秀な頭脳を大量生産できるか?(経済面)
2.学習心理学の導入について。条件反応の原理の応用。これに則った授業の工夫。
3.大脳生理学の見地より。高効率に大量の知識を獲得させる方法論。
 (例:教科書を詳しく分厚く。映像の積極的導入)
 また、学習指導内容の充実と低学年化について。
4.IQそのものを上げることは、大脳生理学的にみて可能か?
 そのための特殊な指導法があるのなら、導入すべき。

297 :これぞ表現の自由:03/06/04 04:47 ID:9ppFXF+0
>>295
296で根拠がわかりませんかね。
文系が教育論を語ると、方向性からまるでなってない。

298 :実習生さん:03/06/04 05:07 ID:RQYOJCfV
>>297
>文系が教育論を語ると、方向性からまるでなってない。
具体的事例を示していただきたい。

299 :実習生さん:03/06/04 06:15 ID:s5wB4ox1
>>290-298 お前らはいつ寝てるんだ?

300 :実習生さん:03/06/04 07:46 ID:7r68YdEn
>>1
だって、ずーっと塾が合格実績になる見込みのない子を飼い殺しに
してきたからね。子供たちの学力が低下するのも無理はないよ。

合格実績ペタペタ塾への無駄なお布施
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=ED&action=m&board=1834899&tid=9g3jbcbc0sa5za5bfa5za5bfbdna4xa4nl5bla4ja4aaidbbbdc&sid=1834899&mid=1&type=date&first=1
 
こんな塾にだまされるな!
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=PERS&action=m&board=1835980&tid=a43a4sa4jbdna4ka4c0a4dea45a4la4ka4ja1aa&sid=1835980&mid=1&type=date&first=1
 
「デキナイ子」の入塾〜金づるだから退塾防止?親の気持ちを踏みにじるな
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/9996/zen16.htm


301 :実習生さん:03/06/04 11:43 ID:g2oum2xq
エムM大はかって(今も)全学年で14科目のうち1つがある点数以下だとと全科
目の合格が学長により取り消される,全科目単位取消型落第学年制を本邦唯一採
用している.1クラス100人中30人から48人程落第することもある.再合格
義務のない単位累積取得型留年に比し単位取消型落第が不利益で甚大であり父権的
懲罰である.文科省は,単位制明記の大学設置基準に抵触ばかりか非常識・封建的
な前代未聞の悪法で,教授単位認定権,生涯学習権,教育の機会均等権を侵し違憲
無効という.最高裁に飛躍上告中.

302 :実習生さん:03/06/04 20:09 ID:bgCcm9Bs
>>280

>>278が想定している相手と激しく違うのではないか?
『学ばなくても良い言い訳』を訊いてくるレベルのヤツには
その知識や体系は、一生役立てられない。
恩恵は受けられるがなー。
数学の恩恵なんて、勉強したことがあれば分かるじゃない?


303 :実習生さん:03/06/04 20:31 ID:3cZi31tN
>>259
2.教師の質の低下

↑納得します。
学力低下には家庭で勉強をしてない人にも原因がありますが、
教える側にもやっぱり原因はありますよ。
漢字書けない国語の先生、時代間違える歴史の先生。
頼むからそれぐらいは頑張ろうよ。。

まぁ、、生徒にも問題あるだろうけどね。
授業態度とかそういうのどうなんでしょう?
居眠りとか私語とか多かったりするんでしょうか…?;


304 :実習生さん:03/06/04 21:06 ID:xhYip+vi
>>303
学力低下が始まって20年。
世代をわたったデフレ・スパイラル

ゆとり教育→学力低下→その生徒が先生になる
→教育技術が低下して教科内容を下げる→学力低下→・・・

「ゆとり教育」は教員の「時間のゆとり」という側面よりも
質の低下した教員でも「ゆとり」をもって教えられる教材にする
目的もあり、指導要領策定の時にも、いつも議論になる。

305 :実習生さん:03/06/04 21:31 ID:3M6tEbqp
小学校も教科専門の教師で教えるのがいいんだろうな。
中学生になったら自分の好きな教科選んで授業数増やせるようにするのもいいかも。

306 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/04 22:12 ID:5KT+swng
>>304
バブル時代に教師になったやつにはあてはまるかも

307 :実習生さん:03/06/04 22:24 ID:Pa1QtZ4i
結局、勉強したい奴は予備校に行くことになるのか。

>ゆとり教育→学力低下→その生徒が先生になる
>→教育技術が低下して教科内容を下げる→学力低下→・・・

・・・→勉強したい奴は予備校へ→学校の実績は予備校の実績。

>305
好きな教科というか、教師を選べるようにして欲しいかも。


308 :遠山敦子の奇怪さ:03/06/05 01:36 ID:AGMGz+YC
国家で学力低下とゆとり教育との関係について質問された遠山敦子こと
元文部省職員の中年女性がいます。彼女は「豊かな心」を持たせることが
大切なのだなどと答弁しました。当然疑問なのは、この女性に「豊かな心」
というものを言及するに足る「豊かな心」があるのかどうかという点です。
そもそも国の教育事務を行ってきたに過ぎない人物が国政において
「豊かな心」といった言葉に言及することの奇怪さです。そもそも
それ以前に国が人の心を豊かだとか貧しいだとか言う権限を保持して
よいのかという点が問題です。
文部科学省、特に遠山敦子という身内の中年女性と結合した後から特に
増大してゆくいかがわしさには目を見張るものがありますよね。
この狂気に付き合ってる教育者の皆さんもやはり狂ってるのかな(笑)?


309 :実習生さん:03/06/05 02:26 ID:cBivVA3b
>>308
遠山敦子本人は、学力向上路線じゃないかな。
ただ、今まで官僚がやってきたゆとり路線を否定すると、
部下の立場がないので、最初はゆとりを擁護する発言を
していた。だが、しだいに路線変更してきている。

「学力向上」を言い出したとき、現場はかなり混乱・動揺
したみたいだが、彼女の発言からは、最初から
学力向上路線を目指していたように感じる。

>>307
もっといい案。政府も選択制にして、好きな文科省を選べるようにする。

310 :無能教師=税金泥棒:03/06/05 13:03 ID:WboXTFe8
教師の質なんて、教師の組合活動を放任した昭和40年代辺りから
急速に下落し始めた
公務員の「市民の公僕」という自覚が全く無い
教師というより政党役員としか思えないくらい組合政治活動に熱心な教師が
まだ残存している

311 :実習生さん:03/06/05 22:36 ID:U4iI8ObU
教師の質は低下してるだろうねぇ。

教育のテクニックなんぞは問題じゃない。
僕が子供のころの先生達は、みな
「子供を教えること」への責任感を強くもってたと思う。

たとえそれが反戦教育とかサヨ思想に染まっていたと
してもさ、先生達は子供の僕らを大切にしてくれた。

それがどういうわけか いつのまにか
「どーでもいいよ」って感じで子供に接する教師が
多くなったような・・・

312 :実習生さん:03/06/05 23:22 ID:o/Ruz5rj
>>311
そうだな
社会の流れ自体がそうなってるが
教育者はそこを抑えて接して欲しい

313 :実習生さん:03/06/05 23:40 ID:jXFWrhjB
鉄は熱いうちに打て、ではないが子供にはいろんなことを経験させておきたい。
無菌培養ではなく、一方的な思想の押し付けでもない。
いろんな考えが世の中にはあるということを知ってもらいたい。その中でどれを
選択するかは子供の自由だ。

そうすれば >>文 系 は 教 育 論 を 語 る な
というような極論を吐くものはいなくなるだろう。
科学の進歩がいずれ全ての問題を解決する、というような理想主義の妄想は
問題を解決すればまた新しい問題が出てくること知っている普通の人間ならばわかること。
とするならば、彼はあまりに偏った道を歩んできたのだろうか。

314 :実習生さん:03/06/05 23:51 ID:PvDSvToU
313も日本語がおかしいぞ。
前半部分にはだいたい賛成なんだが、一つのものに
打ち込みたい子供にとって、今の教育体制って
イマイチなんだよな。

あと、肉体労働に就くようなやつらは教育なんていらんって言う
意見がまかり通ってるような国が先進国の中にもあるんだけど
どうなんだろうね。

315 :実習生さん:03/06/06 00:20 ID:qfSNxi84
>>314
その子供が「ひとつのことに打ち込みたい」なら
授業以外の時間に思う存分やればいいと思うのだが(時間はあるだろうし)・・・
まあ、宿題が多すぎるっていうのも今の教育体制の内にはいるのなら
いわんとしていることもわからんでもない。

肉体労働につく香具師にも教育って必要だと思うんだよねぇ。
この世の中にはびこる
悪いやつ・ずるいやつにだまされないようにするためにも。

316 :実習生さん:03/06/06 00:23 ID:KOljzSNG
エムM大はかって(今も)全学年で14科目のうち1科目が所定点数以下であると全
科目の合格が学長により取り消される,いわゆる全科目単位取消型落第学年制を本
邦唯一採用している.1クラス100人中30人から48人程落第することもあった
,再合格義務のない単位累積取得型留年と単位取消型落第とは不利益の面で甚大で
あり,落第は父権的懲罰である.文科省の見解では単位制を明記した大学設置基準
に抵触することはもとより,非常識・封建的な前代未聞の悪法制度であり,教授単
位認定権,生涯学習権,教育の機会均等権を侵し違憲無効という.最高裁に飛躍上告中.



317 :実習生さん:03/06/06 00:25 ID:+MXUld0Y
http://www15.big.or.jp/~kaini/image/img-box/img20030601152351.jpg

学力低下リストです。



318 :実習生さん:03/06/06 00:25 ID:/y3YC1Wi
 ----------------------極東バトルロワイアル次回予告-------------------------
                     「日本の教育」
              日時:6月7日(土) 22:00〜1:00  
参加受付、観戦は、
【×極東バトロワ×】観戦運営統合スレッド3
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1054312017/
試合会場は、
【 ×××極東バトルロワイアル3××× 】
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/asia/1054312449/
苦情、お問い合わせ、テーマ提案、雑談等は、
極東バトルロワイアル運営板
http://jbbs.shitaraba.com/study/3013/
*参戦者常時募集!←宣伝がウザイと思われたらこれをNGワードにお願いします
-------------------------------------------------------------------------

319 :313:03/06/07 05:36 ID:70ueUSPr
>>314
極一部の理系で優秀な方は科学マンセーでこの類の極論を吐く人がおられるのですよ。
そのような人は頭は良いが人間としてイクナイ。
宗教にはまるしね。身内なんだよねえ。ハア

320 :実習生さん:03/06/07 13:57 ID:+GSEel52
>>307
もう学歴社会は崩壊してるし、わざわざ予備校いってまで
勉強する学生なんていなくなるんじゃないの?
社会にでたら実力だよ。今の子は賢いから、それくらいわかってる。

321 :実習生さん:03/06/07 14:03 ID:k4sNGRV3
とりあえず、勉強しといて損はない。
特に、数学・物理。



322 :実習生さん:03/06/07 14:20 ID:+GSEel52
全く勉強しないのも良くないが、程々でいいってことだな。
基地外のように反復練習繰り返しても仕方ない。

323 :実習生さん:03/06/07 15:13 ID:qEee8BQq
数学・物理・化学の類と英語は、中学の時点で棄てました
高校の時は社会科と国語だけで点を稼ぎました
数学・英語は皆勤と基礎問題のクソ暗記で赤点ギリギリ
選択教科も含めて評定平均値は3.6。
大学の推薦を頂きました

今会社員ですが、数学をやっておけば・・・と後悔したケースは
一度も無い
自分の子供が数学の点が悪くても怒る事は無いと思う
高校で赤点になって留年さえしなければ大丈夫だ

324 :実習生さん:03/06/07 15:41 ID:qEee8BQq
第一計算機やパソコンが発達している時代に手計算を教える事自体野暮なんだよ

「パソコンでやった方が早いじゃないですか」と子供に言われて終わりだよ


325 :実習生さん:03/06/07 18:50 ID:wCpywXsu
確かに困らない。会社の伝票処理も計算機だし。

326 :実習生さん:03/06/07 19:08 ID:kzafvUTb
>>324-325
式が立てられればね。

計算機を使ったはいいけど、
計算の意味や「桁落ち」を知らないばかりに
誤差が大爆発・・・




327 :実習生さん:03/06/07 19:15 ID:tvJJg7zI
手計算だとなんていうか想像力が増す気がするな。

328 :実習生さん:03/06/07 19:20 ID:aW0E3Bd1
手計算をやらせるのは、計算が目的じゃないんだよ。
そこを履き違えると
>>324のような単細胞な意見が出てくるわけだ。(w

329 :実習生さん:03/06/07 20:18 ID:Mw/Vv/hg
>>328
それこそ単純な損得議論の罠に釣られてないか?

330 :実習生さん:03/06/07 22:58 ID:N6pVl77Z
>>320
あら、結局学歴で差別してるのは企業側ではなくて?

331 :実習生さん:03/06/07 23:40 ID:+GSEel52
>>330
企業も学歴では判断しないよ。
頭いい奴はろくに勉強しないでも一流大学に受かるから、
彼らがそのまま一流企業に決まってるだけの話。

332 :実習生さん:03/06/08 03:51 ID:Au+l8dF/
>>328 俺に言わせれば学校で習った事を馬鹿素直にひたすら暗記する「いい子」の
    方がよほど単細胞じゃないのか



333 :実習生さん:03/06/08 04:00 ID:F8+eOsCX
>>331 >ろくに勉強しないで
ちょっと違う、人に言われた事しかする能力が無いから、

334 :実習生さん:03/06/08 10:28 ID:Fe3e8C/E
>>333


335 :実習生さん:03/06/08 18:39 ID:h4xlNRyV
>>331
そうか、なら学歴は全く関係ないんだね。高卒でも
一流企業に入れるのか。知らなかったなあ。

336 :実習生さん:03/06/08 20:56 ID:oOIg/73s
先生はこう言いはなった。「調子に乗るから教えない」と。
これはぼくが公立中学1年生のとき、ぼくのIQについての話だ。
この言葉を聞いたぼくは、決めた。
「できるだけみんなといっしょでいよう」
成績も良かったし、運動もできた。それに加え、ぼくは体格にも恵まれていた。
そんなぼくにとって、「みんなといっしょ」ほど難しいことはなかった。
そこで、考えた。「弱いところを見せて、親しみを持ってもらおう」と。
遅刻、忘れ物、おどけた表情、などなど、必死に自分を演出した。
「おっちょこちょいだなあ」と笑われることが、嬉しかった。
中学・高校と、適当に生きていたぼくだったが、大学には受かった。
やりたいことも見つかり、大学院まで行った。
必死に勉強した。しかし、小学生の頃の、あの明晰な頭は戻ってこなかった。
忘れ物や遅刻なども、直すことができなかった。

いま、ぼくは社会人となり、ようやく自分で科した枷を克服できてきたようだ。
社会には、ぼくの今の状態を羨んでくれる人も大勢いるだろう。
しかし今でも思う。中学・高校のあの忌まわしい時期さえなかったら、
周りと同じかなんて気にせず、自分のやりたい勉強ができる環境があったなら、もっともっといろいろなことができただろう、と。

卒業してから聞いた話によれば、ぼくのIQは180を超えたいたらしい。
日本にも、そのときのぼくを超える子供はたくさんいるだろう。
Gifted Childrenを評価し、伸ばしてくれる制度の確立を切に望む。

337 :R134:03/06/08 21:00 ID:bzU9vLKD
「十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人」 by日本の諺


338 :実習生さん:03/06/08 21:01 ID:oOIg/73s
>>337
その通り。
だがそれをどうにかしなければならない。
「そういうものだ」という考えを変えていく必要があると思う。

339 :実習生さん:03/06/08 21:08 ID:F8+eOsCX
>>335
人を見抜く力のある会社はすでにそうしてるよ。
見抜く力無い→駄目企業

340 :実習生さん:03/06/08 21:10 ID:iO9uuIf/
日本の諺ね。
狂死はできる芽を摘む才能には長けてるよな。

341 :実習生さん:03/06/08 21:14 ID:hEY8ZUwc
小学校で点数がよかったばかりに、中学の期末テストまで、
自分の子どもの頭の出来に 気付かなかった親も多いものです。

342 :実習生さん:03/06/09 02:42 ID:LtNcZkYP
【教職員組合】日本の将来、お先真っ暗【ながら条例】
↑     
まずはこれから直す事が先決だよ 税金泥棒教師めが
今まで散々ほったらかしておいて、今更学力低下に蒼くなっても遅い遅い


343 :実習生さん:03/06/09 20:36 ID:fUSArRLi
ボケてんなー。

愚民化政策&エリート政策は 文科省の目論見だよ。

344 :実習生さん:03/06/09 20:36 ID:oMFJoggj
>>336
キミが早熟だっただけじゃない?というか、その話、嘘でしょ。
本当に頭のいい人間がその程度で潰れるわけない。


345 :実習生さん:03/06/09 23:49 ID:6HwHVcIm
>>335
学歴が人を採用する大きな判断材料のひとつであることは
否定できない。
だが、高卒でも、それなりの能力があれば、一流企業に入れることもまた
間違いない。

346 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

347 :実習生さん:03/06/11 12:36 ID:g6c4TOZb
>>336
コピペかな? まあ、これに類する話は多いね。それが錯覚なのか、本当に能力が
高かったのかすら、日本の環境では知ることができない訳だが。

348 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

349 :実習生さん:03/06/11 12:50 ID:NidqrPnk
外国でも10歳で大学行っているような奴に大した人はいない
知能以外の才能が必要だったりするからな

350 :うどん中田 ◆v/LK4luEPU :03/06/11 12:53 ID:QPVpw6hq
よろしくね

351 :YahooBB219001164210.bbtec.net:03/06/11 13:36 ID:4UdpWObV
20歳はイケイケ http://.jp/staff/in.cgi?id=10528
http://e-yume.ktplan.jp/39792489/

352 :実習生さん:03/06/11 18:57 ID:UMa69qD2
勉強するよりバイトのほうが社会で役に立つよ。

353 :実習生さん:03/06/11 21:40 ID:cxJ9tavn
>>352 てめえは大学生時代バイトだけに力を入れていたのか?

354 :336:03/06/11 22:12 ID:zJIyeqSx
>>344
いや、潰れてはいないよ。潰れそうになったことはありましたが(笑)
ただ、中・高の6年間の時間の使い方がもったいなかったということ。

>>347
自分でコピペっぽいなあと思いながら書いてました(笑)
「本当に能力が高かった」かどうかは、「能力」の意味するところによりますが、
少なくともIQが上記の数字だったことは確かです。

>>349
私は詳しく知りませんが、確かにそのようなこともあるようです。
それを踏まえて、どのような教育を期待しますか?

355 :実習生さん:03/06/11 22:17 ID:45FDAthq
今を生きろ。
昔の栄光にすがっていてもそれだけの人間だよ。

356 :336:03/06/11 22:30 ID:zJIyeqSx
>>355
十分今を生きていますよ(笑)
>>336を読んでいただければわかると思いますが、
私が言いたいのは、過去の栄光ではありません。
これからの教育についてです。

357 :実習生さん:03/06/11 22:52 ID:UMa69qD2
>>353
大学では殆ど勉強してないよ。公言しても恥ずかしくない大学
いきたかったから、受験勉強は無駄だと思いつつも、半年間は我慢して
慶應経済入ったけどね。

358 :通りすがり:03/06/12 02:19 ID:FL27LdkL
>>357
無駄というなら研究テーマを自分で見つけて外国の大学でもいけば良かったのに。
外国の大学出というだけでひれ伏す日本では有効だと思いますよ。
知り合いにいませんか。私の周りにはいますけど。

359 :実習生さん:03/06/12 03:59 ID:ShqWwa1z
日本はモノづくりで生きてきました。支えてきたのは、確かな科学・技術の力と、
それを生み出した理系人です。しかし、その仕事は、重要性に反し て、ほとんど知
られていなければ、関心も持たれていません。日本社会は、彼らを「黒子」として扱
い、ときには無視してきたのです。

http://www.mainichi.co.jp/eye/kishanome/200305/07.html



360 :実習生さん:03/06/12 08:48 ID:JBOXlJ3n
>>359
全然ちがうじゃねえか?
文系の揚げ足とって憂さ晴らしする暇あったら
コミュニケーション能力を鍛えろってことだよ。


361 :実習生さん:03/06/12 10:27 ID:C4w3YcQG
>>360
同意。
役割分担といえばそれまでだが、基本的には、理系のものづくりより
文系の人間を扱う仕事のほうが高度なことを理系の人間にも知ってほしい。
だから文理の収入に格差があるのも当然。

362 :実習生さん:03/06/12 12:20 ID:eNC3wqPt
文系の勉強は大きくなってからでも出来るんだから
教育は理系を重視するのは当たり前

363 :実習生さん:03/06/12 20:21 ID:L7w7dLPb
人間相手って、文理分けすることなのか?
たまたま、研究や開発あるいは技術系に携わらない者が
請け負っているだけじゃない。


364 :実習生さん:03/06/12 22:38 ID:REm1zcTP
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/mobile/1055058990/l50


166 名前:いつでもどこでも名無しさん 投稿日:03/06/09 19:39 ???
>>164
あなたは特別高等警察にマークされました。


167 名前:いつでもどこでも名無しさん 投稿日:03/06/09 19:42 ???
>>166
特別高等警察ってなんだよ。
スーパーストロングダイナマイトヒーロマン、みたいなベタでダサいネーミングだな。
何かのアニメか?(プ
どうせなら、超特別ハイテク高等極秘特命警察とかにしろよ。

365 :実習生さん:03/06/14 00:53 ID:Wq6LuO3P
現在の東大生が一橋並の学力になったとして、官僚の質が落ちると思う?

366 :実習生さん:03/06/14 01:23 ID:vRBBkO9w
>>365
すでにもう落ちている罠

367 :おめーらは白痴 ◆Bn9Xgl4q4U :03/06/14 01:26 ID:8H2HDUqf
あげ

368 :実習生さん:03/06/15 21:33 ID:1Gs8Hp1F
普段は、勉強なんてたいして役に立たないというのがコンセンサスなのに、
ゆとり教育の話になると「勉強は重要だから重要」と宗教モードに入るよな。

369 :実習生さん:03/06/15 22:06 ID:DmgusT+v
主張しているやつが違うだけだろ。

370 :実習生さん:03/06/15 22:18 ID:1Gs8Hp1F
いや、同じ。だから俺は、低学歴の決まり文句がでた時は、さりげなく
ゆとり教育の話を持ち出すことにしてる。そうすると、官僚批判と共に
矛盾した発言がすぐ飛び出すから。

371 :実習生さん:03/06/16 19:26 ID:Zbyw5uwO
学力の高い東大卒官僚が日本の中枢にいるおかげで、日本人が豊かな生活を
送ることができていることを、メディアは国民に伝える責任があると思う。

372 :実習生さん:03/06/16 20:09 ID:UXNGuVBl
>>371
かつては、ある程度それが言えたけど・・・
かつては成長に伴う弱いインフレだったから、
借金の返済を先送りした方がよかったけど、
現代はそうではない。

先送りすればするほど、傷は大きくなる。
ところが、官僚や行政機関は
前例踏襲のスタイルを改めない。

確実に言えるのは、
上層部はこれまでのスタイルを変えない
つまりダメダメだね・・・。

373 :受験番号774:03/06/16 20:23 ID:dQQQzYQO
がくりょくってなんでつか


374 :実習生さん:03/06/16 21:08 ID:RfeSaEsB
東大卒でこれだから
東大以外卒ならもっとひどくなっていただろう。

375 :実習生さん:03/06/22 20:58 ID:CxqVGhAl
日本はちょっと成長しすぎた 膨張しすぎた
一遍全部崩壊しちゃって一からやり直せば良いと時たま思う事がある
大企業も国立大学も皆解体
昭和20年のあの焦土からの復活を再現する
結構爽快ではなかろうか

376 ::03/06/23 13:22 ID:oHAEWsqK
以前話題になった753問題について
荒川区の調査結果

http://www.city.arakawa.tokyo.jp/9/STUDY/shidoshitsu/3.htm

表13 「質問項目『教科などの授業がわかっているかどうか』」
教 科 小 学 校 中学校
          小3 小4 小5 小6 平均 中1 中2 中3 平均
国 語       57.5 56.3 62.6 55.6 58 45.1 43.7 53.8 47.4
算 数/数 学 78.8 70.6 64.3 65.4 69.6 44.3 42.5 45.3 44.2
英 語                   - - 41.3 32.7 40.8 38.4

○小学校は「算数がわかる」という児童が70%、国語も60%弱である。
中学校では、授業がわかるという生徒が45%以下である。
   
国語は、小学校では60%弱わかっていると回答している。しかし、中学校では45%に低下する。
受験教科としては苦手意識が少ないためか、中学校第3学年では、再び10%近く増加する。

小学校の算数は「わかる」と感じている割合が約70%と高く特徴的である。
この「授業がわかる」という実感についても、習熟度別学習の児童の情意面での高まりに関する各種の報告内容と一致しており、
一定の成果が認められる。

しかし、好感度と同様に、中学校では45%弱に低下し、わかると感じている割合は国語と数学が逆転し、
国語の方が高くなる。

英語は、第1学年、第3学年では4割、第2学年では3割強しか、わかると回答しておらず、どの学年、
どの教科と比べても最低となっている。


377 :実習生さん:03/06/23 18:28 ID:QZUxKjv7
全ての科目に於いて、中学二年のところが落ち込んでいるのが不思議だな。
いわゆる、中だるみなのかなー。

378 ::03/06/23 22:21 ID:K0wUVeJe
>>377
そうじゃなくって、中2までさがりつづけて、受験がある中三は上がると考えた方が無難

379 :実習生さん:03/06/23 22:46 ID:K9aSqVcC
英語数学はともかく、国語力の低下は深刻だな
IT教育も義務教育のレベルではマウスを使ったお絵かきかインターネット
あとはワープロに毛が生えた程度のワードだもんな

380 :実習生さん:03/06/24 22:03 ID:023oXOZA
いまの日本で情報教育っていうとさ、電子的なものをすぐに思いうかべるけど、
実は図書館を使いこなすことなんていうのも十分な情報教育だよな。
というか、「情報を使いこなす」っていうことが軸であって、
PCの操作とかそんなのは単なる手段に過ぎないんだよな。

だからこのままのIT教育を続けても、
単なるオペレータが量産されていくだけだろ。

381 :実習生さん:03/06/24 22:53 ID:VPfsP52y
>>380
「ゆとり教育」の狙いは、二極分化。
低レベルの大多数が「単なるオペレータ量産」になれば
めでたしめでたし。

何か問題でも?

382 :1:03/06/27 18:14 ID:wATBkxLh
ちなみに私がスレ主です。
378=1ではないので注意して下さい。
>>378 1の名を語るのはおやめ下さい。

383 :実習生さん:03/06/27 18:15 ID:oXEpIDnB
匿名なんだし、騙ろうが騙られようが、どうでもよくない?

384 :実習生さん:03/06/27 21:22 ID:+qHYZsAf
>>381
別にゆとり教育のことは言ってないじゃんw

>>380
学校でやってる情報関係の授業なんてほとんどが駄目駄目。
そんなもんに期待するほうが間違いかもね。

385 :実習生さん:03/06/29 18:50 ID:sSTRE6dm
 >情報の授業
多少パソコンをさわれる程度-をめざしているんじゃないのか。


386 :実習生さん:03/06/30 19:33 ID:whc8ubTV
学力低下、って言われてる今の学生達は
それ聞いてどう思ってるの?

例「別にいいじゃん?」
 「私は優秀です!」
 「先生の教え方がヘタで」
 「勉強する時間がない」

降臨キボンヌ

387 :現役高校生:03/06/30 19:45 ID:HhTNNHZ7
学力低下の直接的な原因が見えてこないので何とも言えない。

388 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

389 :実習生さん:03/07/02 08:27 ID:/rFGoZ8v
>>345
確かに高卒が一流企業に入れるのはまちがいではないが、
入ってからは学歴のあるものが勝ち組となるのだ。

390 :実習生さん:03/07/02 08:31 ID:3cukmI5Y
>>387
主原因は国語力の低下です。

391 :山崎 渉:03/07/12 17:02 ID:Qi1OAblH

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

392 :キャサリン:03/07/12 17:09 ID:0pp/GGFW
みんなの言っているのは、結果ばかりですが、
死ぬまで勉強していいよ ! 幾つになっても勉強は本人の為、
必ずや良いことあります。有りました・・・。

393 :山崎 渉:03/07/15 12:14 ID:IC6L0HtB

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

394 :実習生さん:03/07/15 19:52 ID:CbCeVhEt
とりあえず国語力が下がるのはほっとけないな。
どうすればいいんだろう?

395 :実習生さん:03/07/17 01:22 ID:KOmgzZPA
本を読む。

396 :実習生さん:03/07/19 08:56 ID:627vBgSi
なるほろ

397 :はまたん:03/07/19 09:48 ID:Uq+jEDQO
個人一人ひとりが、自助努力するのみだと思うがどうだ?そこから道が開けるのでは?

398 :実習生さん:03/07/19 11:24 ID:69YHgl3m
その道を開いてやるのが教師の役割なのだが
それができる教師は数えるほどしかいないだろう。

399 :はまたん:03/07/19 12:15 ID:Uq+jEDQO
そのとうり!!教えるのが教師の仕事と勘違いしている人のいかに多いことか??

400 :実習生さん:03/07/19 15:01 ID:i8pXgdBS
盗撮容疑で日本共○党職員逮捕、パソコンに600人分

新潟県警生活安全企画課と新潟中央署は13日、
女性のスカートの中を盗撮していたとして新潟市○尾台、
日本共産党同市○会議員団事○局職員、吉○智○容疑者(29)を
県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで逮捕した。
今年7月以降に撮影されたとみられる約600人分、
計2500枚の盗撮画像が入力されたパソコンなどが、
自宅から押収された。
調べによると吉○容疑者は先月17日から同20日にかけて、
女性4人のスカート内を盗撮した疑い。
同20日午後6時ごろ、同市内の書店で、小型のデジタルカメラで
撮影していたところを店員に見つかり、110番通報で駆けつけた
同署員に取り押さえられた。
吉○容疑者は、同党の新潟地区委員会に今年1月採用され、
同議員団事務局で働いていた。


401 :実習生さん:03/07/19 15:02 ID:FcThrkid
下校中の小2にわいせつ行為、共○党地区委職員逮捕

浦和署は14日、埼玉県越谷市、共産党埼○東部南地区委○会職員高○博○容疑者(26)
をわいせつ目的略取、強制わいせつなどの疑いで逮捕した。
調べでは、高○容疑者は先月28日午後3時ごろ、さいたま市内の路上で、
下校途中の小学2年の女児(7)を無理やりワゴン車の中に連れ込み、
手足を粘着テープで縛ったうえ、約30分間、わいせつな行為をした疑い。
高○容疑者は実在する教諭の名前を挙げて「先生に会いに行くから小学校への
道を教えて」などと近づいた。
調べに対し、容疑を認めているという。
高○容疑者は、同地区委員会で赤旗新聞の配達、集金管理を担当している。
高○容疑者は約1時間前にも、近くの路上で小学1年の女児(6)を
同じ手口で車内に連れ込もうとしたが、同級生の母親が通りかかったため、逃げた。
この母親が車のナンバーを控えていた。


402 :実習生さん:03/07/19 15:02 ID:FcThrkid
〜日本○産党の不正投票大量発覚事件〜特別緊急告発世界の恥企画〜                     

一人暮らしの寝たきりの老人から投票所入場券を騙し取り、

のこのこと投票所に行ったはいいが、受付での照合でたまたま担当者が

入場券の持ち主の知り合いだったため替え玉投票が発覚した。
    
狂産党ってむちゃくちゃでんがな!!!





403 :実習生さん:03/07/19 15:03 ID:FcThrkid

          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          || 共産党はヴァカ    Λ_Λ わかりましたね!
          ||       \ (゜∀゜*)
          ||________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  ( ゜∀∧ ∧ ( ゜∀∧ ∧ ( ゜∀∧ ∧ .|      |
〜(_( ゜∀∧ ∧ __( ゜∀∧ ∧__( ゜∀∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_( ゜∀∧ ∧_( ゜∀∧ ∧_( ゜∀∧ ∧  あーひゃひゃひゃひゃひゃひゃ
     〜(_( ゜∀゜,)〜(_( ゜∀゜,)〜(_( ゜∀゜,)  ひひゃひゃひひゃひゃひゃ
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ  ひゃひひゃひひゃひひゃ
    



404 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

405 :チチョリーナ3世:03/07/20 07:38 ID:HuUKi/RU
 学力低下って本当に問題なのかと思う。

 昔は、「優秀な労働力を社会に輩出する。」との役割を学校が担っていましたが、
単純作業は機械がやる時代で、平均を上げる必要が無くなった。

 「将来、コアとなる人材の能力さえ確保しておけば十分。」との国の考え
 実際に、進学校には「ゆとり教育」なんて無い。

 私学への補助金の削減、公立大の独立化と大学の数は減少していくので、
大学生の門は狭くなります。(ただし、学生1人の当りの補助金は増え、設備は充実する。)

 馬鹿と貧乏人は「公立」言って「ゆとり教育」に溺れ大学に行くなということだ。

 日本も階級社会に突入したのさ。

406 :実習生さん:03/07/20 10:46 ID:QfMwQ9i3
カフェタイム!! リベラストの為の教養講座
**************************************
          社民党党首
          土井たか子(李高順=イ・コジュン)

土井たか子(李高順=イ・コジュン)は西宮の朝鮮人部落の出身(両親共に朝鮮人)
で、後に朝鮮国籍から日本へ帰化しました。
戸籍に今も記載されている事実です。 社民党関係者は全員がもちろん知っており、
地元の兵庫7区でも多くの有権者が知っているようです。
『祖国のために政治家になりたい』と言って日本に帰化したそうです。
土井たか子の親族(甥、姪)が平城に住んでおり朝鮮労働党の幹部となって
いることもあって、北朝鮮の信任が最も厚い政治家です。

407 :実習生さん:03/07/20 11:06 ID:V9bmmR42
本当は学力は低下していません。


世界と比較して日本が低いのは、家庭での学習時間です。
よ〜く調べたら低下していない事が分かりますよ。



408 :実習生さん:03/07/20 11:33 ID:B1+pFjzN
>>407
詳しいソースをお願いしたいのですが?

確かに、OECDの調査では、国際的には別に低くないことはもうわかっている。

>世界と比較して日本が低いのは、家庭での学習時間です。

これも、諸外国と日本の「勉強」の中身が同じなのか? 違うのか? についてすら、
実は、我々は知ることができない。単純に比較してよいものか?
例えば、海外でも日本的学習習慣であるドリル・問題集の類が使われているのか?
すらわからないままに論じている訳で。

要するに、青少年(日本人)の知力が低下しているんじゃないか? という不安を
誰しもが持っているところに、パファーマンス好きな学者・評論家がしゃしゃり出
てきて大騒ぎになっているんだよね。

409 :実習生さん:03/07/23 21:17 ID:jVt3hvTQ
今日、成立した「少子化対策法」だけど、知らぬ間に「ゆとり教育」が明文化されている。
ゆとり教育は国や自治体の「義務」になりますた。

<少子化法>参院本会議で成立 出産への国の関与を打ち出す(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030723-00003016-mai-pol

出所:参議院HP
http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g15101053.htm

(ゆとりのある教育の推進等)
 第十四条 国及び地方公共団体は、子どもを生み育てる者の教育に関する心理的な
       負担を軽減するため、教育の内容及び方法の改善及び充実、入学者の
       選抜方法の改善等によりゆとりのある学校教育の実現が図られるよう
       必要な施策を講ずるとともに、(以下省略)

410 :実習生さん:03/07/31 08:16 ID:ostXRrZX
大学生としての自覚が皆無な連中が、馬鹿発言を繰り返しています。
若し御暇でしたら覗いて見て下さい。(大学生活板のスレッド)

【試験、そして】◆学習院第21すれっど◆【夏休み】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/campus/1058010757/l50

411 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 04:11 ID:Fa7UgnAZ
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

412 :山崎 渉:03/08/15 22:00 ID:4oXJXRHA
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

413 :1:03/08/22 01:22 ID:AEYPVejd
「料理の本」のための本
が出るくらいだからな。



414 :実習生さん:03/08/23 21:11 ID:tC50TA8S
最も学力低下が激しいのは公立中学ですね。



415 :実習生さん:03/08/24 10:53 ID:oMR/d4tc
「学力低下して何が問題?」よりコピペ。

今まで出てきている主な学力調査は、次のとおり。

・西村和雄「分数ができない大学生」調査
→一度しか調査していないので、比較できない。
・河合塾学力調査
→95から99年で、少子化による受験の簡単化+不況による高卒の就職難による低レベル生徒の受験参加により低下は十分に考えられる。
・東大工学部学力調査
→大学二年になってからの調査だから大学教育の責任も入ってくる。+東大そのもののレベルの低下(東大離れ、理系離れ)が影響している可能性大
・苅谷剛彦グループの学力調査
→調査地域が同和地区だから全国に一般化できない。しかも学力低下論者はこの事隠しているし。教育環境が十年ほどで状況が大きく変化している可能性もある。

どれも、「ゆとり教育が元凶で学力が低下した」とはいえません。
小中学校は、低下していたとしても5%程度でしょ。
深刻なのは、高校、大学受験でないかな?少子化しているから皆勉強しなくなっている。


http://home.m05.itscom.net/kashi/

416 :実習生さん:03/08/24 14:09 ID:xNzJyRFF
>>415
ゆとり教育賛成派の典型的な意見だけど。

学力調査が正当性に欠けるのは確かだが、「学力低下してない」という
テータもないし、ましてや「生きる力」がついたというデータは全くない(計り
ようがない)。
また、「小中学校は、低下していたとしても5%程度」「少子化しているから
皆勉強しなくなっている」という意見も、データはない。

その人に限らないけれど、高校以下の教師が「問題は大学入試にある」と
いえば、いまだに免罪されるのだなw

417 :1:03/08/25 00:20 ID:7fC1EpmX
>>414
公立中学以前に公立小学校だろ

418 :実習生さん:03/08/25 00:25 ID:xifftFiz
>>416
よく嫁。元ネタのサイトの人間は、別に「ゆとり教育」に賛成している訳ではない。

419 :実習生さん:03/08/25 04:55 ID:aWUgcQTb
>>418
おまえ論点ずれすぎ

420 :実習生さん:03/08/25 15:58 ID:SnNzPs0t
>>416
>その人に限らないけれど、高校以下の教師が「問題は大学入試にある」と
>いえば、いまだに免罪されるのだなw

そりゃそうでしょ。
大学受験のための高校受験、高校受験のための小中教育というところがあった。
つまり、大学受験は、小学校にまで影響を与えている。
しかし、最近は昔に比べて大学受験の影響力が低下している(とおもわれる)。
そうすると、小中の教育にも影響が及ぶことになる。

これは、子どもよりも、むしろ親←社会の変化ではないかとおもう。


421 :実習生さん:03/08/25 22:22 ID:aWUgcQTb
>>420
大学(高校)受験のプレッシャーの中で、高校(中学)の
教師は何をすべきなのか、ということが教師や教育学者
から見えてこないと言うことです。

>そりゃそうでしょ。
「受験が問題」というだけで、現場の教師が免罪されている
状況を不思議と感じない鈍感が、公教育の場で普通に存在
するのは、奇妙な話です。

422 :実習生さん:03/08/26 13:51 ID:CjOz0DgX
>>421
教員が生徒指導や雑務で非常に大変なのに、
親や子が受験指導を求めている→受験で点が取れるように教科書どおりの内容をやる
ということは平均してやっているのではないか。(例外はあるだろうが)
とすれば、教員がやらなければならなかったこととは何なのだろう。
どうも、教員に過大な負担が課せられているような気がしてならない。

423 :実習生さん:03/08/26 18:07 ID:xYQqRMY5
>>422
>教員が生徒指導や雑務で非常に大変なのに、
というのもワンパターンの免罪符。

>教員がやらなければならなかったこととは何なのだろう。

端的に言うと、時代の変化に対応すること。

調査の妥当性はともかく、「分数ができない大学生」は、
「分数ができない高卒」なのだから、(中学)高校の問題でもある。

学力低下論争ではなぜか「分数ができない生徒を卒業させている」
点はスルーされているが、当事者意識が欠けてないか。

424 :実習生さん:03/08/26 18:17 ID:SyFtQwX1
分数できないのは、高校受験とーらねーだろ。

425 :実習生さん:03/08/26 18:19 ID:Ea8V+/SU
>>423
>教員が生徒指導や雑務で非常に大変なのに、
というのもワンパターンの免罪符。

教師はバカ真面目だからいい加減に気が付かないとな。
生徒指導いくら一生懸命やっても、所詮学力あげなきゃ文句言われる。
いい加減世間のニーズを読みとらないとな。
「生徒指導が大変」って免罪符だと思われるならいっそのこと
生徒指導やめてみれば?どんな日本になるかなったとき気が付くだろうよ。
手遅れだろうけど。


426 :愛知県民:03/08/26 18:23 ID:Gz6VAR9G
>「分数ができない高卒」なのだから、(中学)高校の問題でもある。

はあ?


427 :愛知県民:03/08/26 18:25 ID:Gz6VAR9G
>生徒指導いくら一生懸命やっても、所詮学力あげなきゃ文句言われる。

生徒指導で手一杯だから学習指導まで手がまわらない、が教師のおきまりの反論。
学校は生徒指導の場であって、勉強する場じゃないんだと。
勉強するなら塾に行け、が教師間では常識らしい。

428 :実習生さん:03/08/26 19:36 ID:UT/PXFmO
>>423
>端的に言うと、時代の変化に対応すること。

何それ。具体的に言え、
>>422
の答えになってねーよ。

429 :実習生さん:03/08/26 19:39 ID:/KzPtqPe
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/campus/1061877735/l50

大学生活板で、大学生・大学院生の童貞率&処女率を調査しております。
アンケートのご協力お願いします。

430 :実習生さん:03/08/26 19:46 ID:pTiv5WPn
べつにゆとりでいいよ

低脳はもっと堕落しないと、
欧米並にホームレスも増えて、かつ
ホームレスが字を読めないようにならないと
日本もまだまだ。
なんでやる気も能力もないDQNに勉強させなきゃならんの?
べつにエリートの子供は低下してないよ
学校の比重が減ったからむしろ塾行って学力上がってる
暇が増えて無能になったんなら自分&親が無能ってことだろ?
それでいいじゃん、平等じゃん


431 :sage:03/08/27 00:37 ID:zkGGIYie
75■■      エリート  国1 アクチュアリー 弁護士など
70■■      国立の七科目対応できるのもここくらいまで
65■■■     マーチレベル 一流企業にもぐりこめるのもここくらいまで 
60■■■■■■■■何とか生活できればいいやレベル 
55■■■■■■  中小の地上の星
50■■■■■■     何の特徴もないけど学歴こんぷ
45■■■■■■■■   中小でリストラ対象
40■■■■■■■■■■ Fランクで特権意識
35■■■■       専門卒でプログラマーやフリーター
30■■■■       ハケンかホームレス
25■■         終わってる会話ができないドキュン


自然と将来が決まっちゃうよね。
一部のエリートがドキュンを搾取すればドキュンは勉強しなくていいよ。


432 :実習生さん:03/08/27 17:48 ID:dSrvz/CY
>>431
正論だが、エリートに搾取されるべきDQNにも一定の品質が要求される。
このままでは搾取どころか、DQNがエリートの足枷となり、両方とも沈没する。
一流国立大学教授をはじめ、有識者がこれほど学力低下に警鐘を鳴らしている
本当の理由はここにあるのだ。

433 :実習生さん:03/08/27 18:33 ID:c9ysthq3
>>432
要するに、奴隷が働きを怠ると、
主人は困ると言うことか。


434 :実習生さん:03/08/27 22:35 ID:xXHdfm3K
>>432
いや、ほんとの理由はDQNの低下じゃなくて、
上三行の低下でしょ。

企業としては、旧帝ならたまにDQNはいても幹部候補として使える、
マーチだったら、まあ普通に兵隊さんになってくれるってレベルじゃ
ないと困るんだよなあ。

435 :実習生さん:03/08/29 03:20 ID:u2xoTTNs
   

436 :実習生さん:03/08/29 04:29 ID:sT1umhQ9
ま、とにかく皆が勉強しないということは、ウチの子には有利ということだ。
頑張らせよう。
まだ3歳だけど。


437 :実習生さん:03/08/29 05:50 ID:Ca/BhdSd
>>375
敗戦で全てチャラになったというのは間違いだよ。
大企業も国立大学も国の経済政策も、戦前に温められていたものが
戦後に開花できたからこそ急激に復興できたんだから。
占領下の日本に大学を作ろうとしたアメリカの調査団は帝國大學のレベルの高さに驚いて
日本に無かったタイプのリベラル・アーツの大学(ICU)を設立することにした。
今でもICUでは「暗記型の教育が全て悪いわけではない」と教えている。
戦前から続く教育の形も悪いものではなかったわけだ。

80年代にイギリスのサッチャー政権が教育レベルの向上のために日本に調査団派遣したのを
知ってる人は殆どいないのかな?
予備校なんかを主に調査してたみたいだけどね。
日本はあまりにも詰め込み型教育を極端に否定しすぎじゃない?

438 :実習生さん:03/08/29 07:15 ID:JZ5dzg9v
べつにゆとりでいいよ

低脳はもっと堕落しないと、
欧米並にホームレスも増えて、かつ
ホームレスが字を読めないようにならないと
日本もまだまだ。
なんでやる気も能力もないDQNに勉強させなきゃならんの?
べつにエリートの子供は低下してないよ
学校の比重が減ったからむしろ塾行って学力上がってる
暇が増えて無能になったんなら自分&親が無能ってことだろ?
それでいいじゃん、平等じゃん


439 :実習生さん:03/08/29 08:10 ID:iwGDWd89
>>438
犯罪が増えるのだけは勘弁。
それに東大生も含め学力低下してる。
国際競争に勝てない。

440 :実習生さん:03/08/29 16:19 ID:tJzstWx5

「学力低下」も問題だけど、特に1980年生まれ以降は
社会の暗黙のルールを全く理解できてないヤツが多い。
そっちの方が大問題だと思う。


441 :実習生さん:03/08/29 17:40 ID:ZH4EV+WM
学力低下を確実に解決出来る方法



春夏冬休みを半分にすれば解決できますけど


どうしてこんな簡単な事が分からないのかねぇ
そのうちに日本も先進諸国から脱落しちゃうよ!





442 :実習生さん:03/08/29 19:20 ID:6ucRMe0C
>>441
うちの高校では現実1/3ですけど…。
むしろ、夏の補習の方が授業よりハードだな。

昔はハード面でも学校の方が学ぶ環境として快適だったし、
ソフト面では、あれだけの本や知識があるところは学校しかなかった。

しかし、現在ではハード面では社会から完全に遅れをとり
(公の建物で、エアコンすら無いのは学校ぐらい)
情報手段の発達により、ソフト面での優位性は失われた。
まして、最近は大人すら読書習慣がない者が多数派。

更に、子供からすれば、
学校が最も自分の行動を制限される空間になっている。

学校の位置づけも変わる罠。



443 :実習生さん:03/08/29 20:45 ID:GTWOkDEs
>>441
あの〜 もう1.5流くらいに落ちちゃっているんですけど・・・

解の公式も古文も一生使わないでも困らない人には、
実感ないでしょうけど・・・

444 :1:03/08/29 23:22 ID:35zWLxNx
>>441
指導要領について調べてみたけっか、年間授業時間は
戦後、一番長かったときが1180時間、現指導要領は980時間
つまり200時間も短い。
1日6時間授業だと計算しても、33日分少ない。
1ヶ月以上も少ないんだから学力低下するのも当然だな

445 :実習生さん:03/08/30 05:39 ID:kQsTSt8g
>>440
>社会の暗黙のルールを全く理解できてないヤツ

禿しく同意。日本語が通じないんだよ。
今の先生方は本当にお気の毒。先生が心の病に罹ってしまわれるのも当然だ。


446 :実習生さん:03/08/30 08:06 ID:yXsbB8xr
学力をどうして上げたいの?子供の学力低下してるっていうけど
大人のモラル低下、人間性の低下。こっちのほうが危なくない?
いくら勉強できても危険な奴いっぱい、これはどうするの?

447 :実習生さん:03/08/30 08:11 ID:CkK/P7Pz
>>446
大人のモラルも重大な問題だけど、
ここは、学校教育の話なんだから。


大人のモラルは、
本来値段をつけるべきでないものにまで
値段をつけたことから低下しているよう思われる。

お金が、価値の最上位にきているのが現状。
これがより先鋭的になって、
子供の考え方をスポイルしている。


448 :実習生さん:03/08/30 10:00 ID:LR0xXy45
テレビである人が、
「画一的教育は人の創造性を育まない」
と言っていたが、本当だろうか?

創造の手段となる知識は、体系的にまとめ偏差値で管理して、
効率的な大量生産型で広く子供たちの頭に叩き込んだ方が、
子供たちの将来の創造性を大きく伸ばすことになる・・・と思うが。

「画一的教育」が何を指す言葉だったのか・・・。

449 ::03/08/30 21:57 ID:mSxDtXl6

>「画一的教育は人の創造性を育まない」
>創造の手段となる知識は、体系的にまとめ偏差値で管理して、
>効率的な大量生産型で広く子供たちの頭に叩き込んだ方が、
>子供たちの将来の創造性を大きく伸ばすことになる

まあ必要条件ではあるな。
「画一的で」良くないというけど、こういうとすぐ「学校や地域が特色のある教育を・・・」
とつながっていくわけだが、「特色ある」と、「奇抜」、「場当たり的」とはまた別問題なんだよね。



450 :第三の道を考えよう:03/09/01 20:58 ID:Y5ycwgu1
http://www.edu-kana.com/center/newspaper/0307/y704.htm

451 :実習生さん:03/09/01 21:46 ID:xZ207NOz
マルチ ウザい

452 :実習生さん:03/09/01 22:58 ID:UQ/8G041
↑ブラクラ 有害

453 :実習生さん:03/09/02 07:31 ID:4caqCM8K
アメリカが恐れた「均質化された優秀な労働力」、
すなわち中間層が、「ゆとり教育」のおかげで、日本からいなくなろうとしている訳で、
あんまり、私立優遇・教育産業バンザイの政策やってると、
文科省のお偉いさんも、天下り先は確保できても、甘い汁をすうための、
搾取対象たる層が、いなくなっちゃいますが…。
国家戦略たる教育を、「ゆとり教育」の名のもとに、
義務教育の段階から「民間」に任せようとしているのは、
現在では日本だけだと思いますがね。

454 :実習生さん:03/09/02 07:42 ID:3nujhcuo
だからさー、国民に学力があるほうが単純に国力が大きいんだよ。
学力の衰退は国力の衰退と同じ。ひいては国の存亡にかかわる。
日本はせっかくの一流国の名を捨てようとしてるんだよ。

455 :実習生さん:03/09/02 11:44 ID:t3Eb0J7z
けど国の方針転換だけでどうにかなる時代じゃないのよね

「教育」とかにポリシーもって子供を育ててる人がどれだけいる?

ゆとりができたんなら親&自分がなんでもやりゃあいいじゃない

456 :実習生さん:03/09/02 21:53 ID:nJUiVbfj
学力低下の問題を語る際には、
教育環境の違いをチェックする必要がありますよね。
欧米には、わが国で大繁盛の「ジャパニーズ・ジュク」のようなものは、ありませんよね。
実際、ドリル学習や特製教材の謳い文句で、どの学習塾も実績を上げてきたと思います。
ただ、小学校での漢字の書き取りの習得のようなものには、非常に有効だと思いますが、
このやり方が全ての教科に広がり、中学や高校レベルの学習、
さらには大学入試でもこの延長線上にあるのが、日本の特徴のように思えます。
アメリカではダブル・スクールのための、専門学校のようなものは繁盛していますが、
拝金主義の米において、「ジャパニーズ・ジュク」のような市場が大きくなっていないのは、
ある意味、不思議です。

457 :実習生さん:03/09/02 22:16 ID:ye9VvIY0
>>456
>欧米には、わが国で大繁盛の「ジャパニーズ・ジュク」のようなものは、ありませんよね。
アジア的現象みたいですね。アメリカでも、東洋系社会には、有名大進学のための
進学向けダブルスクールがあると聞いた。

>さらには大学入試でもこの延長線上にあるのが、日本の特徴のように思えます。
それが謎なんだけど、海外にはこういう学習スタイルは存在しないのですか?
学力低下論者はしきりに「日本の子どもの勉強時間が減っている」とアジるけど、
海外ではどんな「勉強」をしているかはほとんど伝えないからなあ。
授業時間や勉強時間といったデータばかり比較して、実際はどんなことをやっているかも知らせずに、
「日本人は勉強しない。けしからん」と言われても・・・。

>拝金主義の米において、「ジャパニーズ・ジュク」のような市場が大きくなっていないのは、
>ある意味、不思議です。
日本では、自力で勉強できそうな有名校の連中まで、塾・予備校通いをする。という
謎もあるね。ああいう学校は意外と受験対策をしないから、外に行くのだろうけれど、
それにしても不思議でならない。

458 :実習生さん:03/09/02 23:36 ID:0TBnS0jd
457さん、確かに、日本以外でもアジア圏には「塾」があるようですね。
韓国はかなり前から、日本の塾と同じようなシステムがありましたが、
最近では、中国にもその傾向が出てきつつあるとの話を聞きました。
とりあえず、ハイソの中に入ろうと思えば、大卒であることは必須でしょうから、
その点から、日本と韓国との類似点をみると、やはり、
エリートへの道筋と世間一般から認識されている大学の、
入試のハードルが高いという点がポイントのひとつのような気がします。
ただ、同時に両国とも就学率が高いため、そういった大学でも受験者が多く、
その中で、テストを行えば、自然とドリル学習で習得できるような問題、
また、別の見方をすれば採点が容易な内容の問題が中心にならざるを得ないと思います。
要するに対策が立てやすい問題が出題されるということですね。
日本や韓国で「受験産業大繁盛!」なのはその辺りが理由ではと考えます。
また、よく言われるように「入学=卒業」になっているところが、日本の大学の場合問題でしょうね。



を受験する人間が多く、
どうしても、

459 :457:03/09/03 00:58 ID:I8Hb5jfu
>>458
>要するに対策が立てやすい問題が出題されるということですね。

大衆受験社会でみんなが「勉強」をするようになると、見掛けの得点力や知識量とは
裏腹に、「学力」にはかえって下がる側面があると思いますよ。

「学力低下」に大学の人間がとくに手を焼くようになったのは、私の記憶では、80
年代以降のことで、つまりは共通一次(センター)以降だったと思います。
大学総定員が増え進学率が上昇し、大学序列化も完了し、受験の大衆化が完成した
時代ですね。はっきり言えば、受験勉強ができるだけで、来なくていい人が来るようになった時代です。

460 :457:03/09/03 00:59 ID:I8Hb5jfu
当時は、「受験勉強の弊害では?(受験以外のことを知らないからでは?)」とい
うニュアンスだったと思う。
現在は逆転して、「とにかく勉強しなさい」という論調になり、受験もいつのまに
か全面(に近く)肯定されています。
戸瀬信之や西村和雄などは、「アメリカにも大学受験競争はある」という大演説を
各所でぶっているそうですよ。

結論から言ってしまうと、少なくとも大学生の「学力低下」については、文教政策
(大学進学率を高め杉)と労働政策(大学進学以外の職業コースを未整備)の失敗
ですよ。それにプラスして、一般家庭の学歴ルートへの過度な期待の持ち杉ですね。

461 :457:03/09/03 01:09 ID:I8Hb5jfu
第三点に限れば、非エリート層や地方在住者にとっては、リアルで切実な問題でも
あり、好悪どちらともいえませんけどね。

「ゆとり教育」下で、公立小中で基礎基本が徹底されていないのでは? という問
題については、私は語る資格を持ちません。
しかし、小子化とはいえ、それなりに受験勉強してきたはずの、ある程度の上位層の
大学の「学力低下」については、紛れもなく大衆受験社会の弊害だと思います。

みんなに「勉強」を呼びかけ、大衆受験社会の再来で学力低下を防ごうという学力低下
論者の戦略は、彼らが批判するゆとり教育と同じく、すでに破綻しているとしか思えません。

こういうことを書くと、ゆとり信者にされてしまうんだよなあ(w 

462 :実習生さん:03/09/03 01:34 ID:e1WZdN7o
>>457
共通一次そのものの弊害なのでは?
80年代前半の新聞などを見ると、共通一次前後で
学生の質が激変した様子が報道されています。

その当時の実感とかけ離れている >>459-460 に意見は
結論を急ぎすぎているように思います。

エリート層に限定するなら、地方国立大のための共通一次に
帝大クラスまで参加させたのは間違いだったと思いますよ。

463 :457:03/09/03 03:48 ID:lnQQt4mZ
>>462
>その当時の実感とかけ離れている >>459-460 に意見は
>結論を急ぎすぎているように思います。

かけ離れていますか? 記憶だけで先走ったもので・・・。

私は、学生の「学力低下」は、大衆受験社会のマイナス面の表出だと思っているのですよ。

個人的実感として、進学校の実態などを見聞きすると、広範囲に「(受験)勉強」を呼
びかけて、いったいなんの意味があるのか? と考え込んでしまうんですよね。
上を見れば、やたら院生が増えていることも恐ろしいですね。

それ以外の小中高の問題となると、ちょっとわからない。

464 :実習生さん:03/09/03 20:06 ID:XwHW9Pxp
>>458
韓国って、塾が解禁になったの最近でなかった?

465 :最も聡明で最も美しい若者たちが、、、 :03/09/03 21:55 ID:X78xMcwx
甘ったれた形容詞を羅列した、自己陶酔の遺書を書かされ、ボロ飛行機に放り込まれ、
覚醒剤を打たれ、殆ど命中しない体当たり作戦に利用される神風特攻隊の若者たち、
その特攻の報復空襲で焼き殺される特攻隊員の家族と美しい故郷と何十万という市井の人々。
何という無残で情けない特攻パシリ男たちだろう。
あの時代にも総てをかけ凄まじい弾圧に耐え侵略強盗阻止の反戦を戦い抜いた
最も聡明で最も美しい若者たちがこの日本に確かに存在したのだ。
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/ima%20tawara.html
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~pms/jigyo/Ko_tokyo.htm
単細胞で無責任な皇軍兵士たちの犬死の「お陰」で今、この狂った日本がある。
年間2兆円の恩給利権、5兆円の防衛利権、選挙の票田と化した靖国利権参拝。
防衛、金融、建設、宇宙などに注ぎ込まれる巨大な利権の狂乱のなかで
今尚、アジア各地に放置されたままの100万体を越える彼らの遺骨。
「侵略強盗殺人犯罪への判決という慰霊」も受けない「骸骨」のまま捨て置かれているのだ。
何という無残で情けない昭和パシリ男達だったのだろう。
あの時代にも総てをかけ凄まじい弾圧に耐え侵略強盗阻止の反戦を戦い抜いた
最も聡明で最も美しい若者たちがこの日本に確かに存在したのだ。
(参考文献)
『戦史叢書 本土決戦準備』1,2、本土方面海軍作戦。各・防衛庁防衛研究所戦史室。
『聞き書き ある憲兵の記録』朝日新聞山形支局 
『ねじ曲げられた桜―美意識と軍国主義』大貫恵美子
『ドキュメント神風』デニス・ウォーナー、ペギー・ウォーナー
『全体主義の起源1・2・3』H.アーレント
『JAPANESE AIR POWER−米国戦略爆撃調査団報告/日本空軍の興亡』大谷内一夫訳・編


466 :奈良では:03/09/03 22:50 ID:8Cro0DRG
今年の奈良学、西大和は中学受験過熱のため、大量合格者がでました。
一クラス50人学級です。
公立高校は6年後の大学受験では惨敗でしょうね。

今年の中学受験では、昨年までなら、公立TOP高校に行くであろう
上位層が大量に中学受験しました。
その子たちは、男子なら東大寺、女子なら四天王寺を受けます。
その押さえに、西大和や奈良学園、帝塚山英数を受けます。

上位層の受験が多かったため、TOP中学の合格最低点があがります。
その結果、かなりできる層でも、TOPを落ちます。
2番手の中学では、これくらいできていればたぶん第一志望校に合格するという読みをし、
その子達は合格しても入学しないと判断します。

しかし、今年は異常でした。
上位の子が軒並み、TOP中学を落ちました。

結果、西大和や、奈良学に大量に入学者が発生したという事態になりました。

3年後に奈良高校や畝傍高校に上位で入る層がごっそり持って行かれたって感じです。


467 :頭痛 そして 目眩:03/09/03 23:52 ID:MDqGkx+6


>大学の「学力低下」については、紛れもなく大衆受験社会の弊害
>学生の「学力低下」は、大衆受験社会のマイナス面の表出

→ http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1059892003/38

468 :457 :03/09/04 00:07 ID:cmxLxfnv
>>466
奈良では、まさに私が危惧していた事態が起こってしまったようですね。

以前から、「新教育指導要領で、公立高が凋落する」という言論は危険だと思っていた。
彼らは「公立中の学習内容の中身は薄い。これでは高校で取り戻せない。中高
一貫の連中は、6年間、じっくり勉強する」と煽ってきた。

実のところ、例えば、高校時代の成績はイマイチでも、浪人して挽回する人も多いように、
これまでも学習の遅れ程度は取り戻している人は沢山いる。
もちろんダメな人も多いが、この差はつまるところ、潜在的能力の問題と言っていい。

469 :457:03/09/04 00:11 ID:cmxLxfnv
私は、「指導要領の薄さ」よりもむしろ、「公立中高危機」が過剰にアナウンスさ
れることで、そうした潜在能力のある人間が、私立に移動することこそが、公立高の
「凋落」をもたらすと考えてきた。
そもそも、そうした危機を煽る輩の素性を見れば・・・みなまでは言わぬ。

学力低下論者が、学力低下を警鐘したお陰で(!?)、公立中高が本当に低下してしまった!?
学力低下論のパラドックスが見事に露呈したと思う。

そうした大衆受験社会的発想がすでに限界を迎えていることは、例えば、有名大生の
退廃・無気力、既卒無業者の増加を見ればわかりそうなものだがね。

470 :実習生さん:03/09/04 00:39 ID:E3DIVL1c
195 :エリート街道さん :03/08/17 05:47 ID:XFHJ0Xsr
東大合格者が年に数人クラスの田舎公立出身者は、やたら鼻高々に己の才能を
自慢したがる奴が多い。はっきり言って非常にウザイ。

開成、筑駒、桜蔭、灘、ラ・サール等の東大合格者大量輩出校の出身者は、
中高でも自分より出来る奴がたくさんいる環境にあったからなのか、非常に
寛容でマターリした性格の人が多くて話しやすかったよ。

197 :エリート街道さん :03/08/17 10:44 ID:2NIWm+KW
頭の出来からいったら、開成筑駒灘→東大法>>>地方県立→東大法、
に決まってるだろ。勘違い度じゃ逆だけどな。

頭の良さは遺伝することは医者の間でも陰の通説。で、今時頭の良い奴は
首都圏か関西圏にいるから、その子供も出来が良いのは当然。

198 :エリート街道さん :03/08/17 10:49 ID:i9JwluFH
>>197
てか、中学受験を経験しとくと謙虚になれるし、脳みその回転率
はよくなるのは確かな気がする。

471 :実習生さん:03/09/04 07:02 ID:KIdOunHP
470さんは、その内容からして本物のT大生のご様子。
おそらく、それは同じT大生だからではありませんかね。
その他の大学出身者には、
「開成、筑駒、桜蔭、灘、ラ・サール→東大」であることを、
「鼻高々に己の才能を自慢したがる」のに変わりはないと思いますがね。
まあ、もちろん、そうでない人はいるでしょうがね。
その点については、地方の公立校出身者であろうがなかろうが、
個人の品格の問題でしょう。


472 :実習生さん:03/09/04 07:16 ID:h+LNSPUq
464さん、
「韓国って、塾が解禁になったの最近でなかった?」って、本当ですか?
ということは、産業の一分野である受験産業に国家が介入していたと言うことですよね。
興味があります。是非、情報ソースをお願いします。


473 :実習生さん:03/09/04 12:36 ID:JvbTi+FE
>>472
思い違いだった。


474 :実習生さん:03/09/14 16:16 ID:iJuvDulo
保全上げ

475 :実習生さん:03/09/14 16:30 ID:qFyDg5HN
今週号のアエラの表紙はモロ朝鮮顔。
プロゴルファー朴セリの朝鮮顔が表紙。
日本人と韓国人の形質のどこがどう違うのか、
違いがその場でマスターできる最高の出来栄えだ。


朴セリ
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2002/10/29/20021029000050.html

476 :実習生さん:03/09/19 05:48 ID:0i94hz2V
>>471
それは恐らく一般の人にはわからない世界なんでしょうね。
想像もしたことないでしょう?
エリートの世界では東大クラスは当たり前なので高校が問題なんですよ。

477 :実習生さん:03/09/19 06:01 ID:yjv4HZRm
>>456
一つには教える内容を共通化していて先生が一方的にそれを教えて
その習熟度(暗記度)をテストなどで測るという形式が東洋的なのでは?
それは塾でやるにはピッタリだと思います。

欧米の学校ってもっと少人数で先生と相互にコミュニケーションを取りながら
授業が進むし、教え方も先生によって大きく違うと思います。
その中でプレゼンテーションの力や議論で相手を納得させる力、
新しい視点を見出す力などを育んでるように思いますし、
それも評価の対象になっていて単純な暗記では成績が上がることが
無いんじゃないでしょうか?


478 :実習生さん:03/09/19 07:34 ID:plNVkJ3j
>>431
さらに細かく100、95、90、85、80,と20、15、10、5、0も頼む。

479 :実習生さん:03/09/19 20:36 ID:IXM+Vex+
>頭の良さは遺伝することは医者の間でも陰の通説。
それで精神科の医者って必ず少なくとも本人の学歴を聞いてくるんだ。それを基準にもともとの能力や生い立ちの多少を察するわけね。
という事は馬鹿も遺伝するってことなんだ。

480 :実習生さん:03/09/19 21:08 ID:zUTxDYUL
>>476
うん?だから、471は私立だろうが、公立だろうが、
結局は、その個人の人格というか、品位だと言ってるんじゃない?
476はどうも、私立有名校出身者ということを、
自分の存在価値の拠りどころにしちゃうタイプの人のようだね。
そういう人もいれば、しない人もいるということだよ。

君はまだ、学生みたいだからわかんないだろうけど、
出身大学の名は効果はあっても、
出身高校の名はシャバに出れば、あんまり意味ないことがわかるよ。

481 :1:03/09/19 21:59 ID:Kw/TVH6T
>>479
頭のいい親同士から生まれる子供でもっとも確率が高いのは、普通の子だって。


482 :実習生さん:03/09/19 23:03 ID:Qa/n7z7E
>>480
一般にはね。
エリートの世界は大学名なんて東大が当たり前だから違うの。
理解できんだろうね。

483 :実習生さん:03/09/19 23:28 ID:LWaekwmg
>>482
東大に出身高校別の派閥とかあんの?
 開○閥、筑○大附駒○閥、ナダ閥、○サール閥とか?
 東大のエリートさんが、出身高校ごときを支えにするレベルとは思いたくないが…。
 それが、マジならかなりショックだな。
 >>476>>482以外の方で、答えていただけませんかね?
 もし、そうだとすると日本の将来は暗いなぁ。

484 :実習生さん:03/09/19 23:48 ID:JsUKOHsD
>>483
少なくとも国家公務員のキャリア組は高校名気にするみたいです。
省庁によって違いはあるのかも知れませんが、そういう話はよく聞きますよ。

485 :実習生さん:03/09/19 23:53 ID:KFQlaPJr
>>484
ゲッ。
将来の日本を支えるべき東大の学生さん、
および、OB(OG)が、出身高校なんぞに拘泥するようでは、
まさにこの板、「日本の将来、お先真っ暗」ということか?


486 :実習生さん:03/09/19 23:56 ID:IjDhj8+8
>>483
ありますね。あるけど…
それがどうしたという程度のものです。
東大は全国区なのであらゆるところから来るので、
別に地方だからとかいうことでバカにされることはないです。

487 :実習生さん:03/09/20 00:02 ID:Rbc6+Yqu
>>485
大学がみんな東大の中では学歴といえばその辺りしかないということでは?
私立の進学校が圧倒的なわけだし、その中での序列はあまり無いと思いますよ。

488 :実習生さん:03/09/20 00:07 ID:3hCAlOJ7
>>486
 了解です。
 出身校ごとの同窓意識はあって当然だと判りますが、
 東大の学生さんの感覚が、>>476>>482のような人ばかりだと、
 ほんと、日本の将来どうなるのかと…。
 486さんのような、見方をされる人がいて安心しました。


489 :実習生さん:03/09/20 01:02 ID:09ASyEsQ
>>484
東大→官僚 程度の人間だと、高校くらいしか頼るところが
ないんでしょ。官僚なんて、グローバル・スタンダードじゃ、
二流の人間のやる仕事だし。

うちの周りは、東大京大が普通、阪大東北だと珍しいねー
みたいな状態だけど、国際レベルで活躍できているかどうかが
問題で、出身高校など問題外ですよ。アイビーや
オックスブリッジ相手に仕事してたら、日本の大学の偏差値
の違いなど話にもなりません。

まあ、>>476 じゃあ想像できない世界だろうけどね。

490 :実習生さん:03/09/20 01:11 ID:k5RsfyV0
なんだかスレのテーマから外れてますね。

491 :実習生さん:03/09/20 01:30 ID:SYYbXADl
>うちの周りは、東大京大が普通、阪大東北だと珍しいねー
>みたいな状態だけど、

結局、大学名は気にするのね。w


492 :実習生さん:03/09/20 01:51 ID:HCTMtHSO
体罰復活させたら?
問題解けなかったらぶったたくとか
ウチらの時は中学受験の塾で、問題答えられなかったらテキストで往復マシンガンビンタとかホント普通だったよ


493 :実習生さん:03/09/20 01:53 ID:E/BohiTG
なんか、>>489は高校名では人を分けなくても
職業で人を分ける人みたいね。

494 :実習生さん:03/09/20 01:59 ID:09ASyEsQ
>>491
もちろん気にしますよ。

出身大学というか指導を受けた教授によって、若干の
得意不得意が出てきます。

だから、正確には気にするのは指導教授だけど、
大学名を聞けば国内ならたいていは想像つきます。

495 :実習生さん:03/09/20 02:00 ID:/c4WKJP4
>>492
塾での体罰は禁止されてる?

496 :実習生さん:03/09/20 02:02 ID:/c4WKJP4
>>494
どこの大学までならエリートなの?

497 :学歴板(東大: 学界・実業界・官界):03/09/20 02:23 ID:3+lLu6gi

92 :東大でも官庁でも学会でも^ :03/06/06 23:07 ID:xiHtD2ba
 一番強いのは開成会ネットワークであることを知らないアホに開成を語る資格なし。

314 :エリート街道さん :03/06/08 01:24 ID:SvP3Rq1Y
 開成会会報第96号講演録「東京ディズニーリゾートができるまで」
 株式会社オリエンタルランド取締役社長 加賀見俊夫(昭和29年卒)

>それで、社会に出まして、もちろん大学の慶応もありますけれども、開成だと言うと、非常に
>プラスになった点があります。私は私学で慶応でございましたけれども、お役所関係に行きま
>すと東大の方が多くて、しかも開成が多いのです。いろいろ話して仲よくなっていくときに、
>「なんだ、君は開成か。」「そうなんですよ。」なんて話になってくると、途端に打ち解けて
>いろいろなことを教えていただいた。これは、今、六六歳になりましたけれども、非常に社会
>の中でのプラスの要因でした。やはり開成に学んでよかったと誇りに思っています。

317 :エリート街道さん :03/06/08 14:14 ID:SvP3Rq1Y
 開成会会報第96号座談会「昭和三十七年卒同期生事務次官大いに語る」出席者 但木敬一(法務
 事務次官)武藤敏郎(日本銀行副総裁・前財務事務次官)司会 中浩正(作家・ペンネーム逢坂剛)

>中 今日は、私たち昭和三十七年卒の同期生三名が座談会を催すことになり、私が司会を務めさせて
>いただきます。開成で同じ期から次官が二人出たというのは、もちろん初めての例だし、ほかの学校
>でもそうたくさんはないのではないか、と思います。・・・
>武藤 ・・・今次官会議で、ちょうどこんなテーブルで、僕と但木君が隣り合わせ
>なのです。いつもたあいのない話をしてるのだけれどもね。
>武藤 ・・・これは自慢話ではないけれど、うちに二人男の子がいて二人とも開成なのだよ。・・・

498 :実習生さん:03/09/20 04:40 ID:X82wJpds
>>489 >>494
同感。

>>497
これ読んだら、日本の政界官界実業界のお偉方にどうして低能っぽい顔の奴が多いのか
と思っていた疑問が解消されました。
本当に頭が悪かったようですね。

499 :実習生さん:03/09/20 14:46 ID:8XS1BEK/
>>498
勘違いされたまま進まれると何なのでフォローしておきますと、

>東大→官僚 程度の人間だと、高校くらいしか頼るところが
>ないんでしょ。官僚なんて、グローバル・スタンダードじゃ、
>二流の人間のやる仕事だし。

489は自分を何様だと思っているのでしょうかねw
官僚だって488の言う「同窓意識」以上のものはない。

>出身高校など問題外ですよ。
と言っておきながら
>アイビーや オックスブリッジ相手に
と大学名を出すところが厨丸出しですな。

500 :実習生さん:03/09/20 18:11 ID:09ASyEsQ
>>499
>官僚だって488の言う「同窓意識」以上のものはない。

>>484 のような人もいれば、>>486 のような人も実際にいるわけで、

>勘違いされたまま進まれると何なので

とかごちゃごちゃ言うほどのこっちゃないですな。

>>アイビーや オックスブリッジ相手に
>と大学名を出すところが厨丸出しですな。

日本のような、見かけは平等社会と違って、欧米は「明朗学歴」社会
ですんで、大学名に意味があるんですよ。
ま、何様か厨様か知らんですが、現実を知ってから書こうね。

501 :実習生さん:03/09/20 23:20 ID:iLpYawFY
>>489
「うちの周りは、東大京大が普通、阪大東北だと珍しいねー
みたいな状態」なんてことは全然無い業界にいるけど、
「国際レベルで活躍できているかどうかが
問題で、出身高校など問題外」てのは同じだな。

うちらの世界では、一流誌に何本掲載されたかが問題。
出身大学はけっこういろいろだよ。
世間の偏差値厨が聞いたらケッと言う様な大学出身でも
名の通った一流誌に論文載せてる人はかなりいる。
(院で移動している人も多いが。どっちにしても世間に出回ってる入試偏差値による階層とは
あまり関係が無い)
ちなみに世界から文句無く「日本の研究レベルは最上級」とされている某理系学問。

502 :低偏差値低学歴カス人間:03/09/20 23:28 ID:NggTYoPf
>>497
あーあ。文系世界の最高峰は中学(一部高校編入)の段階で決まっちまうのか。
おいしいところは彼らに押さえられて俺等は一生米搗きバッタか。
それに、そこの高校、医者の世界も閥あるって聞いたし。
けっ、こーなりゃ、そこらへんの理系にでも逝ってキワモノ的研究を
華麗に立ち上げ、ノーベル賞でもとって一発大逆転、一旗揚げるしかねえな。


まあ、業績あがらず、便所のケツ拭き紙にもならない糞論文溜めて
そのまま年食っておんぼろ研究所を定年退職、いや途中で放っぽり出されて
プーになって家のローン抱えてあぼーんが関の山だな(涙
おとなしく文系一兵卒を目刺します。


503 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

504 :実習生さん:03/09/20 23:56 ID:iLpYawFY
>>502
釣りネタのようだけど、いちおうマジレスしておくかな。

まだ若いなら、そう簡単に諦めるな。
大学院入試を目標にしてみては?
まあ学問にもよるが、理系は概ね本人の実力次第だから。
ただしキワモノ的研究じゃだめだよw
世界から相手にされない。
世界標準で何がまともな研究かっていう感覚は、その世界にいれば次第にわかってくる。
(必ずしも既に大きな体系を成して権威付けされている分野ではなく、
まだほとんど誰も手がけていない斬新な領域で探すことも難しくは無い。
もちろん成果が出るかどうかは保証の限りではないが。)

ただ、問題の「実力」というやつが、高偏差値ということとある程度は相関することは否定できない。
しかし研究に進むには、入試とは違って当該学問の実力だけ図抜けていれば良いからね。
しかも「過去の他人の成果を短時間で理解する能力」と「自分で新しい結果を生み出す能力」は
これまたある程度は相関するが、本質的には全く別の能力だから。
あと英語力は、ある程度の初期値がないと、あとで非常にしんどい思いをするかな。

重要なのは大学院をしっかり「指導教授と自分の興味で」選ぶこと、かな。
これに関しても、きちんとした研究をしていれば
いずれまともな研究グループと知り合うことになるから、
完全な必要条件でもないが。


505 :実習生さん:03/09/21 00:04 ID:C8Z8k4B7
あれ?前ここに来たとき荒れてた気がするが、今はなんか
ためになる大人なスレになってる。。。しばらくROMして勉強させてもらいます。

506 :実習生さん:03/09/21 01:59 ID:wAekJLM3
日本の文系に世界標準の分野ってあるの?
文系なら学問の世界に行くよりも、
起業するのが王道なんじゃないかねえ。
適性はあるけどさ。

507 :実習生さん:03/09/21 02:08 ID:6YUyaHjB
>>506
地理学、哲学など

歴史関係や文学関係は国ごとだから壊滅だが。
西洋人が日本文学とかその逆とかあまり意味ないし

508 :実習生さん:03/09/21 22:54 ID:li+CyTVc


結局、働いてるところによってそれぞれ自分の能力を証明する部分が必要ってことだよね?

官僚なんかだったらそれこそ高校もいいところが望ましいみたいだし、
なんかオックスブリッジがどうのこうのとか言う人のところは大学だけでいいし、
研究だったら論文が掲載されてるかどうかで証明してるって話でしょ?



509 :実習生さん:03/09/22 17:05 ID:QZJvtu6a
> 働いてるところによってそれぞれ自分の能力を証明する部分が必要ってことだよね?

アメリカ型の、持ってる実力は積極的に他に誇示しなければ何もないとみなされる
というような方向は、行き過ぎると息苦しいが、
能力(潜在力も含めたその社会への貢献度)の正当な評価が成されるためには、
ある程度はしかたないだろう。

しかしその証明が学校名というのはどんなもんだろうか?
英米のように学校歴と真の学歴が比較的相関している社会ならまだしも、
大学卒業が容易な日本で、入学時の序列が後々まで有効な職場なんて
碌でもないような気がするが。

510 :実習生さん:03/09/22 20:40 ID:ZakME/LX
>>509
オックスブリッジでも専攻によっては容易らしいよ。
英米の学校暦っつーのも怪しいもんだがな。
ブッシュだってアイビーだろ?
イギリスなんて大学進学率自体が低いらしいし。

それに真の学歴って何よ?
能力のこと?
日本語おかしくない?

日本でも卒業した大学名は能力の目安には充分になるよ。
認めたくないんだろうけどね。w


511 :実習生さん:03/09/22 20:41 ID:ZakME/LX
要は実際の能力なんてそんな簡単に測れるもんじゃないんだから
学歴を指標にすることが必要なんだろ。

論文なんかの別の指標があるところ以外はな。


512 :実習生さん:03/09/22 20:50 ID:Yut8kFJv
てすと

513 :504=509:03/09/23 00:03 ID:7kH/h0ml
>>510
> それに真の学歴って何よ?
> 能力のこと?
> 日本語おかしくない?

もちろん、どの教授の下でどんな指導を受けて卒業したか
というようなこと。卒論(または修論)の内容などを含めてね。
全体としては、日本よりはだいぶましでしょう。
とにかくしっかり勉強させてから卒業させるという意味ではね。

> 日本でも卒業した大学名は能力の目安には充分になるよ。
> 認めたくないんだろうけどね。w

ある程度はなってるんだろうが、そうでもない例もかなり見ているからね。
>>504にも書いたとおり、ある程度の目安になることは否定してないよ。
ちなみに私自身は、学歴を問われても掲載誌を問われても恥ずかしくないよ。
ただし学校歴をプライドにしているようなヘタレは、うちらのまわりではお目にかかったことが無いだけ。w


514 :実習生さん:03/09/23 00:36 ID:BifIrVuR
日本の学歴は努力度指数。

受験学力なんて、一部の人間を除けば、
概ね勉強量に比例する。

ある大学のある学科に合格するということは、
即ちこの偏差値に達する程度の努力ができましたよ、
というこの証明に過ぎない。

まぁ、倍率の高かった90年代前半では
そんな意味があった。

現在は努力度指数としての意味すら失いつつあるが…。



515 :実習生さん:03/09/23 04:23 ID:SPFxbeEA
ゆとり教育や受験勉強の緩和って大学の卒業を厳しくして大学で勉強させるっていう前提があって初めて成り立つはずだったよね?
英米がそんなに簡単に有名校に入れるとは思わないけど、少なくとも大学で単位を取ったり卒業したりするのが難しいから
高水準の高等教育があるんでしょう?

516 :実習生さん:03/09/23 06:20 ID:cxIhG3RB
>>513
それ理系の話じゃない?


517 :実習生さん:03/09/24 19:28 ID:gVZGxgF7
たしかに理系は、世界を相手にしていないと国内でも相手にされない分野が多いね

518 :実習生さん:03/09/25 01:28 ID:iWGEIqoB
日本を抜け出した方がいいかな?

519 :実習生さん:03/09/26 01:28 ID:or0DebhD
まだいましばらくは大丈夫でしょう。
いずれにせよ、本当にやばくならないと動かない国民性だから、
ほっとくしかないね。

520 :ワラワラ先生:03/09/29 03:40 ID:/37sN5cT


(ワラワラ

521 :実習生さん:03/09/29 13:29 ID:ffHXZld3
>>515
ただ今では難易度の高い大学でも学生が普通の授業についていけないほどレベル低いんでしょう?
これで厳しく評価して多数を卒業させなかったら混乱するだろうな。
多少混乱しても卒業を厳しくする方がいいと思うが。


522 :実習生さん:03/09/29 21:01 ID:6k52VlvI
強制全入&落第するごとに授業料2倍!


523 :実習生さん:03/09/29 22:33 ID:bP7sYCs5
少なくとも、入学時よりバカになっている香具師にまで卒業証書を与えるのは辞めたが良いな。

524 :実習生さん:03/09/30 00:20 ID:H1BhQ89r
実際いるんだよなぁ。
専門分野のはずなのに高校レベルの知識すらない人が。

525 :実習生さん:03/09/30 00:24 ID:frVp+Ezr
>>524
それは教員のことでつか?

526 :実習生さん:03/09/30 11:19 ID:CbY1o4/Y
大学教員は、就職できなかったDQNがなるものだから、仕方ないのでは?

527 :実習生さん:03/09/30 21:19 ID:KSWXahCs
>>526
馬鹿?
それとも文系の話か?
理系学問ははじめから世界を相手にした勝負。
とくに理論系はピンで立つ実力が最初から要求される。

528 :実習生さん:03/09/30 22:53 ID:cq9nYk9/
大学教員は、就職できなかったDQNがなるものだから>


tyuu hakkenn


529 :ピンからキリまで:03/10/01 14:32 ID:2dcRmSd2
>
>996 名前:132人目の素数さん :03/09/19 22:45
>
>数学オリンピック 進路は多岐
>
>「毎年約20人いる代表選考合宿メンバーは、大学の数学や医学、
>その他理系学部にほぼ4分の1ずつ進む。残りは経済学部など
>文系へ進んでいる。
>テレビ局記者になった人や、博士課程修了後就職がなくて研究生を
>続ける人、…ジャグリング道具の輸入販売を始めた人もいる。
>
>…海外の成績優秀者は有名大学に無条件で入れたり、大学の授業料が
>免除になったりと、優遇されている…。日本でも大学入試の一部
>科目免除などの特別措置を講じてもらいたい…」
>
>( ´,_ゝ`)フフッ・・・
>


530 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

531 :実習生さん:03/10/01 15:02 ID:4QmS3xVz
>>527
大学教員に夢を見すぎ。

532 :実習生さん:03/10/01 15:37 ID:KL7d1bEX
大学に要るのは研究者であって教員ではない。
そもそも、大学は教えてもらいに行く処でもないし、
そこで行われるのは「授業」でもない。

学生に与えられるのは、「場」と「機会(きっかけ)」のみ。

国際的な評価の場に論文を出さない、
専攻する学科の(学部生の)必修科目の講義ができない、
上記の両方に当てはまるヤツは、辞めさせるべきだが。



533 :実習生さん:03/10/01 23:42 ID:kiCzuskf
>>531
おまいのまわりにはよほどの馬鹿者しかおらんようだなw。
ご愁傷様。
朱に交わらんように気をつけるこったなww。

534 :実習生さん:03/10/05 02:44 ID:uPnh1yXL

理系は世界を相手にしてるというのはわかったけど、学力低下の問題は無いの?
ず〜っと話がズレてると思うんだけど。

535 :実習生さん:03/10/05 09:09 ID:DQ72VTlL
>>534
している。

しかしそれ以上に問題なのは、
答えや成果が見えてこない研究を
コツコツと続けられる精神的なスタミナや、
『探求心』『自然に対する敬虔さ』
そういったものが失われつつある。





536 :実習生さん:03/10/05 22:38 ID:Ca/tk99V
むしろ学校教育を実学重視にすればいいのでは?

537 :実習生さん:03/10/05 22:57 ID:4DBDJ3wN
そうです。世界は理系で回っている。
ですから、理系はとっても偉いのです。
理系の方がつけられるレスに刃向かってはいけません。

538 :実習生さん:03/10/06 05:47 ID:/BfEkq8A
>>535
受験勉強にばかり集中してるといかに点を取るかだけになっちゃうからね。
才能があると分かったら早くからその子は特別な教育を受けさせてもいいと思う。
一時期18歳未満でも入学させる大学がニュースになってたけど
どうなっちゃったんだろうね?


539 :実習生さん:03/10/06 05:50 ID:/BfEkq8A
あと、理系でも何でも世界を相手に仕事してるって人に聞きたいけど、
周りから日本人が減っていってるとかあるの?w
世界を相手にできる日本人が少なくなってるとかってあるのかなぁ?


540 :実習生さん:03/11/05 23:50 ID:hmwX/TS2
【学力】現場の教師はこう思っている【低下】
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1050814809/

の継続スレとしての書き込みもどうぞ

541 :実習生さん:03/11/06 06:23 ID:XfalwCdH
子供の学力低下より教師の学力崩壊の方が実際は激しいのに
なぜか、世間では問題にされない。

年輩の教員なんかほとんど痴呆状態になってるヤシがゴロゴロ
いるのになあ

542 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

543 :実習生さん:03/11/06 12:14 ID:6RPaaAxA
>>541
ゆとりスレのどっかで問題になっていたよ。
学力低下は20年前から始まり、その世代がもう教師になって
デフレ・スパイラルになっている。

2ちゃんおなじみの世代間論争を引き起こすのを承知で。
団塊からデモシカ世代もクズなら、学力低下の影響下にある
30代中盤以下の若手もカス。

指導要領を減らした理由の一つに、教員が教え切れないと
いう現実があるのは、世間ではともかく、教育の世界では常識。
現場の教員は認めてないだろうけどね。

544 ::03/11/06 23:55 ID:suY6Lwz8
>>543
>指導要領を減らした理由の一つに、教員が教え切れないと
>いう現実があるのは、世間ではともかく、教育の世界では常識。
>現場の教員は認めてないだろうけどね。

授業時間が減ったという理由をのぞいても、教え方がヘタレな教師は多い。
速さなんて「は・じ・き」使えば教えられるだろ。
小学校の時に、は・じ・きなしで教えられたがさっぱりわからなかった。
別の教師がは・じ・き使って教えてくれたら一発でわかったがな

545 :実習生:03/11/07 00:17 ID:7ltOBqqM
前スレ997
>復習って、授業の始めに、振り返るくらいで充分じゃないの?
振り返るって?口で説明するだけ?

こんな授業やってたら学力低下もするだろうな

546 :実習生さん:03/11/07 00:23 ID:nTnz1FzC
>>544
よっぽど算数の成績が悪かったようですなあ。

547 :実習生さん:03/11/07 00:24 ID:dLQPm9tH
>>544
「は・じ・き」は便利なのですがね。
あまりに便利すぎて速度の意味等を理解せずに進んでしまうような嫌いはない?

まあ上手く応用できればQ=0.24IEtなどにも応用が利くのだが。

548 :実習生さん:03/11/07 00:26 ID:nTnz1FzC
>>538
アメリカの大学院に留学しました。

549 :実習生さん :03/11/07 00:46 ID:17VdTxlU
http://www.asahi.com/national/update/1105/020.html

新たに法政大生、慶應大生を準強姦容疑で逮捕 


早稲田大学のサークル「スーパーフリー」(解散)のメンバーによる
集団強姦(ごうかん)事件で、警視庁は5日、女子大生を約2時間に
わたって順番に乱暴したとして、法政大3年の吉野豪洋容疑者(20)
=東京都八王子市上野町=、慶応大2年の少年(当時19)=さいたま市
南区=ら7人を準強姦容疑で新たに逮捕した、と発表した。

サークル代表の元早大生和田真一郎容疑者(29)=2件の準強姦罪で
公判中=、サークルOBで求人情報サイト運営会社社長岸本英之容疑者
(28)=同罪で公判中=ら4人も同じ容疑で再逮捕した。計11人は
全員、容疑を認めているという。

捜査1課の調べでは、11人は4月27日午後8時20分〜10時半、
港区六本木5丁目の雑居ビル12階にある居酒屋で、ディスコパーティーの
2次会に参加した大学1年の女性(18)を泥酔させ、11階のエレベー
ターホールで代わるがわる乱暴した疑い。2次会のゲームで女性が負けた
としてアルコール度数96度の蒸留酒をサワーに混ぜたものを何杯も飲ませ
て酔わせ、介抱を装って連れ出していたという。

女性はこの後、さらに豊島区内のサークル事務所に連れ込まれて乱暴された
疑いがあり、同課は関与したメンバーの特定を進めている。

(朝日新聞11/05 12:34)



550 :前スレ997:03/11/07 00:51 ID:OVyb5SAQ
まず前スレの
>学校は九九を教えるだけで、覚えるのは家庭の問題ってか?
学校で全部覚えさせろってか?
九九の意味教わって、九九の表渡されて、家で覚えて来いと言われたが。
無論、その後、テストみたいなことはしたがな。

>>545
復習も、家でやってる(宿題で出されてた)のが、前提だったかもなぁ。
学校で復習ばっかりやってたら、教科書なかなか進まないじゃん。

551 :実習生:03/11/07 02:47 ID:ZU/qpMrE
>>546
すみませんセンターの数学197点しかとれませんでした

552 :実習生:03/11/07 02:48 ID:ZU/qpMrE
>>550
復習もやりつつってことじゃないの?
かけ算できなかったらわり算の時困るじゃん

553 :実習生さん:03/11/07 18:14 ID:fOTPEyNO
>>550
なんかの本で小学生は繰り返し学習してやっと概念が身に付くというのがのっていた。
確か分数だったかな?小数だったかな?
4年生では1〜3割、5年生で5割程度がやっと理解できる。
6年生になれば8割くらいは理解できる。

小学校の算数のカリキュラムって、同じ内容を多学年にわたって学習するようになってたんだけどね
もちろん過去の話。

554 :実習生さん:03/11/07 18:17 ID:fOTPEyNO
>おいおいちょっとまてよ。
>反復せずにどうやって学力定着させるつもりだったんだ?
>九九なんて反復練習以外に定着のしようがないだろ。
>それとも何か?
>学校は九九を教えるだけで、覚えるのは家庭の問題ってか?

家庭でも九九を教えるとしても、やっぱり学校が責任を持って保証すべきだろうね。
まー最近は、家庭も学校も全部塾に丸投げだけど

555 :実習生さん:03/11/07 18:43 ID:OVyb5SAQ
>>553
確かに繰り返しやってたなぁ。
田舎の公立小学校だったが、宿題だけで、計算ドリル三周してたし。
漢字練習と計算練習は、毎日宿題だった。

九九って、いんいちがいち、いんにがに…ってお経みたいに覚えるもんだよな?
学校でやるのは時間がもったいないし、早く覚えちゃった子は、他の子が覚えてる時間が
無駄じゃない?俺は、学校で暗記なんて必要ないと思うよ。家で充分。だって、家で出来ることでしょ?
それよりも学校でしか出来ないことを充実させて欲しい。
実験とか、話し合いとか、討論とか。

556 ::03/11/07 22:18 ID:krzYhHKG
国語で「情緒力」育成を 文化審分科会が答申案まとめる

 「これからの時代に求められる国語力」について議論してきた文化審議会国語分科会
(分科会長・北原保雄筑波大学長)は5日、
「自ら本に手を伸ばす子供を育てることが何より大切である」とする文部科学相への答申案をまとめた。

 答申案は「今日ほど国語力の向上が強く求められている時代はない」と結論づけている。
理由として、価値観が多様化して国際化や情報化などが進む中、
円滑なコミュニケーションの実現や論理的思考力の獲得をあげている。

 また、近年の人心の荒廃は、感性・情緒の欠如に起因する部分が大きいとみて、
美的感性、日本の文化・伝統・自然を愛する祖国愛など「情緒力」の育成を国語教育の大きな目標として掲げた。

 向上の方策としては、学校教育の再編、特に小学校で国語の授業時間を大幅に増やすことの検討を提言する。
情緒力育成のためには、文学作品を中心に「読む」ことを重視し、6年生で大体の常用漢字が読めることを目安としている。

 漢字に触れる機会を増やすため「心ぱい」「こっ折」などの交ぜ書きをなくし
、代わりに字のそばに読みをふる「ルビ」の活用を提唱している。常用漢字は1945文字あり、
小学校で現在教えている1006文字から大幅に増える。

 答申自体には拘束力はないが、教育の現場でどのように具体化するのか、論議を呼びそうだ
 さらには音読や暗唱、演劇の導入など授業に工夫を求め、全教員が国語力を高めることが大切だとしている。
 このほか読書奨励策として、読書をしてきたことが、高校や大学の入試で何らかの形で評価されることや、
通知表への読書状況の記述などを盛り込んだ。
 同分科会は文科相の諮問を受け昨年3月から審議してきた。今後、国民から意見を募り、来年1月に答申の予定だ。 (11/05)
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200311050391.html




557 ::03/11/07 22:24 ID:krzYhHKG
>>555
宿題?
まあ宿題はやっぱり家庭でやるべきだし、その点では反復練習は家庭でやるというのは間違ってないですね。
でも主題を出すのは学校ですからね。

とはいえ最近はわけのわからん宿題を出す教師もしるしなー

558 :実習生さん:03/11/07 22:37 ID:Rj7L/bPQ
>>556
国語分科会が国語重視を打ち出すのは当然と言えば当然で
どの科目も自分ところの科目の重要性を世相に引っ掛けて強調するわさ。

559 :実習生さん:03/11/07 22:43 ID:xqOo6ez5
>>551
センタ−試験程度の問題を満点取れない奴が算数・数学を語る資格なし。


560 ::03/11/07 22:47 ID:krzYhHKG
>>558
それはさておき、
「情緒力」とか、また、わけのわからんこと言い出したぞ。
その上に、常用漢字の習得を繰り上げるってんだから。
今の1006字ですらできてないのに、増やしてどうしよって言うんだろうか

ただ
「漢字に触れる機会を増やすため「心ぱい」「こっ折」などの交ぜ書きをなくし 」
のように交ぜ字なんか子どもを馬鹿にしてるとしか思えない。
大人が読むよかえって読めないしw

>さらには音読や暗唱、演劇の導入など授業に工夫を求め、全教員が国語力を高めることが大切だとしている。
今でも演劇とか授業でやってるだろ。
足りないのは書取とか音読だな。基礎基本の徹底とは言わないのか?

>このほか読書奨励策として、読書をしてきたことが、高校や大学の入試で何らかの形で評価されることや、
>通知表への読書状況の記述などを盛り込んだ。

何でもかんでも評価しやがって、評価すればいいってもんじゃないぞ
相変わらず現場の実状しらないやつが考えてるんだろうな


561 :実習生さん:03/11/07 23:11 ID:xyfVbm4v
>>560
お前、臨採程度の似非教師だろう。または教育オタクか?
本気で教育していない。
常勤なら深夜、2chの書き込みなんてするはずないし、そんなひまは無い。
おまえは似非現場を語るとき、歯が浮いて困るだろう。



562 :実習生さん:03/11/07 23:19 ID:q5VVb1uF
なんか精神障害者が紛れ込んでますねw
ぷんぷんな香具師キター

良スレのよかーん

563 :実習生さん:03/11/07 23:21 ID:yfeHscT9
>>562
頭が悪いのはお前だろう。

564 :実習生さん:03/11/07 23:22 ID:q5VVb1uF
◎◎陰山英男・100マス計算◎◎1分経過
http://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1067774632/l50

51 名前: 45 投稿日: 03/11/05 03:17 ID:w4Oahf4W
教育に関しては素人なのですが、
気に入らないのはまさに「活性化」だのと医学や生理学の素人にはさもすごい効果があるかのような誤解を生む表現で
広まっていることです。

教育素人論キター

565 :実習生さん:03/11/07 23:23 ID:q5VVb1uF
自作自演キター

87 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 22:48 ID:xqOo6ez5
数学がなんたるか、センタ−試験程度で満足する愚者にはわからんだろうね。
81さんは同僚の語る真意を理解していますか?

>数式の羅列を相当な速さで展開もしくは暗算できないと

 暗算といっても四則演算でないことは確か。
それを1は全く理解できていない。オツムがお粗末すぎる。

88 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 23:06 ID:xyfVbm4v
脳科学者が以下の通り回答してくれました。
「百マス計算で『適切な』閾値設定によって脳全体が賦活化しているかのように
見える結果」を公表することの良し悪しについては業界内ですら色々な考え方がある
と思いますから、一概にその是非を論じるのは難しいと思います。
ただ、わざわざ大衆雑誌を選んで発表の手段にするという行為には疑問を感じます。
それならば研究者間でも信頼されている国際論文誌に発表してもよいはずです。
「ゲーム脳」の話題の際も同じことを感じました。



566 :実習生さん:03/11/07 23:23 ID:q5VVb1uF
自作自演キター

89 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 23:08 ID:AcF0GCp7
>>81
優秀な数学者は必ずと言っていいほど計算力があるんだってね。

90 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 23:13 ID:a45fQDm7
87=28=45

91 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 23:14 ID:yfeHscT9
>>89
その数学者は百マスを否定していますが。

561 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 23:11 ID:xyfVbm4v
>>560
お前、臨採程度の似非教師だろう。または教育オタクか?
本気で教育していない。
常勤なら深夜、2chの書き込みなんてするはずないし、そんなひまは無い。
おまえは似非現場を語るとき、歯が浮いて困るだろう。


必死すぎてハゲワラ

567 :実習生さん:03/11/07 23:32 ID:CL0JAV7p
素人知ったか発言キター

561 名前: 実習生さん 投稿日: 03/11/07 23:11 ID:xyfVbm4v
>>560
お前、臨採程度の似非教師だろう。または教育オタクか?
本気で教育していない。
常勤なら深夜、2chの書き込みなんてするはずないし、そんなひまは無い。
おまえは似非現場を語るとき、歯が浮いて困るだろう。


568 :実習生さん:03/11/07 23:37 ID:0MJGwe/z
「キター厨」おもしろすぎwww

569 :実習生さん:03/11/08 00:27 ID:U/cnykfb
虚言くん、心が壊れたちゃったみたいだね。
ご愁傷様。
 合掌。

570 :実習生さん:03/11/08 00:55 ID:kBDxP/6d
高校生の家庭教師していて、
選挙中だから政治の話題になったんだけど、
「共産主義だと北朝鮮みたいになるからなぁ」
って言ったら、
「えっ? 北朝鮮って共産主義なの?」
だって。
そんなことも知らないのかと驚いたが、実際どうなんだろうか?
学力低下で危険なのは、理系の知識よりも、文系の知識量なのかもしれない。

571 :通りすがり:03/11/08 01:10 ID:bf/1NTaT
そもそも文部省の連中が教科書のレベルを
どんどん落としていってるのが最大の原因だと思う
文部省の連中は教科書のレベルを落とせば落ちこぼれが
減ると言っているが結局のところそれでも落ちこぼれは
増えつづけている
やはり中学生には最高レベルの勉強をさせるのが
一番いい方法だと思う

572 :実習生さん:03/11/08 01:17 ID:dOdDpbIp
>>168
>あれを見ると日本は安易に教員免許を出しすぎてるように感じるなぁ。
それは同意だが、採用試験は難しすぎる(細かすぎる)ような気がする。
その割には教員の質が云々されるし。

もっと教員になろうとしている人がまっとうに努力する過程で実力がつき、
また、有益な大学外での活動(ボランティアとか青年海外協力隊とか)が
評価されて教員になるシステムができればいいと思う。

大学入試もそうだが、入り口だけが難しい。


573 :実習生さん:03/11/08 02:03 ID:W1KFXPuO
>>572
ボランティアは評価しないほうがいいかも。
それ目当てでやる香具師も増えるだろうし
本気で勉強したらそんな暇ないはず。

面接なんてコネ判定みたいなものだから
一般教養、教職教養、専門、模擬授業(生徒5名、教師3名、保護者2名)各100点
で判断すべし

574 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

575 :実習生さん:03/11/08 06:43 ID:HiDLcr+W
日本は会社主義と放置国家だもんね。

576 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

577 ::03/11/08 09:52 ID:T99luWVE
>>570
北朝鮮は民主主義人民共和国だけどね。
実際全然民主主義じゃないけどね

578 ::03/11/08 09:53 ID:T99luWVE
>>571
>文部省の連中は教科書のレベルを落とせば落ちこぼれが減ると言っているが

寺脇はどうしたんでしょうかね?

579 :実習生さん:03/11/08 18:33 ID:nMhTafjd
>>577,578
虚言くん妄想は良いから、教員採用試験の勉強したほうが良いよ。

580 :実習生さん:03/11/08 21:44 ID:dNvWfOXM
職業教師です。年齢は48歳です。教員をはじめて24年目、今の学校は
息苦しいです。世間で言われているほどいい加減な教員はいません。
しかし、管理が厳しく、私のように自由な時間を求める人間には、大変
居心地の悪い空間になっています。もしわたしが、15歳に戻り、再び高校に
入学する年齢になったら、迷わず留学するか、あるいは大検をめざすか、
諸国放浪の旅にでも出るだろうと思います。3年間も今の高校で過ごす自信が
ありません。自分が喜んで通えるような高校にしたいものだと思います。

581 :実習生さん:03/11/08 21:49 ID:CAqb+DWv
10年一昔。
生徒は昔と違うのですよ。

582 :実習生さん:03/11/08 21:55 ID:83pSY2bh
>>580
いろいろな知恵や経験が身についた現在からみれば、自由な時間があれば
学校に縛られずに、あれも体験したい、これも勉強したいと思うものですが、
中学校卒業の当時、そこまでの自己コントロール力があったでしょうか。
高校生活を通じて一通りの「基本パッケージ」をインストールしたことが
その後の人生につながっているのでは。
人により事情が全く異なるので一概に言えませんが、とりあえずの感想です。

583 :実習生さん:03/11/13 16:01 ID:Tqsx9n/3
アメリカで、認定教師制度導入だって
サンデー毎日で読みました。

アメリカの教師って無免許だったわけですか?
っで、免許制導入でますます教師のなり手がいなくなるとなならないとか

できる教師はよい学校へ行き、できの悪い教師が集まった学校はどんどん駄目になる
という悪循環だそうです。
教師のFA制を導入した京都市は、行政のアリバイづくりだという批判があるが
どちらかというと、出来ない層、貧乏な層はすてて、
出来る層の教育を充実させようという腹づもりなのかもしれません。

ようするに公教育の崩壊が始まったわけだ

584 :実習生さん:03/11/13 19:19 ID:E1eEKgvn
 現在 ALT(アシスタント ラングエッジ ティーチャー)が
全国で英語のサポートしていたりしますが、勿論 無免許です。

 日本の教育について協力的ならいいのですが、
それいがいのもいたりする。
結構 日本もその精度についてはいい加減だと思いますね。

585 ::03/11/15 14:31 ID:HgpnTZe7
>>584
>現在 ALT(アシスタント ラングエッジ ティーチャー)が
>全国で英語のサポートしていたりしますが、勿論 無免許です。

割の良いバイトくらいにしか思ってないらしいよw
実際そうだしな。

本気でやろうと思ったら、プロジェクトチーム組んで計画やら研修やらばんばんやらないとな。
っでおれはそういう英語教育を専門にやっているところ(企業?)をしっている。

7人くらいのグループに分かれて活動
グループには最低1人のチューターがつく
(チューターは日本人から外人までいて、ミーティングはすべて英語らしい)
外人は日本語わからないから日本人チューターが仲介する。
歌やゲーム、劇、スピーチからテストまで、計画、指導、司会、進行すべてそいつらがやってくれる。
当然説明も全部英語。
歌も英語。
ゲームも英語。
劇も英語。
テストも英語。

でも体を動かして楽しく英語が学べるから全然いやがる子はいない。

これぐらいやらなきゃだめだ。
日本の英語教師なんていらないし、ALT(AET?)なんていらない。

586 :実習生さん:03/11/15 21:45 ID:siMJpLNH
>>585
“1”氏が常々書くコスト無視の夢物語にはもう飽きたが、
実際、そんな教育ができるほどの予算をつぎ込む勇気は国にはないのだろうか。

587 :実習生さん:03/11/15 23:53 ID:gfEUoTUm
ALTの仕事って、言い方は悪いが、
融通の利く英語のCDみたいなもんじゃないか?

588 :実習生さん:03/11/16 02:52 ID:F9uWn8gz
>>586
コスト云々の話じゃないですが、
英語教育をそういうのを商売にしているところに丸投げしたらとんでもないコストがかかるでしょうね

でも学校教師をそういうところへ研修として派遣するなら別段コストがかかるわけではないでしょ。
まあ、この意見が日の目を浴びるにはあと10年はかかるだろうけど

589 :実習生さん:03/11/16 02:54 ID:F9uWn8gz
>>585
しかし、全然いやがる子がいないってのもすごいな
今の公立小学校での英語は、教師があつくなりすぎて子どもがついてこれないからな。
基本的に教え方が未熟だ

590 :実習生さん:03/11/16 07:04 ID:KaAbebG8
>>588
民間へ授業料に金がかかるし、
仮にただだとしても
ただで頼むものほど高いものはない。

591 ::03/11/16 18:25 ID:z8eHwtzx
粘着分裂病の45がやっと去ったようですねw

数学なんてもって生まれたセンスや頭の切れ具合で決まるんであって
訓練で何とかなるもんではないんだよね。
なんとかなるのは計算問題くらい。
文章題なんて訓練してもどうにもなりまへん。
数学が出来なくって残念だったね>>45
だからといって教育のせいにしないようにw


592 :実習生さん:03/11/16 18:55 ID:cTiMI1lo
>>591
人間の脳が、最初から数学の処理ができるように出来上がっているとは
思えないので、数学の得意な人もどこかで訓練しているはず。
幼少の頃の無意識の活動なのか、遊びの中でさえ数学的思考をしているのか、
あるいは趣味が数学なのか、数学の授業をすごい集中力で聞いているのか、
そのへんが知りたい。そうすれば、なぜ数学の得意な人と苦手な人がいるのか、
わかってくるかもしれない。

私自身は、数学は得意だが、子供の頃、授業以外でずいぶん数学的なものと
戯れていた記憶がある。偶然見た問題をずっと頭の中で考えていたり、
友人と問題の出しっこをして遊んだり、こんな解き方もあるんじゃない?と
数学教師の所に持って行ったり。科学系の読書もよくしていた。

593 ::03/11/16 19:10 ID:z8eHwtzx
>>592
わかってないですね
そういうのを文系人間って言うんですよ
ならばなぜ数学に関しては有意な男女差が認められているのか?

>幼少の頃の無意識の活動なのか、遊びの中でさえ数学的思考をしているのか、
>あるいは趣味が数学なのか、数学の授業をすごい集中力で聞いているのか、
>そのへんが知りたい。そうすれば、なぜ数学の得意な人と苦手な人がいるのか、

数学的なことが好きだったから数学が得意になった?
文系人間が言いそうなことですね。
もともと数学的能力に長けているから数学的なことに関心が向く
というのが本当のところだと言われてますよ。

環境が影響を与えるんじゃなくって、素養が環境と相互作用するということですよ

594 :実習生さん:03/11/16 19:39 ID:qiFMh1RI
>>593
相互作用についてはその通りだが、
高々高校レベル(大学入試レベル)は勉強量だよ。

一日30分程度の勉強でも、継続すれば
教科書と傍用問題集ぐらいは網羅できる。

そこまでやれば、(旧帝大も含めて)普通の入試問題に
手が出ないということはまずあり得ない。

絶対的な努力をひっくり返す天才には
出会ったことがない。


595 :実習生さん:03/11/16 20:49 ID:fvNOc4S6
>>593
>もともと数学的能力に長けているから数学的なことに関心が向く

脳の特性には個人差があるのはたしかだろう。でも、数学に適した脳と
いうのがあるとすれば、それはいったいどんな性能を持った脳なんだ?

遺伝子に数学の問題の解き方が最初から刻まれているわけではない。
数学で使うような脳の機能と快感の中枢が結びついているとか、数学で
よく使う脳の部位の血流が特に多いとか、そういうのがありそうだが、
それらは何か解明されているか?

596 ::03/11/16 20:55 ID:AuFK71kz
>>595
もう少し勉強してから出直しましょう

597 :595:03/11/16 21:12 ID:fvNOc4S6
>>596
当方、生物学にはかなり詳しいつもりだが、(双生児研究などの)統計的な傾向は
別として、そんな話は聞いたことがない。

>もともと数学的能力に長けているから数学的なことに関心が向く
と言ったのはそっちなんだから、あなたが根拠となる資料を出してほしい。

598 ::03/11/16 21:23 ID:AuFK71kz
>>597
なんか勘違いしてるだろw
個体差のことじゃなくって男女差のことをいってるんだよ
数学で一番大切なのは右脳の使い方だよ

1/2+1/3=2/5
とやる消防がいるのはなぜだと思う?

2X=1
 X=−1
とか
 X=2
とかやる厨房がいるのはなぜだと思う?

こんだけ言えば多少はわかるだろう
それでだめなら馬の耳に念仏だな

599 :実習生さん:03/11/16 21:28 ID:fvNOc4S6
>>598
まるっきり説明不足だね。視覚の情報処理が関係ある、と
言いたいようにも見えるが、それが右脳の機能とどう連関して
いるのか一言も触れていない。
不完全な説明をして、馬の耳に念仏などというのでは、お話にならない。
自分で説明できないなら、資料の紹介でもいいからさ。

600 ::03/11/16 21:40 ID:AuFK71kz
>遺伝子に数学の問題の解き方が最初から刻まれているわけではない。

とか全くとんちんかん
まあ生物屋さんにはわかるまい。

601 :実習生さん:03/11/16 21:42 ID:Pw/JvqsF
環境説と遺伝もしらねぇで、教育を語るな。>1

602 :595:03/11/16 21:43 ID:fvNOc4S6
>>600
私の評価なんかどうでもいいから、早く自説を説明してください。
>もともと数学的能力に長けているから数学的なことに関心が向く
と言ったのはそっちですよ。


603 :実習生さん:03/11/16 21:45 ID:nQiQIB8+
>>593
> 数学なんてもって生まれたセンスや頭の切れ具合で決まるんであって
> 訓練で何とかなるもんではないんだよね。
> なんとかなるのは計算問題くらい。
おいらは一応数学屋なのだが、このあたりかなり違和感のある考え方だぞ。
エポックメーキングな理論以外は計算問題って言うんなら、
まぁ頷けるんだが。

604 :実習生さん:03/11/17 13:50 ID:F3pX2e7j
>>603
そうそう。
センスを問われるレベルまでやってないヤツに限って、
センスだ素質だっていうよな。

勉強しすぎて脳が興奮状態になって、
疲れているのに眠れない。
脳がバテマラ状態になるとこまでやらなきゃ。


605 :実習生さん:03/11/18 12:11 ID:GTRNAaLq
>>604
その程度の負け惜しみしか言えないんだねw
まあ数学出来なくても生きていけるから

606 :実習生さん:03/11/18 12:13 ID:GTRNAaLq
学力を伸ばす丸得情報
http://www.asahi.com/ad/clients/try/02.html

607 :実習生さん:03/11/18 12:28 ID:CIonfm4B
>>605の方が負け惜しみに見えるな。


608 :実習生さん:03/11/18 12:33 ID:9ka6tRW0
もう堕ちる所まで堕ちればいい
フリーター一千万、引き篭もり数百万、リストラ数百万、
卒業はしたけれどが数百万街をさ迷う
学校だって選挙に行くことの大事さとか全く教えない
言ったとしても形だけ
これじゃあ駄目だよな
「プロ野球の結果より、選挙の結果の方が国の行く末に重要な意味合いを持つ」位の
事言って欲しいよ

609 :実習生さん:03/11/18 13:16 ID:KoGh+tbZ
>>608
>もう堕ちる所まで堕ちればいい

一口に「学力低下」というが、狭義の意味での相対的学力勝者(とりあえず旧帝駅弁早慶MARCH
レベル以上にしとくか?)でも、いまやおかしくなった人はけっこういる。
(高学歴フリーター・ひきこもり・崩れ院生・すぐに辞めちゃうリーマンetc)

こいつらの多くが「結果的に自分はモラトリアムにしかなれなかった。所詮は自分が受けてきた
教育なんかクソだ」と思っていることだろう。こんな状況で「学力低下が国力低下」と言われても実感がない。

いろいろ見聞してきたけど、「学力低下論」(子どもはもっと勉強しなさい)の多くは
社会の無意識で身勝手な「パーフェクト・チルドレン」願望に過ぎないと感じる。
同傾向の呪文としては「子どもは元気よく」「文武両道」「本を読もう」等々沢山あるね。

「ゆとり教育」の美辞麗句の空疎さと所詮は裏表。正直、説教されている方からし
てみれば、余計なお世話じゃないだろうか?

610 :実習生さん:03/11/18 15:04 ID:leVz9/nl
>>609
あー 学力低下の問題点がずれてるよ。
学力敗者や高学歴フリーターとかは、どうでもいいの。

問題は、日本を支えるエリート層の学力が低下しちゃったこと。
エリート層は私学・塾に通うから大丈夫というのは、妄想だよ。
私学進学校から東大に入ってる層も学力低下してるんだから。

東大や京大の先生のほうが、学力低下問題に熱心でしょ。
MARCHには学力低下なんて関係ないの。どうせ学生はバカだから。

学力向上を言っている人は、日本のトップを支える人の学力はこの
くらいが最低必要で、そのためには小中高ではこれくらいを教えなさい、
と言っているんですよ。
だから、多数派の人が「ふ〜〜ん」としか感じないのは当然なんです。
ゆとり教育の方が国民の90%くらいにとっては、直接的には
幸せ(回りまわって不幸)かもしれないけどね。

理系の先生が多いでしょ、アンチゆとり教育は。日本の科学技術を
発展させる人材のためなら、現行の「ゆとり」指導要領じゃ無理なんですよ。
それは正しい。でも、科学技術者に将来なる人はほんの一部なんです。

科学技術立国ニッポンなんてヲタの妄想なんだから、楽しくやって
三流国に転落するか(20代にいい技術者が消えたから、現場はすでにそう)、
まあ無駄でも勉強させて、無関係な大多数のアホ生徒を巻き込むか、
どっちかの選択ですよ。

今の社会は、90%の国民には学力なんかいらないのよ、ほんと。
中卒で十分。高校進学率も30%くらいにしちゃってさ、中卒増やして、
国民の平均給料を下げるといいよ。どうせ、ゆとり教育やっても、三流国に
なって、賃金下げるしかないんだから。

611 :609:03/11/18 16:22 ID:RCmIPx7D
>>610
>問題は、日本を支えるエリート層の学力が低下しちゃったこと。

つーか、学力低下論者は、エリート層にはどういう「学力」が必要だと思ってるわけ?
それがそもそもよくわかんない。
例えば、今の名門国私立では、学校の授業はテキトーに聞いて、外の予備校・塾で受
験勉強に熱心な連中が多いという現状がまずある。
学校の授業の質が低い(?)というよりも、そういうところの教師は、教養的趣味の
授業や、「入試には出ないけど高度」な方向に走りがちだからね。
授業レベルの高低以前に、得点力にならないことは見向きもされてないのよ。

そういうのを見てると、いったいどうすればいいのか、よくわからんのよ。

06年から、トヨタ自動車他が、愛知県でエリート教育ごっこを始めるらしいが、こうした
現状で、モデルケースになるかどうか?

612 :実習生さん:03/11/18 16:38 ID:GTRNAaLq
>>611
エリート層は勉強が出来ればあとは何をやっても良い
って教育だろ?
塾は勉強しか教えないし、学校はエセ個人主義というか何にも教えない。
人が人としてどうあるべきかとか日本はどうあるべきかみたいな
居酒屋で親父が愚痴ってるような哲学っぽいものをたたき込むべきだね

613 :実習生さん:03/11/18 16:38 ID:GTRNAaLq
つづき

勉強は本当はその次なんだよ

614 :609:03/11/18 17:13 ID:RCmIPx7D
>>611
自分で書いててなんだが、国立中高等はある種の実験校になっている場合があり、
授業が大学受験には直結しにくいケースもあるんだよね。
だから仕様がない一面も無くはない(それでも、どこか倒錯した光景だと思うけどね)

>>612
06年にトヨタ等が作る学校は、イートン校をモデルにするそうで、そうした教養知
みたいなこともするんじゃないの? 
日本でイートン校のマネをしても、勘違いしたバカなボンしか集まらないような気もするし、
万が一大学入試で実績が出せなかった場合、父母が満足するかどうか・・・?

615 :609:03/11/18 17:18 ID:RCmIPx7D
それと、>>610のような理屈はやはり承服し難いものがあるよ。つまり、一部の突出した
才能を生むためには、枯れ木も山の賑わいが必要、という理論でしょ? 
まあ間違ってはいないけど、例えば院なんかそれで屍の山を築いている訳だからね・・・。

いずれにせよ環境的にも制度的にも、日本でエリート教育は困難だと思うけどね。
骨の髄まで、上から下まで、良くも悪くも大衆化されちゃいましたから。
(狭義の受験エリートなら、また再生産することも可能でしょうけど)

ま、たまたま両親共に研究者ですとか、そうした運がいい家庭の子どもなら、生まれつき
学歴だけではない教養の大切さも知っているし、学校なんか関わりなく優秀に育つで
しょうけどね。さてそこで、いったいどれだけそうした家庭があることか・・・。

616 :実習生さん:03/11/18 18:09 ID:34lfaWZD
>>615
>理屈はやはり承服し難いものがあるよ

理屈を言ってるじゃないよ。>>609 の現実認識が変だってこと。
事実を簡単に言えば、

・ゆとり教育をやった
・科学技術の水準が下がった。大学での理系教育壊滅
・「分数のできない大学生」とか、理系の大学の先生が騒いだ
・国民的「ゆとり教育」論争に発展
・文科省が「学力向上」に方針転換

こういう経路に影響されて、「学力向上」の根底はエリートどうたらと
いうより、国際競争に参加するごく一部の、それも理系の人間のための教育。
英語や国語の「ゆとり教育」の弊害はそんなに議論されてないし。
「ゆとり教育」論争の中で、議論が膨らんできたけどね。

教養主義とかもあーんまり関係ない。

この手の議論でワンパタンで出てくる、受験エリートがほげほげ〜とか
いうのも、些細な問題なんですよ。そりゃ現実の中高じゃ、受験は
大きな問題なんだけど、くだんの理系の大学の先生たちにとっては、
受験が弊害になる程度のバカなやつら(合格して虚脱状態になるような
カスも含めてね)は頭にないですよ。科学で国際競争するというレベルなんだから。

そりゃ、大部分の生徒には「ゆとり」教育のほうが嬉しいんですよ。
科学技術立国捨てて、三流国で楽しく生きるのも一つだと俺は思うよ。
みんなで田んぼ耕して、米を作ろうよ。そういう社会じゃ、円周率は
約3でじゅうぶんですよ。

617 :実習生さん:03/11/18 18:12 ID:GTRNAaLq
>>616
無知のくせによくもましったかしたもんだなw

>そりゃ、大部分の生徒には「ゆとり」教育のほうが嬉しいんですよ。
現状は全然ゆとりの教育になってないってしらないんですか?

>そういう社会じゃ、円周率は約3でじゅうぶんですよ。
円周率は3.14ですが何か?

618 :609 :03/11/18 18:41 ID:RCmIPx7D
>>616
>くだんの理系の大学の先生たちにとっては、
>受験が弊害になる程度のバカなやつら(合格して虚脱状態になるような
>カスも含めてね)は頭にないですよ。

仮にそれが彼らの本音だとしても、そうした「一部の突出した才能を生むためには、
枯れ木も山の賑わいが必要、という理論」で本当にいいのか? と私は言っている訳なんだが?

619 :実習生さん:03/11/18 18:48 ID:l2+TD1ZS
>円周率は3.14ですが何か?
つっこんでいいの?

620 :609:03/11/18 18:53 ID:RCmIPx7D
>>619
「円周率約3 ウソ」でググれば? 「約3とする」は誤報だったんだよ。

621 :実習生さん:03/11/18 19:25 ID:34lfaWZD
>>617
揚げ足にもなってないね、あんたの見識はゼロだし。

>現状は全然ゆとりの教育になってないってしらないんですか?

「ゆとり」とかぎカッコをつけた意味がわからない?
現状がゆとりかどうかは関係ない。そう考え、それが悪の理由と考えている
人がたくさんいる、ということですよ。

>円周率は3.14ですが何か?
わはははははは。あんた、バカ?
だいたい、円周率が3.14か3かとが問題じゃないの。

瑣末なところだけに突っ込んで、どうも君は本質が何かわからん人みたいね。


>>618
いいか悪いか、と言ってるんじゃないですよ。
「一部の突出した才能」とまでいかなくても、高度な社会を維持するために、
一定水準の教育は必要です。「ゆとり」教育じゃ、今の社会体制は無理。
今の30歳前後やそれ以下のところで、理系では悪影響がわかってるわけです。
だから、いっしょに社会のあり方も変わるね、ってこと。

どういう社会を選択するか、そのためにどういう教育をするかは、別の議論です。
たとえば、「ゆとり教育」だの科目選択だの言い出したら、高校全入が本当に
必要なの?ということにもなる。学校削減=職を失う教師の猛反対 だけどね。

622 :609:03/11/18 20:43 ID:md7yFJXq
>>621
>「一部の突出した才能」とまでいかなくても、高度な社会を維持するために、
>一定水準の教育は必要です。「ゆとり」教育じゃ、今の社会体制は無理。

いや、貴方が理系のエリート教育の話を始めるものだからさあ・・・僕が言いたいのは、

・「枯れ木も山の賑わい」型では、敗者の負担が大きいのではないか?
(これについては、大学院重点化の先が見えてきたので、早晩、破綻するでしょう。
 それでも今後、破綻しながらもズルズル行くのでしょうかね、公共事業のように)
・現在の日本で、そうした理系人たちが望むようなエリート教育がそもそも可能なのか?

という2点ですね。理系人たちは、現実の中高の現場をよく知らないのではないでしょうか?

>どういう社会を選択するか、そのためにどういう教育をするかは、別の議論です。

メディアでも、結局、我が子をゆとり教育から守れ。という論調に落ち着いてしまう
訳で・・・カネがあるなら私学や塾に行かせましょう、という話で終わってしまう。

NHKではフィンランドのケースをモデルにしていたけど、恐らく向こうには何ら
かの国民的合意があるのだろうし、社会的背景も違うのでしょうね。

623 :実習生さん:03/11/18 22:41 ID:mspj/cP6
>>622
もともと、 >>609 の意見がどうか、ということなんですが。

>こんな状況で「学力低下が国力低下」と言われても実感がない。

現実は学力低下で理系を中心にいろいろ困ってしまった、ということです。
文系のほうは、影響がはっきりわかるのにもう少し時間かかるでしょうね。
私も、大多数の人間にとって実感ないのは当然だ、と言っているでしょ。

「ゆとり教育」は、現実の中高の現場にはあっていると思うし、大部分の
生徒には嬉しいのだと思います。それと、「学力向上」反対論は、中高の現場
では強いんじゃないですか? 現場の先生らしき人の反対論はよく見ますし。

>理系人たちは、現実の中高の現場をよく知らないのではないでしょうか?

知らなかったと思いますよ。少なくとも、議論を起こしてから勉強したんだと
思います((西村・戸瀬・岡部、上野らのこと)。大学の現場からの声だから
純粋ではあり、それ自体には反対しようのない意見だと思います。

今になって「教育論争の背後」を探る(塾や予備校のためのゆとりとか、ね)
傾向がありますが、当初の理系人は純粋だった(純粋に過ぎた)でしょう。

624 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

625 :実習生さん:03/11/18 22:51 ID:mspj/cP6
>>622 の質問にも答えておきましょうか。

>・「枯れ木も山の賑わい」型

勉強させて、入試に落ちた敗者の負担は今も昔も大きいでしょうね。
入試のことを抜きにしても、なんのために微積分でも、古文や漢文でも
苦労して勉強するの?ってことになる。

私自身は、「ゆとり」とか言い出すくらいなら、高校に無理して行かさなくても
いいんじゃないか、という考えです。全入させてるから、指導要領がもたない
面もあるわけだし。高校減らすわけにいかんから、「ゆとり」にしてるんだったら
本末転倒でしょう。

それと、途中で競争から降りるのも自由ですよ。学校で難しいことを勉強しても
しかたないから、社会に早く出るという考えは昔からあるわけで、そういう意見の
人が多数派になれば、学校は変わってきますよ。
そういう社会もいいんじゃないの、と私は言っているわけです。多数派にならないの
だったら、まあ、問題があっても今の形のままでしょうね。

大学院のポスドク1万人計画とかのことなら、破綻は最初からわかることだし、
「学力低下」云々とは別の話です。成人の行く場所だから、自己責任。

>そもそも可能なのか?

教育制度をいじった時の危険性で、一度壊すと直すのには時間がかかります。
可能だとしても、かなり先でしょう。国立大学の法人化も、たぶんこのパタンかな。

>結局、我が子をゆとり教育から守れ。

ああ、「どういう社会を選択するか」以下の部分は、国としてのことで
個々の家庭レベルの選択のことではありません。

626 :609 :03/11/18 23:35 ID:md7yFJXq
>>623
>「学力向上」反対論は、中高の現場では強い

「かつて、受験受験の学校に勤めていてイヤだった」とか、競争主義のマイナスの
側面を見た人が、学力向上論には懐疑的ですね。
一方、公立進学高の教師は過剰なまでに心配してますよ。

>>625
>それと、途中で競争から降りるのも自由ですよ。

今は降りたらフリーターにでもなるしかないので降りれません。かといって進んでも
大した希望も無いです。「学力低下」というよりも、若年労働政策の無策ですが。
そうした観点から見ても、中等高等教育の大衆化はすでに失敗してますよね。

>そういう意見の人が多数派になれば、学校は変わってきますよ。

そうした社会になるなら、私もそれはそれでいいと思っているんですけどね。

627 :609:03/11/18 23:36 ID:md7yFJXq
>成人の行く場所だから、自己責任。
それはちょっと冷酷じゃないかと私は思うんですけどね。騙された方が悪いんだけどね。

>教育制度をいじった時の危険性で、一度壊すと直すのには時間がかかります。

つーか、今の「名門」国私立の連中を見ていると、「ゆとり教育」の是非以前に、
今の日本でエリート養成が困難であることは明白なんだけど。
理系の人たちは、そんなゴタクはいいから、とりあえずはまずは理数力のスコアを
上げてくれ、ってことなのかな?

>国としてのことで個々の家庭レベルの選択のことではありません。

だから、みな個々の家庭レベルのことばかり気にしてますよね。
さらに名指しはしないが、そうした風潮で商売するバカがいて、そのバカに「純粋な」
(?)学力低下論者の学者も手を貸す、というひどい有様ですよ。まったくひどい。

右にも左にも、国家的な明確な選択の合意が見えませんよね。欧米には合意があるの
かもしれませんけど。だから、理系人の主張も、社会への広範なメッセージには成
り得ませんでした。淋しいことではあります。

628 :実習生さん:03/11/19 01:19 ID:QKavdvL5
>>617
揚げ足にもなってないね、あんたの見識はゼロだし。

>現状は全然ゆとりの教育になってないってしらないんですか?

「ゆとり」とかぎカッコをつけた意味がわからない?
現状がゆとりかどうかは関係ない。そう考え、それが悪の理由と考えている
人がたくさんいる、ということですよ。

>円周率は3.14ですが何か?
わはははははは。あんた、バカ?
だいたい、円周率が3.14か3かとが問題じゃないの。

瑣末なところだけに突っ込んで、どうも君は本質が何かわからん人みたいね。

なんだこんなくだらんことしかいえんやつだったのか







629 :実習生さん:03/11/19 01:23 ID:QKavdvL5
>そういう社会じゃ、円周率は約3でじゅうぶんですよ。

自分で3って逝っておいて

>だいたい、円周率が3.14か3かとが問題じゃないの。

だって

分裂病か何かですか?

630 :実習生さん:03/11/19 01:32 ID:uwq8Jn2R
結局、少子化が問題なんだよ。

第2次ベビーブームの時はゆとりになっても勝手に競争原理が働いて
学力自体は落ちなかったと文科の知人が言ってたよ。

631 :実習生さん:03/11/19 02:03 ID:aG68asIQ
【賛成】なぜ女は海外留学するために風俗嬢までするのか?【反対】 ニュース速板
1 名前:番組の途中ですが名無しです 03/11/18 14:01 ID:M20N34Eh
彼女が風俗でお金ためて留学していたら・・・

けっこういるんだよ・・・低所得層の留学希望ばか女が!

http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1069131682/l50



632 :実習生さん:03/11/19 02:17 ID:K0tBalba
>>628-629=617

はいはい、煽りとしてもくだらんことしか言えない
アホは早く寝ようね〜

609 とは別人だろうし、他人の議論に口出すにしても、
617,628,629 と、無意味なことしか書き連ねて・・・
もともと >>616 の何がそんなに気に入らんかったのかねえ。

633 :609 :03/11/19 21:39 ID:ToSdAiMf
<ゆうべの続き>
理系人たちが、本当に理系エリートを欲しいのなら、例えば現在の公立学区トップ高・
有名国私立クラスの生徒の現実から変えないとムリじゃない? 
>>611に書いたけど、こういう相対的には知性が高いはずの学校でも、現実には、

「受験少年院化」or「仮に教師がいい授業をしても、受験に直結すること以外は生徒が聞いてない」

という事態が、往々にして起こっている訳で・・・これら以外の、近年、進学実績の躍進
で売り出してる私学に至っては論外だね。外向けにはもっともらしいことを言ってるけど・・・。

最近は、文科省もスーパーサイエンス・ハイスクールとか言い出してるけど、実態はどうなのか?

あの人たちは、全体の母集団の質を高めるために、大枠の体制を変えなきゃどうにもならんという
発想で騒いだんだろうけど、結局は受験産業・私学に儲けさせただけ。
あとは、成果としては検定外教科書程度なのかな・・・。

634 :実習生さん:03/11/20 01:34 ID:6idHI+H+
>>632
まあくだらんことしかいえないのはいったいどっちだか。


635 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

636 :実習生さん:03/11/22 11:55 ID:0NDJ6/ri
>>633
>スーパーサイエンス・ハイスクール
実体はよくわからんが、私学ならうまくやるんではなかろうか

っで、学力向上フロンティアスクールも
基礎基本が読み書き計算、反復練習が大切という認識に欠けた教師ばかりの現状では
ほとんど効果は期待できない。

まあ、まず、
1)聞く姿勢
2)ノートの指導
3)反復練習
これを徹底してほしいね

637 :実習生さん:03/11/22 12:24 ID:l2GvtIkJ
>>636
学力向上フロンティアスクールは実践研究指定校であって、うまく行った
あかつきには他の学校にその方法を普及することが予定されている。
あなたが言うのも一つの意見だが、それも含めていろいろ試す場じゃないか?

638 :実習生さん:03/11/22 17:42 ID:OcPkzfyK
>>637
研究指定になるって自ら進んでなるわけではない。
適当にやってる学校があるということだよ

639 :実習生さん:03/11/22 18:03 ID:qQs3JAFa
各種研究校になると予算が取れるからね

640 :実習生さん:03/11/22 23:50 ID:K+sMJ/o6
>スーパーサイエンス・ハイスクール
>学力向上フロンティアスクール

どちらも、一時のものだよ。
それに踊らされる指定校が哀れ。
文科省指定や県指定で、研究校になっちゃうと、学校も荒れるし。
研究校程時間や手間をかける余裕が 今の義務教育校には無いでしょ。

絵空事だね。


641 :実習生さん:03/11/23 01:31 ID:ygn67od0
地方国立大で教えているものですが、農学部・工学部あたりに
職業高校出身の「推薦組」が最近とくに目立つようになった。
このコースのほうが一般入試よりずっと入りやすいらしい。
こんな抜け道があるようでは、、、学力低下以前の問題ですまそ〜
こいつら、「できない」なんてレベルじゃないぞえw
学生募集のためにここまで身を落とすとは、、、情けない!

642 :実習生さん:03/11/23 05:19 ID:W++o1oT7
無能なる教師どもよ。これでも読んで勉強したまえ。
http://www.ambitious.pref.fukuoka.jp/chousa/kouenroku/kou-akiyama.htm

643 :実習生さん:03/11/25 00:50 ID:P/DQaI2g
>>609-639
研究のけの字も知らない暗記バカ学生は引っ込んでいろ。
君たちの全く見当違いの議論は時間の無駄だよ。


644 :実習生さん:03/11/25 01:34 ID:q6DZbgan
>>643
>君たちの全く見当違いの議論は時間の無駄だよ。

それではここらで、「研究」を知ってらっしゃる方から、的確なご意見をひとつ・・・。
(これは煽りで言ってるんじゃないですよ)

645 :実習生さん:03/11/25 01:54 ID:Ox+E+/0C
>>644
643のような書き込みをする香具師って、
「お前らは内容がない、引っ込んでろ」の一点張りで
自分の意見は何一つ言わないに、20000カノッサw

646 :644 :03/11/25 02:32 ID:q6DZbgan
>>645
真面目な話、大学界隈の人々(いちおう、日本の学校教育の上流にいる人々)が、
「学力」についてどう考えているのか?
いろいろ見聞したけど、いまひとつよくわからんのよ。ただ、「何か」が低下して
いる、という実感だけは共通しているらしい。

その「何か」とは、人によっては「(受験で測れる、点数的な)学力」だったり、
「学生の読書量」だったり「文章力」だったり「礼儀・常識」だったり「学生の意欲」
だったり、あるいはこれらの複合だったりする。

自分は、いわゆる「(受験で測れる、点数的な)学力」が、ある種の指標に成り得る
ことは否定しない。
例えば、偏差値外の学校(実業系など)から一般受験の枠外で入学したヤシが、講
義についていけませんでした。という類の話はよく聞くからね。

647 :実習生さん:03/11/25 02:34 ID:5LSOhl+u
教員ってそんなに暇なの?
アフォな一部の教員って自分が不適格&世間知らずなのを棚にあげて、
教育委員会や文部科学省を批判してる奴いるよね
特にテレビに出てる君だよ君。
家に帰ってテレビに映ってる自分の姿観て反省しないの?
いつも、両手を組んでふんぞり返った態度でさ。
他の大学教授とかパネリストは謙虚な態度をかもし出してるのにさ。
視聴者が君を通じて教員の傲慢さを感じて辟易してるのがわからないのかな?
虚勢を張るにも限度があるでしょ?常識のある社会人ならさ!
っていうかそこのところが教員の世間知らずと言われる所以か。


648 :644:03/11/25 02:35 ID:q6DZbgan
ただ、こうした指標で測れる範囲の「学力低下」と、必ずしもそれでは測れない範囲(例えば、
読書力や文章力など)の「学力低下」とは、慎重に峻別して議論すべきだと思う。

これらは場合によっては相補い、場合によっては相反するものだと思うのだが、す
べてを一緒くたにして「学力低下」と断じるのも乱暴でしょう。
このあたりの話をすっきりクリアーに聞きたい、と思うんだが・・・。
私個人は、はなはだ曖昧だけれど、本当に学生が無教養で幼稚になっているとすれば、
社会的な教養の低下の反映でしかなく、若年層にばかり「もっと勉強しろ」と説教
するのはいかがなものか? と思っているけどね。

とりあえず、国大協はセンターを多科目化するようで、「なーんだ、結局は大学の方
々は狭義の受験学力を向上して欲しかったのか」と拍子抜けしている。
それでいいなら、受験で測りにくい力の低下を嘆いたりなどはしないことだね。
昔は知らないが、今、受験外の力まで身に着けられるヤシなどそんなにいないのが現実でしょ?

649 :644:03/11/25 02:40 ID:q6DZbgan
>>648>>646の続きです。

>>647 は誤爆か?

>いつも、両手を組んでふんぞり返った態度でさ。

K上亮一とか?

650 :実習生さん:03/11/25 16:10 ID:fZgdJfTy
なんで学力低下とか言ってて詰め込み教育やめるんですか?
なんで学力低下とか言ってて偏差値教育否定するのですか?

詰め込まれた内容のないガキどもがどうやって考える?
空っぽの頭で何ができる?考えるにも最低の詰め込みが必要なくせになんで詰め込みを批判する?

偏差値だってこれほどすばらしいシステムはないというくらいすばらしいだろ!
点数が10点落ちても偏差値が10あがってたら嬉しいとか!点数が上がる喜びもあるが偏差値が上がる喜びもあるだろ!

だいたい文科省は偏差値と詰め込みのどの辺が駄目か説明せずに否定だけして馬鹿か?

651 :実習生さん:03/11/25 21:28 ID:2ozbNcX8
>>650
それは国民が望んだからだよ。
文部科学省は単なる行政機関で、宏遠なる教育理念や主義を拝して仕事をしている
わけではないよ。
昔、言っていたことを反省しないで文部科学省のせいにしている奴はバカだ。


652 :実習生さん:03/11/26 17:02 ID:4avO89qk
でも韓国みたいな異常なほどの学歴主義の国にはなってほしくない

653 :実習生さん:03/11/27 23:08 ID:ijMFrzYd
>>652
日本の基礎研究は米国よりも劣るが、韓国のそれは日本以下だ。
試験の解答能力を高めても、なんにもなりません。
詰め込みすぎて、創造性が低下している。
その意味で一億総暗記バカ教育を改める方向は間違っていません。
詰め込みという教育を受けてきた暗記バカにはわからんでしょうね。
暗記バカの守旧派がいる限り、日本の科学教育は破綻するでしょう。
問題なのは、勤勉な日本人から怠惰な日本人に国民性が変化したことでしょう。
勤勉な日本人なら、ゆとり教育になっても、自分で勉強するでしょう。
大学生は同棲バカや極楽バカばかり。
勉強しろと言っても理解できないほどのバカが多い。


654 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

655 :実習生さん:03/11/28 00:08 ID:c+KXb1g1
>>653
>日本の基礎研究は米国よりも劣るが、韓国のそれは日本以下だ。

そもそも、お隣の詰め込み受験国家である韓国・台湾などの学術・ビジネスのレ
ベルはいかほどなのでしょうかね? 中国はどうなんですか?

>問題なのは、勤勉な日本人から怠惰な日本人に国民性が変化したことでしょう。

若年層が本当にバカだというなら、それは社会的な国民性の影響でしかない
と思うんですけどね・・・。

>勉強しろと言っても理解できないほどのバカが多い。

そう説教したところで、文系の多くは勘違いして、資格・公務員予備校や、語学学校に
貢ぐだけですよw 「勉強」とは、そういう所で「試験勉強」をすること、というイメージ
だけしか無いですから。後はせいぜい、単位取りや院試の勉強をマジメにやる程度かな?

理系はよく知らないけど。まあ、そういう国になっちゃったってことですよね・・・。

656 :実習生さん:03/11/28 08:17 ID:J6n2AQ15
> その意味で一億総暗記バカ教育を改める方向は間違っていません。
> 詰め込みという教育を受けてきた暗記バカにはわからんでしょうね。

以前の貴方の言う所謂詰め込み教育が盛んだった時期に
小中だった者ですが、あの程度が「詰め込み」と感じられるようでは、
そもそもDQN認定です。議論に加わる資格はありません。


657 :実習生さん:03/11/28 08:53 ID:BinDp3CD
>>656がどれへのレスかわからん通りすがりのものだが、

知識+独創性>知識のみ>独創性のみ

知識のめもダメだが、知識にもとづかない独創は単なる独走/独奏。


658 :実習生さん:03/11/28 10:52 ID:dvDejF3G
静岡浜松市立江西中2001年卒業生掲示板。 http://bbs6.cgiboy.com/9R0320599/ 卒業生専用

659 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

660 :実習生さん:03/11/28 17:33 ID:YIa0lcQI
12/1(月)21時〜
テレビ朝日系列
たけしのTVタックル「ゆとり教育の功罪」
です

661 :実習生さん:03/11/28 17:51 ID:FpR6MRru
>>660
TVタックルはつまらんよ。いつも、最初から展開が決まってて、その通り
に編集するだけだし。
今回も、和田秀樹が興奮して独りで暴走。森永卓郎は「ゆとり教育でバカを
増やそうとしているんですよ」とか言って、階層化を批判。

一方、寺脇研はヘラヘラしてるだけで、ミヤテツは「教育には自由化が必要」
とか連呼するだけ。
そして今日も、大竹まことはただ怒鳴ってるだけ、たけしは座ってるだけでギャラを貰う。
(ところで、たけしは阿川さんや丸川と寝たんだろうかね?)

662 :実習生さん:03/11/29 00:43 ID:poTBMyNr
>>656
高校までのお勉強が、大学でどの程度役に立ったのか考えたこともないバカには
詰め込み教育の功罪を論じる資格はない。そういう愚か者は高校と大学の違いすら考えたこともないのだろう。
 大学では高校で得た知識の10倍は身につける。そのくらい勉強しないと、研究し
ていくことは出来ない。学問をやるのに必要な知識を身につけ、試行錯誤しながら研究していくことを詰め込みとは
言わない。
 >>657
 身につけるべき知識が何か考えたことはありますか?
高校までのお勉強が知識というのか?
馬鹿な教官の下で研究のまねごとをしただけではわからないかもしれないね。
 


663 :実習生さん:03/11/29 02:52 ID:/Im4tlri
Seulement?

664 :実習生さん:03/11/29 05:39 ID:6aPIaXHv

このスレ、すごく読みにくいね。

学校に持ってって作文書くときの×な例として使おうかな?

665 :実習生さん:03/11/29 13:20 ID:Uvta8Vtb

わが国の国語力低下の実例集として楽しめるから良いと思います。

はい、次の方どうぞ。


666 :実習生さん:03/11/29 20:49 ID:q472Vq1W
本当は、思考力をともなったしっかりした学力を身につけるには、少しだけ難しい
授業をやったり、少しだけ難しい演習問題をやったほうがいいんだと思います。
そうすれば、生徒はそれを理解しようとして必死になる。そしてできれば自信がつく。
もちろん、その努力は少々の苦痛をまねきますが、それを我慢しなければ学力はつかない。

でも、そのやり方は、今は評判が悪いですね。そんな教師は、へたすれば、
わかる授業ができないといって非難される。
子供だって根気がないから、ついていけない子が続出する。ことによると、
そんな勉強は退屈だと騒ぎ出して、授業を壊すでしょう。

そこで、仕事に熱心ないい教師は、高度なことをうまくかみ砕き、スムーズにわかるようにして、
いちおうテストができるように工夫します。プリントに工夫を凝らし、順番に
やっていけば理解できるように、ポイントのまとめや問題をうまく並べます。
ゲームや実物、たとえ話、映像やおもちゃまで教室に持ち込み、
退屈な授業に「面白さ」の味付けをして、子供をひきつけます。

そして、テストができるようになって、成果が上がって万歳と。
でも、それでいいのでしょうか?

そうした子供が、次の段階の勉強に進んだとき、やっぱり、やさしくて親切にしてもらわないと、
勉強ができないんですね。自分で学ぼうとする気力も、根気も、身についていない。
世の中に出ても学ぶべきことはいっぱいありますが、もはやまわりには優しい先生はいない。
そのときにどうするかです。

授業を改善すれば、学力は伸びるはず。ですが、それにこだわった議論には、
落とし穴があると思います。

667 :実習生さん:03/11/29 21:10 ID:aMqoP5dv
>>662
ええと、つまり、だからどうしろと?
>>666
それは何とも言えない。誰しも、得意な教科の場合、「なんてバカ丁寧で非効率な
授業をしていやがるんだ」とハラが立ったことはあるだろうし、不得意な(難解な)
教科では、「もっと丁寧に教えて欲しい」と思ったことだろう。

端的な例では、塾・予備校では丁寧な授業に身を入れ過ぎで、大学の講義は往々に
して無頓着なのでしょう(もっとも大学の場合、自学自習する場所なので、それでいい。
という建前が、良くも悪くもある) そして、小中高は中途半端。

私自身は、ある私学で実験されているという、徹底した自学自習形式の学習システムに
興味があるのだが、昔ちらっと読んだだけで、ソースが見つからない。

付言すれば、自学自習といえば苦悶式だが、あそこは教師が素人なので、つまづい
た生徒をフォローできない。教材も、計算能力を高める狙いが主体なので、効果は、
せいぜい、小学校高学年・中学生までなんだよね。

668 :実習生さん:03/11/29 22:19 ID:okX+S6rh
>そうした子供が、次の段階の勉強に進んだとき、やっぱり、やさしくて親切にしてもらわないと、

そういった側面はありますが、そういうお膳立てされた授業というのは半分は必要で
残り半分は、「いやでもやらなければいけない」勉強をさせればいいです。
そして肝心なことは両者が全く無関係ではないということいかにわからせるかです。

っでそれが教師の仕事だろ


669 :666:03/11/29 22:46 ID:q472Vq1W
>>668
その通りですね。
その、「いやでもやらなければいけない」勉強をやらせる強制力が残念なことに
いまの学校では低下している。だから、「そういうお膳立てされた授業」に
偏ってしまうんです。

670 :実習生さん:03/11/30 01:28 ID:sWokZKxD
ぷろじぇくと
)))))))エークスエークスエークスエークス)))))))

671 :実習生さん:03/12/02 21:24 ID:oTITA1/7
学力低下は教師の資質低下に原因がある。
教師ももっと勉強すべきだ。
子どもに学ぶ意欲を持たせられない教師は首にすべきだ。


672 :666:03/12/02 23:13 ID:49yniQa3
学力と言う意味でなら、教師の資質低下は国策です。
わざと生活指導関係の単位や教育実習、介護実習などを増やし
一般企業志望者と掛け持ちさせないようにしているので、
有力大学の学生は教師を目指さない、教育学部は受験生の人気がない、となっています。
これは世間が望んだことのはずです。
教師にでもなろうと言う人より教師になりたい人を。
授業はそこそこ、それより不登校やいじめや問題行動にも対応できるような教師を。
採用試験でも勉強より人間性を・・・

>>666にも書きましたが、「楽しい授業」をやれば表面的な意欲は高まるんです。
教員の勤務評定では、たぶんそんな教師が授業上手として評価されるのでしょう。
そして、お膳立てされないと勉強のできない人間の大量生産。

管理主義も過去のものとなり、親や世間もうるさくなり、「恐い先生」もいなくなってきました。
受験戦争を勝ち抜けばいい会社に入っていい暮らしという俗な目標だって色あせた今、
何か子供を強制的に勉強させる手段を導入しないと大幅な学力アップは無理と思います。

それを何とかするのが教師の仕事だろコノヤローとか誰か煽ってくるかな?
でもいまさら学力とは、世間様のご都合主義にも困ったものです。
図体のでかい公教育はそうすぐに方向転換できないし。

673 :実習生さん:03/12/02 23:38 ID:nbdo+bzl
情報が多すぎるんだよ。

674 :実習生さん:03/12/03 00:55 ID:CHKWcRui
TVタックルみたけど
まあいつも通りの内容だったね。
結局公立バッシングして私立の方がいいよ
っていってるだけ。
そうやって公立不振をあおって、私立や塾へ行くようしむけてる。

でも事実だからなー

ただ一つ許せなかったのは


円周率3.14は教科書から消えてませんが何か?

675 :実習生さん:03/12/03 01:07 ID:TME5Y4tN
最近のマスコミって私立マンセーだけどさ。実際のところ私立も公立も変わんないよな。
教育法人、そもそも教育なんて目的も結果も手段もあやふやなものを目的としたものが法人組織として成立するわけがない。
マスコミも公立を貶めるために私立に肩入れしてるだけなんだろうがよ。私立に入れることに熱心な親を見ると馬鹿だなーって思うよ。
今の時代、余計なことしようとせず、とりあえず卒業だけさせてくれる学校に入れるのが一番だよな。それで、勉強したかったら塾その他もろもろの完全な民間組織にお任せしたらいいよ。


676 :実習生さん:03/12/03 01:29 ID:0pOmSoVq
>>674-675
私学・塾関係者がそういうハッタリで商売できるのも、あと数年だよ。
そうした場にいる相対的な上位層も、今の社会環境・教育制度にはうんざり
してるし、飽きはじめていることは、ちょっといい大学に行けば誰でもわかる。

もちろん、「学歴」があった方が何をするにもお得なのは事実だが、何より肝心なのは
親の意識だよ。例えば現在、就職できる学生・できない学生の別れ目は、露
骨に親の意識と相関するそうだ。
どういう意識なのか、ちょっと具体的なデータを忘れたのでスマソだが。

677 :実習生さん:03/12/03 07:47 ID:lOH/LKE4
まあ情報を捻じ曲げて視聴者に報道するのはテロ朝の得意分野という事で・・・

678 :実習生さん:03/12/03 10:57 ID:6pyrI6HA
>>677
別に朝日に限ったことじゃないな。
最近新聞を賑わしている日テレもそうだし、民放はすべてそう。
国営も『プロジェクトX』に代表される演出過剰な番組をやってる。

演出とヤラセには明瞭な差はないし、
そもそも、テレビだとヤラセなくても勝手にしてくれるし。
それを差し引いて見られるかどうかが重要だけど…
読解力や思考力が訓練不足になっているよな。


679 :実習生さん:03/12/03 13:00 ID:xxUxPx5w
>>677
ニュースはバラエティ番組なんですよ。
だからネタを仕込むのは当然です。
いまどきヤラセなんて騒いでいる方がおかしい。

680 :実習生さん:03/12/03 22:31 ID:U34dOGYY
「先生に出会ったから、学ぶきっかけが出来て一流になれた。」という
話は多い。今の子ども達が大人になって,同じような台詞を言ってくれ
るのだろうか。
子どもに火をつけるのが一流の先生だと思う。
それとも、暗記や計算を強制するのが仕事なのか?

681 :実習生さん:03/12/03 22:44 ID:Cmy/H8bJ
●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
●  http://6531.teacup.com/tantei007/bbs【ファイルにコピーして開いて下さい】
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■各種データ・電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
ジャンプしない場合にはファイルにURLをコピーして開いて下さい★☆★
●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
●復讐代行・人生相談・駆け込み寺
--------------------------
◆呪屋本舗◆
●怨念波動・怨念呪殺術代行!!!
●憎き相手を奈落の底へ!!!


682 :666:03/12/03 23:08 ID:d4Gqdcq0
>>680
興味をもてて、関心が高まるような授業をするのは非常に大事なことだと思います。
文部科学省がいう「生きる力」とはそれです。最近まで教育行政の主流の考え方でした。
興味を持つように持って行けば、あとは生徒は自分で材料を求めて勉強していくはずだ、
という考え方ですね。

ところが、今いわれている学力不足論には、それでは不十分なのです。
一流になった人たちも、学校の授業が興味を持つ出発点だった人がいるでしょうが、
実際に一流になるまでの過程では、大変な努力をしてきたはずです。
その努力は、(オタクと呼ばれるような人の特定関心事への執着を別にすれば)
単に内面的な興味だけで実行できるものではありません。
地位や収入への期待、ライバルの存在、資格取得など、さまざまな動機付けがあるはずです。

683 :実習生さん:03/12/03 23:49 ID:U34dOGYY
>>682
やる気のない奴に強制的に勉強させても無駄な様な気がします。
教師はそれではダメなのでしょうね。
受験技術を身につけさせるための教育を続けていては、日本の科
学技術は滅びます。

参考資料
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/jinzai/haihu03/siryo3.pdf

684 :実習生さん:03/12/03 23:56 ID:9bpX3BMN
>>682
そうした外面的な動機付けにおいては、日本はすでにバランスを失している。

>地位や収入への期待
少なくとも院以上においては、院生の濫造で、「学問に励んでも大して得をしない
(ヘタをすれば損をする)」状況がすでに完成した。
ある程度で切り上げて就職するパターンが確立されている理系以外の課程の存在意
義がよくわからない(これにしても、深入りするとヤケドする)

、、、この狭い椅子取りゲーム、いつまで保つのか?

院は極端な例だとしても、学部が、事実上、就職免許状交付所と化して久しい。
進学率上昇による学歴のインフレ化と就職難で、各レベルで免許の相対的価値は下落し
ているにも関わらず、就職のために降りることもできないというどん詰まりな状況になっている。

685 :実習生さん:03/12/03 23:58 ID:9bpX3BMN
>ライバルの存在

具体的に目に見える形では、是非は別にして受験競争ということになるだろうが、
小子化で進学圧力が弱まりつつある。
ただ、ゆとり教育ショックに加え、保護者が塾・習い事世代になっているので、
関連産業はまあまあ生き残るだろうね。小子化で業界のパイは小さくなるだろうが。

>資格取得
学歴とも関連するが、日本の資格の大半は、関連業界の権益のために自己維持されて
いるに過ぎず、インフレ化が甚だしい。
ちなみに、こうした状況で、着実に定着したのが、公務員・教員予備校(藁 

個人的には、>>674以降にあるように、ここ数年の学力低下ブームは、決して憂国など
では無く、広い意味での教育産業(予備校・私学から大学まで)の自己延命のパフォーマンス
の側面の方が強いように思う。で、だからどうしろ、と言われても、妙案も無いが・・・。

686 :実習生さん:03/12/04 07:35 ID:+se74ARm
理科33問が塾と同じ問題
http://www.chunichi.co.jp/00/detail/20031203/fls_____detail__051.shtml

手抜き杉。

687 :実習生さん:03/12/04 10:18 ID:0UBUJAyx
>>680
> それとも、暗記や計算を強制するのが仕事なのか?
それも教師の仕事だよ。


688 :実習生さん:03/12/04 14:01 ID:NCp6Msp7
>>687
単なる徒労。


689 :実習生さん:03/12/06 14:30 ID:nESJHLlU
知識の詰め込みがあるからこそ、
その知識をフル回転させて、創造力を発揮できる。
知識が無ければ考えたところで何も生まれない。
詰め込み教育否定論は、単純かつ感情的で子供じみた意見だ。

日本が先進国・技術立国として豊かな生活を享受し、
今後も世界に貢献したいのであれば、詰め込み教育は必要である。


690 :実習生さん:03/12/06 14:33 ID:YSqaaubd
>>689
その結果、勉強嫌いが多発し
物事をどう使って良いかも分からない(言われた事しか出来ない)人が増え
あえて大卒の採用を見送る企業も増えたのが
現実だ

691 :実習生さん:03/12/06 14:43 ID:7H8mY0zQ
>日本が先進国・技術立国として豊かな生活を享受し、
>今後も世界に貢献したいのであれば、

そこをまず考えないとな。
現状、この豊かさの中で、このままその方向の豊かさを望むのか。
現状の世界への貢献を続けたいのか。




692 :実習生さん:03/12/06 14:51 ID:YSqaaubd
アジアの子ども達で目のキラキラしてる人が多い
それと比べると日本の子は死人みたいだ

>>日本が先進国・技術立国として豊かな生活
世界有数に自殺者の多い国がか
こういう事言ってる人は、何処へ向かって行きたいの?

693 :実習生さん:03/12/06 15:22 ID:Wyc49vYf
>>技術立国
なんてフレーズに煽てられたところで
技術者の寿命はAV女優並み。


694 :実習生さん:03/12/06 15:48 ID:cSeP/VGx
689の意見に大賛成。人生において必死に詰め込む時期もひつよう。

695 :実習生さん:03/12/06 16:02 ID:NW0E7TNH
>>692
それはあなたの目が曲がっているから
>>693
君がAV見れるのはその技術者のおかげ

696 :実習生さん:03/12/06 16:10 ID:QU6Gc/iq
詰め込む方法にはいろいろある。
日本のやり方が良いとは思えない。
大学で徹底的に詰め込む方が体系的に整理しながら覚える事も出来るし、
効率的だ。
小中高はそのための準備期間として考えた方がよいと思う。
 教育学部のバカどもは大学に入学してから、教員採用試験の勉強しか
しないので、学問のなんたるかは考えたこともない。
それで、屑のような知識しかないバカ教師が量産されてきた。
屑には教師は務まらない。



697 :実習生さん:03/12/06 16:39 ID:yTewTJ0X
>>689
いろんな連中を見てきたが、「学力低下」を、狭義の学力テストの点数の低下ではなく、
国民の総体的な教養力低下・知的感受性の低下の意味だとすれば、苛酷に詰め込みや
って受験競争を再燃させてもムダというのが実感ですけどね。

しかし、とりあえずはまず点数を上げろ。というのであれば、塾・予備校に学べばそれで
済むのでは? 都立はそうしていますよ。

>>696
同意したいが、日本の大学ではムリでしょうそれは・・・。それに、小中高は知識より(?)
対生徒交渉能力が買われているような側面も大きい。
両立できるのが最高なのでしょうけれど。

698 :実習生さん:03/12/06 16:40 ID:yTewTJ0X
ただとりあえず、小中高の教師の多くは、小から大を通じて、かつては(今も?)、
図書室(図書室)・本屋なんかほとんど寄らなかった人間も少なくない。
あれでよく生徒に説教できるもんだ。ま、受験を突破するだけで上にはあがれるもんね。

長文ついでですが、院に行けばガクモンがある。というのも幻想ですしね。
学部卒だろうが院卒だろうが、採用後も自分でコツコツ、本でも読んでいるような
教師を信用したいが、多忙のせいか、これがいるようでいない・・・。
(独り善がりで中途半端に啓蒙家・教養人ぶってる人はいたけど)

699 :実習生さん:03/12/06 20:23 ID:HqSPvVgl
>>698
大学の教育力の低下について議論されないのはおかしい。
所詮、学問とは自学自修が基本だから、やる奴はやるしやらない奴はそこでおしまいだ。


700 :実習生さん:03/12/06 20:24 ID:+wZtbhNo
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/3792/

701 :実習生さん:03/12/06 20:51 ID:pu9gX+47
>>698
>ただとりあえず、小中高の教師の多くは、小から大を通じて、かつては(今も?)、
>図書室(図書室)・本屋なんかほとんど寄らなかった人間も少なくない。

ソースきぼんぬ

702 :実習生さん:03/12/06 21:03 ID:j+mkRcH9
>>699
大学の教育力、、、よく言われるアメリカのように、大学でも工夫を凝らした講義をするべきか
もしれないが、仮に日本でそれをやっても予備校の延長にしかならんだろう。

どうせ大学の講義・ゼミなど今のままで変わらんとして、勝手に学生が本を読んだ
りといったムードを引き出すには、どうすればいいのかね?
>>701
ソースなんか無いだろ? 例によって2ちゃん独特のキメツケだろ?

とはいえ、誰しも自らの元同級生で教員になった香具師を見る限り、当たらずとも遠からずでは?

703 :実習生さん:03/12/06 21:12 ID:OYTZzyr/
>>702
俺の知ってる、教員目指してる元同級生は、皆読書家だわ。

704 :実習生さん:03/12/06 21:17 ID:TuizU4rf
>>699
> 所詮、学問とは自学自修が基本だから、やる奴はやるしやらない奴はそこでおしまいだ。

そんな当たり前のこと言われてもねえ。
学校はきちんと現実的に限られた時間や条件の元で出来うる最高の授業を目指してもらいたいもんだ。
生徒の自学自習が当たり前だといって学校がよりよい授業づくりを放棄してる現実があるんじゃないかね。
組織的な問題もあろうがね。

705 :実習生さん:03/12/06 23:17 ID:Wyc49vYf
社会主義国的に国家の為にと強制しても
優秀な人間の大半は欧米の大学や
外資系企業に行くだけ。

706 :実習生さん:03/12/07 14:42 ID:m0vG05zO
ゆとり教育でおちこぼれをなくそうと言って、
ホントに落ちこぼれがなくなると言ってるのは文科省と学校教員ぐらいで、
実際は落ちこぼれがたくさんでいる。
まあそれで塾などの教育産業は大繁盛なわけだが、
その結果子どもにはゆとりがなくなった。

学校では学力は付かないから塾へ行かざるをえない。
できるこはともかく、できないこは塾へ行かないと最低限の学力さえ保証されない。
「反復練習や詰め込み教育の否定」や「調べ学習やディスカッション」などで一見生きる力が育っているように思えるが
こうした授業に参加でき、また学習効果があるのは上位の出来る子だけで、それ以外の多くの子は授業から得るものは少ない。
ほとんどの子にとってこういうまやかしの授業で基礎学力は不足している。

小学校1年生では、1年間かけて足し算引き算を習う割には、ちっとも出来るようになっていないし、
2年生でしかり九九を習ってるはずなのに、3年生のわり算で躓く子は多い。
わり算に気をとられてばかりいると、意外と引き算が出来ていないことが多い。
忘れた頃にくり下がりのある引き算の筆算をやらせてみると半分くらいの子ができない

だから学校教育は恐ろしい。
学校教師は教えたから出来るだろうという見切り発進でさっさと授業を進めてしまう。
2桁掛ける2桁のかけ算や繰り上がり繰りさがりのある足し算引き算が十分でないとかけ算わり算の筆算で確実に躓く。
っで、4年生になって算数が難しくなったところで授業崩壊が起こる。
現場教師はその原因すらわかっていない。

要するに、学校は教え方がへたくそな香具師ばっかということだ

707 :実習生さん:03/12/07 14:47 ID:m0vG05zO
大学の教育力低下?
どちらかというと大学生の授業を聞く力の低下だろうな。
小学校、中学校となんかお遊びみたいな授業ばっかで、純粋に教科書に書いてあることを学んだり
知性を求める姿勢が培われてないから、大学のいわゆる講義についていけないんだよ。
かといってゼミや演習みたいな授業にも今の学生はついていけないけどな。

も今の子どもたちは単純に勉強できない体質になってるんだよ
小学校からそういう半ばお遊びみたいな授業ばっかやってるから

708 :実習生さん:03/12/07 15:04 ID:Z3YLs/yV
結果責任にすれば、すぐに片付くよ。

 赤教師も、日教組先生も、三国工作員先生も
 自由にしてあげたら、
 歴史教育、政治活動をのぞいて。
 
 学力に高いフインランドでは先生の自由裁量権あり。
 しかし結果責任はある。駄目教師は去っていただく。
 歯止めとして、親子に公立も学校選択権を与える。 

 よい教育だけが生き残る。
 よい教育は生き残る。そして広がる。
 文部省も人員削減できる。文部省予算が削減され
 その金で、いくらでも落ちこぼれも救える。
  
 こういうと上記の先生、教師は大反対だろな。
 教師の生活権、洗脳権失われたといってね。

709 :実習生さん:03/12/07 15:15 ID:Z3YLs/yV
705は、まさに日教組先生の申し子!
義務感ゼロ、社会人意識ゼロ!
いますぐ、地上の楽園にいったらどうだ。
天国も楽園だぞ。

北を賛美してきた日教組幹部、涙を流し喜ぶよん。

710 :666:03/12/07 15:16 ID:axThUTtZ
>>706-707
あなたの言うような学力状況はあるでしょうが、それに対して、
「授業が下手なのが原因。授業を上手にやれば解決する」と考えるのは、
対策としては甘いと思いますよ。(理由は>>666を参照)
もちろん、児童が授業によく集中するような授業、大事なことが印象に残りやすい授業、
無理なく理解できる授業を工夫することは大切。
そのために、教師の研修を充実させる必要はあります。でも、それは問題の一側面に過ぎない。

しかし、本当に大切なのは、あなたも文の中に書いているが、反復練習です。
九九にしても、割り算の手順にしても、漢字にしても、
いちいち思い出しているレベルでは実用にならない。
脳髄に叩きこみ、反射的に出るようにしてこそ、学力として意味があるのです。

では、それを授業時間内にやるべきでしょうか。ある程度はいいでしょう。
しかし、いつまでもこだわっていると、規定された内容をこなせなくなります。
どうしても、家庭学習が必要です。
親がもっと子供にうるさく言って、毎日の習慣として勉強させるべきでしょう。
それができないなら、塾通いだって、当然選択してwよい方法です。

学校も、家庭も子供に勉強をさせる強制力が低下しています。
家庭がどうにもならないなら、学校がもっと厳しくなるべきです。
文部科学省は、教員に、効果の点で疑問のある余分な仕事をさせないように、
方針転換をするべきでしょう。

学力低下を誰のせいにするにしても、まず子供本人が勉強しなければ
学力は伸びないということを、認識することが第一です。

711 :実習生さん:03/12/07 15:26 ID:nMea6jLt
>>707
それにはちょっと異論がある。オリは、まだ現場にゆとり教育的思想が薄く、受験
も厳しかった時代の大学生だったけど、当時からすでに、学生には講義を聞く力も、
ゼミ・演習についていく力も不足していたように思う。
今はもっとひどいのかも知れないが。
単純に、オリは学校教育(ゆとり教育?)の影響よりも、TV・ゲーム等、社会環
境の影響の方が濃いと思っている。80年代、ファミコン登場以降のゲーム普及率は異常だった。
>>710
今よりも青少年に勉強や読書をさせる方法など、実は簡単で、親子でTV・ゲーム・ケータイと
訣別(あるいは、接触時間を減らす)するだけでだいぶ変わるだろう。
この三悪(笑)を絶てれば、上から「勉強しなさい」と説教する必要さえなくなると思う。
自分は、この三悪が諸悪の根源と確信しているので。

ま、親世代もこれらにどっぷり浸って育った連中になってきつつあるので、ムリな
相談だろうけどね。トンデモなゲーム脳理論だけは流行ってるけど。
・・・まあ、かく言う私も2ちゃんやってるわけですが。

712 :実習生さん:03/12/07 16:11 ID:Z3YLs/yV
710,711の方の議論 まとも。
ともにファクタ−として正しい、
詰め込みも必要。環境も重要。
どちらも二元論には陥らないで頂戴。
口はさんですみません。

713 :実習生さん:03/12/07 16:42 ID:vaaxQP9n
単に、大学生の学問に対するモチベーションの低さが問題かと。
実際、大学はハク付けにいってるだけだろうし。
入ってしまったら、如何に楽して単位をもらうかを考えてるわけだから。
そんなのが大多数じゃそうなるのは自明だろ。
単位の認定を厳しくし、大学を学問の場に戻すべきなんだよ。

714 :実習生さん:03/12/07 16:53 ID:EPHdaDo8
>>713
>単位の認定を厳しくし、大学を学問の場に戻すべきなんだよ。

91年頃、明大の法学部で本気でそれをやった教授がいて、卒業できない学生が多くなって
大騒ぎになったことがある。もしも、本気で厳しくしたら、東大も京大も怪しい。

つーか、東大の駒場を見ると、進振りのために単位取得の範囲内で「のみ」、やたら
勉強熱心だよ。単位を厳しくしても、たんに試験のために勉強するだけじゃないだろうか?

それでもやらないよりはマシかもしれないが・・・。

715 :実習生さん:03/12/07 16:59 ID:US7iuAlU
>>713
厳しくするのと引き換えに、大学教員は学生を手厚く指導しなければならない。
どんな基準で単位認定しているかの公開も迫られる。
つまり、大学教員にとっては教育部分の仕事の責任が大きくなるということだ。
適当な講義と適当な試験で単位認定することはもうできない。

716 :実習生さん:03/12/07 17:14 ID:B++4Ar4U
単位ゆるくしないと学生が就職する際に障害になるんでないかと心配してるのよ。
就職率の悪化は受験率の悪化になって大学経営危うくなるでしょ。

717 :実習生さん:03/12/07 17:30 ID:oawS1GuH
>>709
既に始まってるよ。
大学院に残ってほしい人材は
欧米の大学や外資系企業に流れてる。

718 :実習生さん:03/12/07 17:39 ID:gmCl0odb
>>715-716
だいたい、どこでもゲタはかせて単位出してるわけで、
ゲタをはずすだけで、大学はかなり変わる。
大した手間じゃないんだが、できないのは >>716 が理由だろ。

719 :実習生さん:03/12/07 17:58 ID:dJTMG4jP
>では、それを授業時間内にやるべきでしょうか。ある程度はいいでしょう。
>しかし、いつまでもこだわっていると、規定された内容をこなせなくなります。
そういうのを言い逃れというんですよ
家庭が?
はあ?
学校が基礎学力を保証しないでいったい何を保証すると言うんですか?
塾へ行けばいい?
塾がない地域はどうすればいいですか?
塾へ行く時間的金銭的ゆとりのない家庭はどうすれば良いんですか?
今それが一番問題なんです
すぐ家庭のせいにするなよ
公教育はどんな経済層や家庭事情の子でも最低限の基礎学力を保証すべきものなのです
それがわかってないならとっとと辞表出しなさい

>学力低下を誰のせいにするにしても、まず子供本人が勉強しなければ
それが教師の仕事だろ。

720 :実習生さん:03/12/07 18:29 ID:B++4Ar4U
一番いいのは塾のシステムを丸々学校に移植すること。
塾なんて本当に限られた時間の中で学校の数十倍のことをわかりやすく幅広く覚えやすく授業してくれるからな。
週4、午前中は塾に任せろ。
午後は体育音楽技術家庭科に取り組め。その教育システム作りは塾の幹部に頭下げて協力してもらってしっかりしたの作れ。
週1日は丸々総合教育とやらに取り組めばよろし。気のすむまで取り組んでみるがいい。
土日祝日放課後は完全に子供を解放しろよ。宿題なんかで、学校に言ってない時間まで生徒を学校に縛り付けるようなことはスンナよ。
予習復習が必須になるような授業しか出来ない無能教師は首にしろ。

721 :666:03/12/07 18:32 ID:bLbohU7B
>>719
そうやってただ逆のことを言うだけの「かみつき君」は議論の役にたたないのですよ。
こっちは学力低下の原因を議論して、何を改善すればいいか考えているわけです。
もちろん、私の分析や提案に反対の人もいるだろうけど、それは議論したらいいこと。
あなたが言っているのは、「学校がやればいいことでしょ」と、それだけ。
じゃあ、学校のどこに問題があって、何をどう改善すればいいのか、言えますか?

>公教育はどんな経済層や家庭事情の子でも最低限の基礎学力を保証すべきものなのです
現状で、公教育は最低限の基礎学力を得る機会を十分与えていると思いますよ。
しかし、それを生かすか生かさないかは子供の努力次第です。
あまり勉強しない子供と、よく勉強する子供にも学力を保証してくれという意味の
「保証」は、求められる性質のものではありません。

>それが教師の仕事だろ。
子供の学習習慣や学習時間の確保は、学校と家庭の両方の責任です。
そのことについて、学校と家庭はもっとよく話し合うべきです。
それが不満なら、税金の負担は大きくなりますが、学校の授業を自由参加で、
補習コース・受験コースなどと分けて、夜8時まで行うなどすれば、
家庭学習や塾の負担もなくなります。
それは有権者の選択です。

722 :実習生さん:03/12/07 18:32 ID:oawS1GuH
>>719
日本の学校は分数の計算が出来なくても
卒業できるけど教師と折り合いが悪いと卒業できない
担任教師を中心とした「学級王朝」です。

723 :実習生さん:03/12/07 18:32 ID:sYXn0APx
単純に手を動かして勉強させる繰り返し計算が、重要なのは賛成するけど、
どうやってモチヴェーション挙げるのだろう?
と言うか、教育の現場ではそんなに子供は勉強してないのか?しらんかった。
上のレスで今の子供は、当てられて答えたらシカトされる。わからないと
答えるのが一番無難って言う話を聞いて、怖いと思った。
ガキ同士が足の引っ張り合いをしている環境って一番恐ろしい。

724 :666:03/12/07 18:54 ID:17r6d/fN
>>720
私は、塾は教育上一定の役割を果たしていると考えているが、
学校の授業を委託できるほどの機能はもっていないと考える。

理由のひとつは、地域に密着した塾の場合、学校に依存していること。
たとえば、学校の授業を補って解説したり、学校の試験の予想問題を与えたり。
一からすべての授業内容を組み立てて、評価まで一貫しての業務には対応できないだろう。

二つ目は、受験指導の場合、一定の基礎学力があることを前提として、
入試で高得点を取れる指導をしているということ。その基礎学力は学校でつけているはず。

三つ目は、塾は希望した人がくるところ。また、意欲のなかったり、ジャマをする塾生は
いつでも退塾させることができる(金を払っていると言う意識があるから、中々そこまでしないと思うが)。
また、複数の塾がある地域では、レベルや指向に合わせて選ぶこともできる。
つまり、勉強したい子が集まっているのだから、指導上の問題は起こりにくい。
だから、塾の講師が学校に来て実力を発揮できるとは思えない。

四つ目は、塾を全部あわせても、学校全部よりはるかに(講師数や授業時間が)少ない。

ただ、将来は、学校の授業の一部を、塾などの企業に委託する実験をしてもよい。
その結果がよければ拡大したらいいし、学校教育にも刺激になるだろう。

725 :実習生さん:03/12/07 19:15 ID:B++4Ar4U
>>724
> >>720
> 理由のひとつは、地域に密着した塾の場合、学校に依存していること。
> たとえば、学校の授業を補って解説したり、学校の試験の予想問題を与えたり。
> 一からすべての授業内容を組み立てて、評価まで一貫しての業務には対応できないだろう。
しょぼい個人塾なんてはなっから眼中に無いが。

> 二つ目は、受験指導の場合、一定の基礎学力があることを前提として、
> 入試で高得点を取れる指導をしているということ。その基礎学力は学校でつけているはず。
学校じゃ基礎学力もつかない。塾がやってるのは底上げだ。底上げ教育こそが進学率及び生徒集め、金儲けに直結するからだ。

> 三つ目は、塾は希望した人がくるところ。また、意欲のなかったり、ジャマをする塾生は
> いつでも退塾させることができる(金を払っていると言う意識があるから、中々そこまでしないと思うが)。
> また、複数の塾がある地域では、レベルや指向に合わせて選ぶこともできる。
> つまり、勉強したい子が集まっているのだから、指導上の問題は起こりにくい。
生徒云々は問題ではない。企業統治の問題だ。

> だから、塾の講師が学校に来て実力を発揮できるとは思えない。
それはその通り。どんなに優秀なやつ引き抜いてきても無駄。教育法人そのものが異常だから。

> 四つ目は、塾を全部あわせても、学校全部よりはるかに(講師数や授業時間が)少ない。
必要なら増えるだろ。問題にスンナよ。

726 :実習生さん:03/12/07 20:22 ID:nkHL9sTu
>こっちは学力低下の原因を議論して、何を改善すればいいか考えているわけです。

そんなもんをここで模索している時点でくそ教師だよ

727 :実習生さん:03/12/07 20:23 ID:nkHL9sTu
>じゃあ、学校のどこに問題があって、何をどう改善すればいいのか、言えますか?

そんなものはすでにあがりきってますが何か?
問題点をちっとも改善しないところが一番の問題ですが何か?


728 :実習生さん:03/12/07 20:30 ID:nkHL9sTu
>理由のひとつは、地域に密着した塾の場合、学校に依存していること。
逆だよ。最近ホント顕著だが学校の授業がわからない(わからないの大半は授業が下手だから)
から塾で学ぶ。1〜10までね。

>一からすべての授業内容を組み立てて、評価まで一貫しての業務には対応できないだろう。
これこそ学校教師の思い上がりってもんだな。
自分の授業がそんなに優れてるとでも思ってるのか?

>その基礎学力は学校でつけているはず。
最近ではその基礎学力さえ塾が養ってます。
以前は補習てき役割が強かったが最近は1〜10まで塾がやらないといけなくなった。
読みも書きも計算も

>つまり、勉強したい子が集まっているのだから、指導上の問題は起こりにくい。
これも思い上がりってもんだよ。
勉強したいこが集まってるのが塾?
しゃみせんこいてんじゃねーよ

>だから、塾の講師が学校に来て実力を発揮できるとは思えない。
学校教師が塾へ来ても実力を発揮できない
の間違いだろ

729 :実習生さん:03/12/07 20:32 ID:nkHL9sTu
>そうやってただ逆のことを言うだけの「かみつき君」は議論の役にたたないのですよ。
>こっちは学力低下の原因を議論して、何を改善すればいいか考えているわけです。

議論しているなんて吹いてる割にはレベルが低いな
おれは少なくとも3年はこの板の住人だが、あんたの議論の程度は3年くらい遅れてるなw


730 :実習生さん:03/12/07 21:02 ID:iPnPDbUW
>学校教師が塾へ来ても実力を発揮できない
そもそも実力なんて皆無ですがw

731 :実習生さん:03/12/07 21:25 ID:/6ojeVWn
>>724
本気で言っているとしたら、
そうとうイタイぞ。

732 :実習生さん:03/12/07 21:27 ID:uj75+/Ks
>>666総叩き似合ってますね。かわいそー。ばーか。

733 :実習生さん:03/12/07 21:28 ID:y3CvJKEH
低学力生徒にとって良い授業は、高学力生徒にとって物足りず
悪い授業になる。
高学力生徒にとって良い授業は、ついていけない低学力生徒には
悪い授業になる。
いまの詰め込み否定・生きる力・ゆとり志向は中学力生徒にとって
悪い授業、高・低学力生徒にとっては半分は良い授業になる。
結局問題の解決には不充分。

どう頑張ったって「学力別学級」にしないと穴が空く。

734 :実習生さん:03/12/07 21:35 ID:y3CvJKEH
塾の授業が質が良いのは徹底した学力別編成にあるから。
私立小・中学校、あるいは公立高校の授業が公立小・中学の
それにくらべ不平不満が少ないのは、高校の場合子供の年齢的
成熟も大きいが、入試により学力別で序列化されていることが
もっとも大きい。

ほとんど無試験で入れる底辺校の授業が難しいのは、
事実上無試験になってしまったが故に、偏差値の高い学校
ほど序列化されに、結果として公立小中学校と同じような
ことになるからでもある。

735 :実習生さん:03/12/07 21:36 ID:zUpWgNs7
>>732
ほんとに馬鹿だから仕方ないよ

736 :666:03/12/07 21:37 ID:uWe/jSLo
>>725
塾は民間企業だから、儲かることは発展するが、儲からないことは発展しない。
どうやったら塾生が集まるかが塾事業の発展の原動力なのだから、学校から委託したからといって
塾の特性が発揮されるわけではない。
もちろん、将来は学校の授業を担当する会社が発展するかもしれないが、
収入源が税金だと言う点で、現在の塾とはことなった競争形態になるだろう。
そのとき、どのようにして質を確保するかについて意見をいただきたい。

>>726-729
文章はやや大げさに思うが、塾の優位性について言いたいのだと思う。
しかし、塾の授業の質は顧客に選ばれることによって成り立っているので、
行政の管理によって成り立っている学校に塾をもちこんでもうまくいかないだろう、
ということだ。

ところで、親に無理やりと言った場合を避けるために本人の意志を確認したり、
学校の授業との連係を考えて指導したりするなどは、塾では普通じゃないの?

737 :実習生さん:03/12/07 21:40 ID:zUpWgNs7
>本当は、思考力をともなったしっかりした学力を身につけるには、少しだけ難しい
>授業をやったり、少しだけ難しい演習問題をやったほうがいいんだと思います。
>そうすれば、生徒はそれを理解しようとして必死になる。そしてできれば自信がつく。
>もちろん、その努力は少々の苦痛をまねきますが、それを我慢しなければ学力はつかない。
>でも、そのやり方は、今は評判が悪いですね。そんな教師は、へたすれば、
>わかる授業ができないといって非難される。

評判が悪い?
評判が悪いのは教師の間ででの話だろ。
教師なんて世間知らずなんだから、教師間で評判がいいとか悪いとかを真に受けてるのか?

保護者の間では、そういう「まやかしの授業をみて」これは危ないと判断して、
多くの親が子どもを塾へ通わせてます。
なぜこうも塾へ通う子が多いのか?

現場の教師にはあと10年はわからんだろうな

738 :実習生さん:03/12/07 21:41 ID:zUpWgNs7
>塾は民間企業だから、儲かることは発展するが、儲からないことは発展しない。

こんなこと言ってるようではあんたの知識もしれてるなw


739 :666:03/12/07 21:42 ID:uWe/jSLo
>>731-732, >>735
議論が深まるなら、内容に対しては大いに反論したらいいけど、
私はここの一参加者に過ぎないので、個人攻撃しても無意味だと思うよ。

740 :実習生さん:03/12/07 21:44 ID:zUpWgNs7
>行政の管理によって成り立っている
>学校に塾をもちこんでもうまくいかないだろう、ということだ。

まあそうやってせいぜい言い逃れしてろよ。
言い訳とでも言った方がいいかな?
公立学校でもうまくやっているところはある
よって公立だからとか教育行政だとかなんてことは言い訳にはなっても理由にならない
少人数授業も習熟度別授業も民間企業である学習塾は20年以上も前から導入している
それを教育行政は4の5の言ってやってこなかっただけだ。

財源がない?
ウソばっかつくな。
無駄な公共事業費を削れば10億単位の金はどの都道府県でも捻出できるんだよ


741 :実習生さん:03/12/07 21:46 ID:zUpWgNs7
>>739

あんたの痛いところは裸の王様ってところだよ

>塾は民間企業だから、儲かることは発展するが、儲からないことは発展しない。
この1行だけ見てもあんたがいかに教育界のことについて知らないかがわかる

すでに学習塾も二極化がはじまってるってことを知らないのか?

そもそも公教育の役割そのものがわかってないだろ?


742 :666:03/12/07 21:48 ID:uWe/jSLo
>>738
ぜひ、塾の経営に関するあなたの知識を披露して、良い意見を書いてください。
666個人の知識が多いか少ないかは、どうでもいいことですから。

>>737
「まやかしの授業」というのが文脈上どの部分を指しているのかわかりません。
わかる授業のほう?難しい授業のほう?それともそれ以外?
それによって主張の受け取り方が変わります。

743 :実習生さん:03/12/07 21:53 ID:uj75+/Ks
>>736
> >>725
> 塾は民間企業だから、儲かることは発展するが、儲からないことは発展しない。
> どうやったら塾生が集まるかが塾事業の発展の原動力なのだから、学校から委託したからといって
> 塾の特性が発揮されるわけではない。
ものすごい偏見ですね。金儲けを目的にしてるから教育は出来ないとでも?

> そのとき、どのようにして質を確保するかについて意見をいただきたい。
年々変化していく塾の教育システムをフィードバックしつづけるんだよ。
さらに、さまざまな企業によって日々進歩している組織マネジメントを導入していくのもいいね。

> >>726-729
> 文章はやや大げさに思うが、塾の優位性について言いたいのだと思う。
> しかし、塾の授業の質は顧客に選ばれることによって成り立っているので、
> 行政の管理によって成り立っている学校に塾をもちこんでもうまくいかないだろう、
> ということだ。
うまくいくようなやり方でやるんだろ。それは行政の方針次第。都合のいいときだけ保守化するなよ。

> ところで、親に無理やりと言った場合を避けるために本人の意志を確認したり、
> 学校の授業との連係を考えて指導したりするなどは、塾では普通じゃないの?
何が言いたいんだか良くわかんないんだが、普通といえば普通だし、やらないこともあるだろ。
学校のように餓鬼や親にこびたりはしない。

744 :666:03/12/07 21:53 ID:uWe/jSLo
>>740
あなたの意見には賛成だが、いま議論してるのは学校の午前中の授業を塾に委託して
うまく行くかどうかですよ。
現在学校でやっている授業と塾でやっている授業の比較検討ではありません。
困ったなあ・・・要するに私が学校とか行政の擁護派だと見て叩いているわけですね。
もうちょっと、一連の書き込みを読んで検討していただけませんか。

745 :実習生さん:03/12/07 21:54 ID:zUpWgNs7
>>742
ってことはしらねーってことだろw



746 :実習生さん:03/12/07 21:57 ID:zUpWgNs7
>>744
>いま議論してるのは学校の午前中の授業を塾に委託してうまく行くかどうかですよ。

おれはそんな議論に参加した覚えはないが

>もうちょっと、一連の書き込みを読んで検討していただけませんか。
こっちが横レスした点と、あんたが裸の王様という点で、
もう一度問い直してやる

まず、公教育(学校)とは何なのか?
この議論なくてはあんたらの議論は水掛け論だと言うことだ


747 :実習生さん:03/12/07 21:59 ID:uj75+/Ks
>>744
> >>740
> あなたの意見には賛成だが、いま議論してるのは学校の午前中の授業を塾に委託して
> うまく行くかどうかですよ。
はぁ?なに言ってんですか?そんな議論になってないじゃん。


748 :666:03/12/07 21:59 ID:uWe/jSLo
>>741
学習塾の二極化というのが何を指しているのか説明してください。

>>743
>金儲けを目的にしてるから教育は出来ないとでも
そのような主張はしていません。よく読んでいただけないかな・・・
行政が、学校の授業を塾に委託すれば、塾は小さな労力で大勢の受講者をもらった
ようなものです。その状況で、いま塾がやっているような努力をするのでしょうか。

それ以後の文は、残念ながら意図が不明です。
フィードバックとか、うまく行くようなやり方でやるとか、何をもってそれを
保障するのでしょうか。

749 :666:03/12/07 22:05 ID:uWe/jSLo
>>746-747
塾についての議論は、>>720から続いています。もう一度見直してください。
それと、もうひとつ議論していますが、それは別系統です。

>>745-746
実は、さっきから、自分はどういう主義主張の人たちに攻撃されているのか
わからないので困っているのですよ。
個人攻撃しないで、自分の意見を書いてもらえませんか?

750 :実習生さん:03/12/07 22:07 ID:uj75+/Ks
>>749
> 実は、さっきから、自分はどういう主義主張の人たちに攻撃されているのか
> わからないので困っているのですよ。
> 個人攻撃しないで、自分の意見を書いてもらえませんか?
わかってんじゃんw

751 :実習生さん:03/12/07 22:14 ID:zUpWgNs7
◆学習塾について
まず、学校教育では補えないようなこと(受験教育)を担ってきたのが塾である。
しかし、ここ10年、20年の間で塾も大衆化してきたからその役割がだんだん変わってきた。
それと相まって学校が機能しなくなってきた。
もちろんこれは多かれ少なかれ学校での学習内容を先取りしたり補習したりする塾のせいでもある。

だが、当然そういうニーズがあるから塾という教育産業も発展してきたわけだ。
なぜ東証1部上場企業まで出てくるほど発展したのか?
これがわからない現場教師はほんと駄目教師だよ。

学習塾は民間企業だからニーズには敏感。そのニーズに応えた企業は1部上場を果たしている。
しかし、学校というものがあってなぜニーズが民間へこぼれるのか?
それは至って単純なこと。学校がニーズに応えていないからだ。

ところで、学校関係者が口をそろえて言うことは「学校は勉強だけをするところではない」というせりふだ。
つまり、本来学校ではぐくむべきである学力が塾へ
家庭や地域社会ではぐくむべきしつけ的な部分が学校へと丸投げされるようになってきた。
しかし、こんなこと愚痴っても仕方がないんだが。

おそろしいことにいつの間にやら学校の役割というか使命がわすれさられてということだ。
学校の役割はズバリ基礎学力の提供にほかならない。
まず、現場にはこの認識がないし、近年の教育方法論の中で基礎学力定着のノウハウが学校関係者になくなってしまったということだ


752 :666:03/12/07 22:14 ID:uWe/jSLo
>>750
学校の授業を塾に委託したら、こんないいことがありますよ、学力も上がりますよと
いうのなら、いろんな根拠を挙げて、そういう主張を展開したらいいじゃないですか。

いままでの叩きの中で、唯一意見らしいのは、>>740
>無駄な公共事業費を削れば10億単位の金はどの都道府県でも捻出できるんだよ
ぐらいかな?
それもしたらいいと思うけど、各学校に職員1人増やすにも足りない額だよ。

753 :実習生さん:03/12/07 22:18 ID:uj75+/Ks
>>752
> >>750
> 学校の授業を塾に委託したら、こんないいことがありますよ、学力も上がりますよと
> いうのなら、いろんな根拠を挙げて、そういう主張を展開したらいいじゃないですか。
突然結果崇拝主義者になるなよ。本当に都合のいいやつだ。


754 :実習生さん:03/12/07 22:22 ID:zUpWgNs7
◆学習塾の二極化について

塾の中には株式上場しているところもある。
こうした塾は、その成果はさておき、
資本力や実績など知名度を売りにして全国展開している。
利潤が目的である以上、半ば詐欺的な学習塾はこういったところに多いのは難点だが。

しかし、一方で地域に密着したまったりした塾もある。
いわゆる個人塾とよばれるものだ。
こうした塾には元教師というのが多い。
元教師であるから、良くも悪くも学校の問題点や教師の大変さもわかっている。
しかし、彼らはなぜ教師を辞めて個人塾などやっているのか?
出産や育児などを理由に学校をやめて塾をやるというケースもあるがそれはきっかけにすぎず、
根本的なところで学校的なやり方に不満を抱いているからだ。
しかし、それを組織だって改善する力が自分にないことはわかっている。
しかし、教育には携わりたい。
っでたどり着くのが個人塾なのだ。
こうした個人塾経営者がいったいいま何を憂い何を思っているのか?





755 :実習生さん:03/12/07 22:25 ID:uj75+/Ks
>>754
> こうした個人塾経営者がいったいいま何を憂い何を思っているのか?
何を思っているんですか?
まあ、3流4流教師でしょうね。

756 :実習生さん:03/12/07 22:25 ID:zUpWgNs7
>それもしたらいいと思うけど、各学校に職員1人増やすにも足りない額だよ。
あんた計算できる?

まあそれはさておき、文部科学省が教育採用枠の拡大を財務省に申請したが却下されたそうだ
この国はそういう国なんだよ。

と嘆いても仕方ない。

757 :666:03/12/07 22:26 ID:uWe/jSLo
>>753
ひどいなあ。人を叩くためなら何でも言うんですね。
>> 学校の授業を塾に委託したら、こんないいことがありますよ、学力も上がりますよと
>> いうのなら、いろんな根拠を挙げて、そういう主張を展開したらいいじゃないですか。
私がそう主張しているのではありませんよ。それはうまく機能しないだろう、
というのはすでに上に書きました。でも、うまくいくような提案があるなら、
それがどのようなシステムであるのかは、私も興味があります。

>>751
大筋は賛成ですが、塾通い熱は20〜30年前のほうが高かったと思います。

758 :実習生さん:03/12/07 22:28 ID:zUpWgNs7
>、塾通い熱は20〜30年前のほうが高かったと思います。

だからあんたは裸の王様なんだよw

759 :実習生さん:03/12/07 22:31 ID:zUpWgNs7
>でも、うまくいくような提案があるなら、
>それがどのようなシステムであるのかは、私も興味があります。

すでに教員の研修の講師に塾関係者をよんだところもありますがなにか?
少なくとも学力をつけるという点においては、学校よりも塾のほうが優れたシステムを持っている

というか、問題集一つとっても学校の「学習の整理とかマイアプローチ」なんかより
塾向けの問題集のほうが優れている。

760 :666:03/12/07 22:32 ID:uWe/jSLo
>>758
はいはい。もうわかったから、昔の塾と今の塾について論じてください。

761 :実習生さん:03/12/07 22:33 ID:zUpWgNs7
>昔の塾と今の塾について論じてください。

何言ってんだ?天然ぼけかなんかか?
早く週案書いて寝ろよ

762 :実習生さん:03/12/07 22:34 ID:uj75+/Ks
え?なに?666って教師なの?やだー

763 :666:03/12/07 22:36 ID:uWe/jSLo
>>759
ちがうちがう。塾の教育システムの話じゃないよ。
行政が、学校の授業を塾に委託したときに、塾は労せずして生徒を得られるわけ。
そうしたら、顧客に選ばれて生きている今の塾のような競争はなくなるわけです。
それでも塾の優位さを保てるようなシステムができるのかどうか、ということです。

764 :666:03/12/07 22:37 ID:uWe/jSLo
>>761-762
何度も言ってるのですが、個人を論じないで、学力や塾の話に戻しませんか?

765 :実習生さん:03/12/07 22:39 ID:zUpWgNs7
>>763
おまえホントに天然だろ
おれははなっからそんなことにレスしてませんが?何か?

766 :実習生さん:03/12/07 22:39 ID:uj75+/Ks
>>763
> >>759
> ちがうちがう。塾の教育システムの話じゃないよ。
> 行政が、学校の授業を塾に委託したときに、塾は労せずして生徒を得られるわけ。
> そうしたら、顧客に選ばれて生きている今の塾のような競争はなくなるわけです。
> それでも塾の優位さを保てるようなシステムができるのかどうか、ということです。
そんな問題提起をしたやつはいない。

767 :実習生さん:03/12/07 22:40 ID:uj75+/Ks
ヨウロウタケシは嫌いだけど、馬鹿の壁って666のことを言うんだろうな。

768 :実習生さん:03/12/07 22:40 ID:zUpWgNs7
>>766
ワラタ

769 :実習生さん:03/12/07 22:41 ID:zUpWgNs7
>>767
いや馬鹿そのものだな

770 :実習生さん:03/12/07 22:42 ID:zUpWgNs7
 先生は「授業より、子どもとの関係がよければ学級崩壊が起こらない」と考えるが
、子どもは「授業が楽しければ崩壊が起こらない」と思う。そんな結果が大阪大学の秦政春教授らの調査でわかった。
先生と子どもの、このずれは「先生の自信のなさが関係しているのではないか」と秦教授はみている。

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200312070091.html

771 :666:03/12/07 22:44 ID:uWe/jSLo
>>766
それは、>>736>>748に書いています。

>>765
だったら、一つの意見として聞いておきます。

772 :実習生さん:03/12/07 22:49 ID:zUpWgNs7
>>771
もう少しお勉強してから来ましょう
http://www.asahi.com/edu/tenki/TKY200310040111.html

773 :実習生さん:03/12/07 22:50 ID:zUpWgNs7
これも

「地域運営学校」創設に向け素案 中教審
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200312040352.html

774 :実習生さん:03/12/07 22:51 ID:zUpWgNs7
「新都立大」目玉学部の理念づくり、河合塾に調査委託

 東京都立大学など4大学を廃止し、大都市問題に取り組む新大学を発足させる東京都が、
目玉となる都市教養学部のコースについて、理念づくりの補強などを大手予備校の河合塾(本部・名古屋市)に委託する。
「大学の先生に検討をお願いしたが、旧来のタコツボ型の発想しか出てこなかった」と都は説明する。
大学側からは「大学の理念を、受験産業に外注するのは信じがたい」という声が上がっている。

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200312040362.html

775 :実習生さん:03/12/07 22:52 ID:zUpWgNs7
余談だが

「武富士ダンス」練習したのに…抗議で学校が曲目変更へ
 消費者金融「武富士」のテレビCMに登場する「武富士ダンス」を総合学習の時間に採り入れた
愛知県稲沢市の市立小学校が、同社の盗聴事件発覚後、親からの抗議を受け、曲目の変更を余儀なくされていることがわかった。
小学校側は「ノリのいい曲で児童たちも喜んでいたが、時期が悪かった」として、代わりの曲探しを急いでいる。

 学校側によると、同校の4年生(約70人)は今年度、総合学習の時間を使って「踊り」を学んでいる。


アフォか?


776 :実習生さん:03/12/07 22:56 ID:uj75+/Ks
>>771
あのなーお前競争が原動力って言ってるだろ。その通り。
企業にとって競争は原動力に“過ぎない”んだよ。システムはシステムで成長するんだよ。教育システムも、組織システムも。

それがお前の営利目的教育組織に対する偏見なんだよ。

777 :実習生さん:03/12/07 23:14 ID:LdhXuhy3
先生は「授業より、子どもとの関係がよければ学級崩壊が起こらない」と考えるが、子どもは「授業が楽しければ崩壊が起こらない」と思う。
そんな結果が大阪大学の秦政春教授らの調査でわかった。
先生と子どもの、このずれは「先生の自信のなさが関係しているのではないか」と秦教授はみている。

調査は、先生については00年夏、福岡県の小中学校の1141人が回答。
子どもは03年夏、福岡、熊本県の小学5、6年生と中学生の計722人が答えた。

先生には、「教師と子どもたちとの関係がよければ崩壊は起こらない」と思うかどうかを4段階で尋ねた。
その結果、「とてもそう思う」「やや思う」が計9割を占めた。
「いい授業をしていれば崩壊は起こらない」かどうかでは、肯定的な回答は5割を上回る程度だった。

一方、子どもの場合、先生との関係を問う「先生が好きだったら、授業をじゃましたり妨害したりする子はいない」と思うかどうかでは、
「とても」「やや思う」が計6割だった。「授業が楽しかったら」じゃまや妨害する子はいないという回答は計7割を超え、「授業派」が上回った。

先生が「関係」を、子どもは「授業」を重視する結果について、秦教授は先生側の問題が背景にあるとみる。
秦教授は「授業さえ、きちんとしていれば子どもはついてくるものだという自信が教師になくなったことが、
学級崩壊についてのデータに反映されていると思う。全国的にも同様の傾向があるのではないか」と話している。

朝日新聞
ttp://www.asahi.com/national/update/1207/013.html




778 :実習生さん:03/12/07 23:44 ID:hN08wDqd
>>777
大阪大学の講義も、私語や携帯で授業崩壊してるわなw

779 :実習生さん:03/12/08 00:10 ID:CqxEKHrC
子供のいう、授業の楽しさの中身が問題だ。
例えばできない子の場合、
「ここの数とここの数を見て足せばいいんだよ。」
みたいな授業が受けがよくて、ちょっとでも考えさせる要素があると
「理屈っぽくてわかんね。あいつ授業ヘタ。」
となる。


780 :実習生さん:03/12/08 00:26 ID:MuHszLIM
>777
教師は学校のことは学外のことは分からないとよく言うが、
教師が子供のことをわかっているというわけではない、ということだな。

781 :実習生さん:03/12/08 09:01 ID:3U306I5B
塾が提供しているのは、一言で言えば、
試験で点数を効率よくとるノウハウ。
目的がほぼ定まっているわけ。
これが授業の質を一見して高く見せている。

782 :実習生さん:03/12/08 11:23 ID:XsjcDQXo
おまえら私学や塾に幻想持ちすぎ。
これらの経営の第一段階は模擬テスト等で
成績優秀者を如何に多くかき集めるかが最重要。
授業内容なんて大して工夫してないよ。
能力や意欲のある人間が集まれば並の教師でも授業は成立する。

783 :実習生さん:03/12/08 12:01 ID:72YeLlrk
>>782
おまえこそ世間をしらなさすぎ

そういう塾もある一方、補習塾もあるし、
いま前者の塾は頭打ちの感はあるが、後者の塾は急速にのびている。

784 :実習生さん:03/12/08 12:03 ID:72YeLlrk
>>781
学校は、テストを簡単にして子どもに高得点をとらせている。
学校なんかよりまがいなりにも学力を伴う高得点をとらせている塾のほうがはるかに程度は上

785 :実習生さん:03/12/08 12:32 ID:FLWP/1qQ
>>782
塾>>>>私学>>>>>>>>>>>公立

786 :実習生さん:03/12/08 12:34 ID:FLWP/1qQ
>>782
> 成績優秀者を如何に多くかき集めるかが最重要。
> 授業内容なんて大して工夫してないよ。
> 能力や意欲のある人間が集まれば並の教師でも授業は成立する。
私学に関しては正しいと思うよ。でも塾は違うな。

787 :実習生さん:03/12/08 12:55 ID:2Z2CTwU2
塾なんておれはいかんかったがな。
塾のメリットは問題を数多く解く訓練をすることによって
テストで点がとりやすくなるということだけだ。
 それ以上それ以外のなにものでもなかろう。
まーこんな人もいるんだなーと人間を知ることもできるから
そういう面で勉強にはなるやろ。


788 :実習生さん:03/12/08 12:58 ID:Hbj8ku1f
>>784
現任校では、むしろ逆だな。

実業系の高校では、塾通い自体いなかったな。
点数を取るという需要が無いから。

俺の知る限り、成績のと塾通いの割合に
明確な相関は無い。

ま、田舎だから。

789 :実習生さん:03/12/08 14:01 ID:XsjcDQXo
>>783
おまえこそ知ったかぶり。

学力低下煽りで進学塾が補習塾始めても
来る奴は親も子供も(自主規制)だから塾に来れば
魔法でも掛かるかのような錯覚をしてるやつが
大量に流れてきた。
結果、塾でも学級崩壊が発生してる。
進学塾と違って開発(営業)の手間が省けると思って始めた
補習塾だが代わりにカウンセラーが必要な状態。
皮肉なモンで公立の大変さが今になって身に染みる。

790 :実習生さん:03/12/08 19:30 ID:hTqabT+T
はっきり言って補修そのものを目的にしてる授業なんてだめだよ。糞だから。
受験する気なくても進学目的で作られてる塾に行かなきゃだめだ。


791 :実習生さん:03/12/08 19:37 ID:6v1pIYSI
http://www.mxtv.co.jp/romance/index.html


792 :実習生さん:03/12/08 23:40 ID:BAr9LyV+
ちなみに最近の塾は生活指導までしている。
学校はいったい何をやってるんだ?

793 :実習生さん:03/12/09 03:13 ID:K1hgeFT3
学校はレジャーランドです!

794 :実習生さん:03/12/17 01:09 ID:Rg4oiANh
a

795 :実習生さん:03/12/17 05:01 ID:rRhWfnE3
麻雀発覚苦にして高校生自殺!!
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1071458971/
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20031215k0000e040029002c.html

>私立開成高3年生(18)
 純粋培養失敗?
 親はガックリ!

796 :実習生さん:03/12/29 08:21 ID:hJUGRS8S
そういえば、絶対値評価に変わってから、テストの平均点や分付図が変わったような気がする。
教科によっては 5の大盤振る舞い。
これじゃ ますます学力は落ちるわな。

進学校の難易度がよけい見えづらくなるというのに。
やはり偏差値復活してほしいよな。

797 :実習生さん:03/12/29 17:56 ID:/ESk44bW

>>795

It's none of your business.


798 :実習生さん:03/12/31 20:49 ID:u06iqNdm
学力低下は絶対に絶対にゆとり教育のせいではない!
本人のせいだ。家庭での教育のせい。これは確か。

799 :実習生さん:03/12/31 21:06 ID:u06iqNdm
今の中学生を見て、自分の頃とのあまりの精神年齢の違いに驚くことがあるでしょう。

800 :実習生さん:03/12/31 21:22 ID:+ypPeN21
がきうざい

801 :実習生さん:04/01/01 00:09 ID:+cqWsT0t
>>798
そうか?100%教員の問題だろ?
何しに学校に通ってるの?
「ゆとり教育」ってのは教員のゆとりだろw

802 :実習生さん:04/01/01 03:06 ID:/tSeftma
親や社会が、、

803 :実習生さん:04/01/02 21:18 ID:iIk9iSq6
新年あけましておめでとうございます

正月休みのこの機会を利用して、
当スレに関連したマスコミについて
頭を白紙にしてからジックリ再考して見ましょう。
マスコミが子供に作り出す精神的土壌は無視できません。

ここにマスコミ再考の為のタタキ台サイトがあります。
 http://homepage2.nifty.com/massattack/massh.html
一般人向けですが、
当サイトの「なぜ赤くなったのか」「マスコミ再生具体策」
はお薦めです。
「マスコミ再生具体策」1に教育について書かれています。


ではよいお年を。



804 :実習生さん:04/01/02 21:30 ID:WHCKcwg/
素朴な疑問。
学習塾や英会話教室に通っている子が増えているのに学力低下?
なんでだろう?


805 :実習生さん:04/01/02 21:42 ID:v19a3hTw
>>804
効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強をするから。

暗記に頼った試験勉強って、試験が終わったら忘れるじゃない。
本来は、概念や理論を理解した結果、解けるようになる問題を
単に解法を暗記することによって解く。
こういうことを繰り返しても、学力はほとんど伸びない。
さらに、勉強してない人間は、「答えが出せた=解った」と思いがち。

これって、記号問題がたまたま正解だっただけなのに、
そのことを理解していると思うぐらいに馬鹿なことなんだけどね。

物事には上達と下達があって、
あるテーマに向かって、一歩一歩足を進めることは上達に繋がるが、
知識や技術をコレクションするだけでは、本人のレベルは上がらない。
得点ノウハウに偏った練習は、せっかくの優れた概念や理論を
誤った解釈でダメにしているだけであることが多い。


806 :実習生さん:04/01/02 22:35 ID:WHCKcwg/
>>805
ありがとう
効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強は学力向上にはつながらない。
学習塾での勉強は学力を向上させない。
了解しました。
もし,いま学校で効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強を行っていたとしたら,それこそ学力は急降下するね!




807 :実習生さん:04/01/03 00:06 ID:B6gCBaTR
>>806
そうだと思うよ。
実際、学力(と思われているもの)のピークが
大学受験時ってタイプはその典型であり多数派だ。

ところが、世間で言う学力ってのは
狭義の『受験学力』だったりするから始末が悪い。
一昔前に流行った『新しい学力観』なんてのも
個人的には疑問がある。
(日本は極端から極端に走りやすい)

情報を得、正しく分析し、それを元に
論理的に考えられることこそが重要なのだが、
これは非常に迂遠にも見える。

多くの人は、点数さえ獲れりゃそれでいいと考えてるし。

808 :実習生さん:04/01/03 00:16 ID:MbO69gib
そうやって偉そうな事を言うけどなあ、与えられた単位時間内で考えさせる授業ができるのかよ。
もたもた授業をやってれば、塾にいけない子は確実に落ちこぼれる。
かといって、受験学力を考えさせる学力に換える授業ができるわけでもないだろ。

自己満の授業でないかどうか、先ずは自問自答しろ。

809 :実習生さん:04/01/03 12:48 ID:sQpc76Wa
>>808
できないからやらない。
で,学力低下は放置するわけね。

810 :実習生さん:04/01/03 16:20 ID:g4qZHQhD
浪人的に、補習科てどうよ?
高校の「補習科」を語ろう
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1073016027/l50


811 :実習生さん:04/01/03 16:23 ID:r3ejXuUO
腐れマンコにいちいち反応すなや。
あそこは臭いぞ。
あ〜クサクサ


812 :実習生さん:04/01/07 22:06 ID:Ko3DlWnH
>効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強は学力向上にはつながらない。
>学習塾での勉強は学力を向上させない。

まったくはあ?だな
素人がにわか教育論を論じるようでは世も末だな
っでその素人理論を真に受ける馬鹿がいるほうが学力低下よりかはるかに問題だなw

813 :実習生さん:04/01/07 22:18 ID:ukkhGMC1
>>812
多分、>>805に対する意見だろうが、
これは正論だよ。理想論に近いけど。
ま、言い換えれば「学問に王道無し」だな。


814 :実習生:04/01/07 22:21 ID:GHuqHwBx
>>812
きょ〜いくって、1おくそ〜ひょ〜ろんかになれるんで、
わけわかんなくなってんダロw。

815 :実習生さん:04/01/07 23:29 ID:LVcaVju0
>>807
だから、「ゆとり教育」もどうかと思うが、「受験学力」中心に「学力低下」を語る和田
秀樹たちの言動もムチャクチャとしか言い様がない。

たしかに、コツコツとした「基礎学力」の修練には、日本的ノウハウがいいかもしれない。
だからこそ、海外から日本に視察団が来たり、国内でもそうした方向に揺り戻しているわけで。

しかし、それ以外の思考力や教養力を身に着けさせるには、欧米の上位層が通うような学校、
成功しているという北欧のノウハウを導入するほかあるまい。
日本の悲劇は、上位校ですら、「必ずしも受験に有利にならない」「カネが掛かる」
等の理由で、そうした学校が事実上、存在しないことだね。

816 :実習生さん:04/01/07 23:46 ID:8vAlb0Wr
日本人総体の知力低下に関しては、TV局とゲームメーカーが滅びない限り
ムリだね。最近のTVはひど杉。
さらに、大学以上の改善となると、もう悲観的になるしかない。
例えば、こういうサイトとか・・・。
ttp://ha1.seikyou.ne.jp/home/yus/ecolab/edu.html
ttp://www.asahi-net.or.jp/~MQ7I-MTI/mit/highered1.htm

とくに、昨今の「大学改革」(院重点化・独法化・ロースクールの三点セットなど)
は、学部生・院生を犠牲にして、文科省・大学が自己維持しようというだけの
「改革」が大半ですからね。どうしようもない。

817 :実習生さん:04/01/08 13:16 ID:6pqq1XPb
>>813
まったくはあ?な意見だな

>暗記に頼った試験勉強って、試験が終わったら忘れるじゃない。
>本来は、概念や理論を理解した結果、解けるようになる問題を
>単に解法を暗記することによって解く。
>こういうことを繰り返しても、学力はほとんど伸びない。
>さらに、勉強してない人間は、「答えが出せた=解った」と思いがち。

>学習塾での勉強は学力を向上させない。

塾での勉強は下がる学力を多少なりとも下がらないように維持している点では
学習塾での勉強が学力を向上させないんではなく
学校での勉強(授業)が学力を向上させないんだよ。

だから素人はすっこんでろよ



818 :実習生さん:04/01/08 13:53 ID:KQIimqCE
>>817
学力を得点力と言い換えれば、君の意見は正しい。

学力が低下する原因は
反復による定着や、思考することに時間をかけ(られ)ないこと、
教科書がスカスカになっていることなど。

普通は、生徒が分からないとき、まともな教師なら
具体例を増やして、より時間をかけて細かく説明する。

ところが文科省が実際にやっていることは、
教科書をより薄く(大雑把に)して、時間を減らしている。
これじゃ学力が下がるのは自明だ。

塾でやっているのは、得点のノウハウを反復によって身につけさせること。
当然目標が試験で点数をとることだから、それが終われば塾をやめるし、
大学に入ってからは(特に人文系の学生は)メッキがはがれ落ちてしまう。

819 :実習生さん:04/01/09 17:11 ID:XXeKYUs/
>>818
はははっやっぱり素人だなw

4 名前: 実習生さん 投稿日: 04/01/02 21:30 ID:WHCKcwg/
素朴な疑問。 学習塾や英会話教室に通っている子が増えているのに学力低下?
なんでだろう?

805 名前: 実習生さん 投稿日: 04/01/02 21:42 ID:v19a3hTw
>>804
効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強をするから。

806 名前: 実習生さん 投稿日: 04/01/02 22:35 ID:WHCKcwg/
>>805
ありがとう
効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強は学力向上にはつながらない。
学習塾での勉強は学力を向上させない。


学力低下の原因は何だ?
塾が学力向上につながらない?笑止千万

>効率よく点数をとるノウハウに偏った勉強は学力向上にはつながらない。
これは大きな勘違い。効率よく点数をとるといったら語弊があるが
効率よく学習すると言う意味では学校での勉強よりははるかに効果的
それが学力=点数だろうが関係ない

820 : :04/01/09 17:17 ID:9xRBPvyN
教育の質以前に人間性や素質も問われそうだ
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1073628662/l50

821 :実習生さん:04/01/09 18:29 ID:LAn2Zl4U
>>819
>>818(学力低下の原因)に対する反駁としては不適当。
反駁のつもりだったら、学力低下の原因について、
低下前と何がどのように変わったからのか
君なりの私見を述べてみてよ。

多分ね>>805と君は『学力』の定義付けが違っているんだよ。
> まったくはあ?
で始まるレスが君のだとしたら、君のそれは批判に終始し
しかもその論拠が欠けている。
否定するときは、言葉の定義付け・認識の間違い・
論理の間違い等を明確に指摘し、訂正と根拠を入れるべきだな。

ま、君は教育論の玄人なのかも知れないが、
意見交換や議論の素人なのは分かるよ。

822 :実習生さん:04/01/11 12:07 ID:sdvAILr1
>しかもその論拠が欠けている。
>否定するときは、言葉の定義付け・認識の間違い・

自分の意見が常に正しいとでも思ってるんだろうなw
逐一指摘しないとわからないのか?

>論理の間違い等を明確に指摘し、訂正と根拠を入れるべきだな。
他人のこととやかく言う前に、自分の方こそ論理的に説明したらどうなんだ?
↓なことかいといてwまさかこれが論理的だと思ってるのか?w

>学力が低下する原因は
>反復による定着や、思考することに時間をかけ(られ)ないこと、
>教科書がスカスカになっていることなど。

>普通は、生徒が分からないとき、まともな教師なら
>具体例を増やして、より時間をかけて細かく説明する。

>ところが文科省が実際にやっていることは、
>教科書をより薄く(大雑把に)して、時間を減らしている。
>これじゃ学力が下がるのは自明だ。

>塾でやっているのは、得点のノウハウを反復によって身につけさせること。
>当然目標が試験で点数をとることだから、それが終われば塾をやめるし、
>大学に入ってからは(特に人文系の学生は)メッキがはがれ落ちてしまう。


823 :実習生さん:04/01/11 12:12 ID:sdvAILr1
>反復による定着や、思考することに時間をかけ(られ)ないこと、
時間をかけられないのではなく、現場の教師レベルでも「反復練習」が大切だと思ってないから
時間のせいにするのは単なる言い訳
まず教師そのものが教育の本質を全くと言っていいほど理解していないことがだいいちの原因

>普通は、生徒が分からないとき、まともな教師なら
>具体例を増やして、より時間をかけて細かく説明する。
わからない子どもに対して説明すればするほど子どもはわからなくなるんだよ。ど素人が

テストで点を取る力も学力の一部であるが、学校ではそうした学力すらつけることができない。
塾がこれだけ流行る原因は、それだけ需要があるから。その授業は学校教育で供給されないからにほかならない。

824 :実習生さん:04/01/11 12:21 ID:H3aFw8Ip
>わからない子どもに対して説明すればするほど子どもはわからなくなるんだよ。
バカだわ。

825 :実習生さん:04/01/11 13:12 ID:yaU3/21n
>>824
多分ね、>>805の書き込みに対して、>>806が、
部分的な捉え方(学習塾での勉強は学力を向上させない。)をした。
(個人的には805は全くの正論だと思うし、
806のレスもあながち的はずれではないと思う。
厳密に言えば、ノウハウに偏った訓練は
学問に対するレベルを上げるものではないということ)

その認識は「まったくはぁ?」氏には絶対に認められない、
あるいは許せないんだろうね。
でも(あるいは、だからこそ)言葉尻をとって噛みつくことに終始する。
実際は、学力低下の原因分析も、それに対する提言も、
そもそも、何を学力と呼ぶかすら出せない。


826 :実習生さん:04/01/11 13:13 ID:sdvAILr1
>>824
おまえの方が馬鹿だろ
ど素人は黙ってなさい

827 :実習生さん:04/01/11 13:19 ID:yaU3/21n
>>823
>>反復による定着や、思考することに時間をかけ(られ)ないこと、
>時間をかけられないのではなく、
>現場の教師レベルでも「反復練習」が大切だと思ってないから
本当にそうならこんな理由を挙げないって。

>>普通は、生徒が分からないとき、まともな教師なら
>>具体例を増やして、より時間をかけて細かく説明する。
>わからない子どもに対して説明すればするほど
>子どもはわからなくなるんだよ。ど素人が
多分、君はそうなんだろう。

そもそも、君が『学力』と呼んでいるのは何?
そして、その低下の原因(何が変化したから学力が低下したか)は
なんだと考えている?
それを補うために何をしている?


828 :実習生さん:04/01/11 17:06 ID:wGcAdM79
>でも(あるいは、だからこそ)言葉尻をとって噛みつくことに終始する。
はははっ、素人はそういうあおりしかできないんだろうねw

829 :実習生さん:04/01/11 17:07 ID:wGcAdM79
>>>反復による定着や、思考することに時間をかけ(られ)ないこと、
>>時間をかけられないのではなく、
>>現場の教師レベルでも「反復練習」が大切だと思ってないから
>本当にそうならこんな理由を挙げないって。

いや全然わかってないよ。とくに現場の教師がね

830 :実習生さん:04/01/11 17:10 ID:wGcAdM79
>わからない子どもに対して説明すればするほど
>子どもはわからなくなるんだよ。ど素人が

これがわからないことこそがおまえがど素人である証明
あーだこーだ説明して子どもがわかったような気になってるのを
「子ども側がわかった」と勘違いしているへたれ教師のヨカーン

831 :○○大学教育学部附属小学校生徒:04/01/11 17:23 ID:OpbB6tnx
初めて書き込みます
子供側が分かったとか思い込んでるクルクルパー教師なんか
世の中めっちゃいるよ
それに今だって教師おかしくなってるじゃん
盗撮やら痴漢やらで馬鹿じゃない?
うちの学校だってもう学校中おかしくなってます
政治はどうなってんだか

832 :実習生さん:04/01/11 17:59 ID:VNVcmlDq
>>828-830
だから、根拠の薄弱な批判はいーから、
>>821>>827にこたえなさいな。
批判だけならいくらでもできるんだよ。
アプローチは何通りもあるし、事例も同様。

何人かの相手に素人を連発しているが、
君自身はどう考えどうしているんだい?
玄人なら玄人の、素人なら素人なりの
忌憚のない意見・分析・実践・提言を求む。




833 :実習生さん:04/01/11 18:36 ID:jWCORNyy
>ど素人は黙ってなさい
妄想だけは宅間しいな(w 

>まず教師そのものが教育の本質を全くと言っていいほど理解していないことがだいいちの原因
>わからない子どもに対して説明すればするほど子どもはわからなくなるんだよ。ど素人が
>塾がこれだけ流行る原因は、それだけ需要があるから。
その特徴的な支離滅裂さ!
低学歴の分際でゆとり教育と学力スレに粘着し、妄想と知ったかぶりでバカと呼ばれ続けた「いってよし」の悪寒。

834 :実習生さん:04/01/11 19:58 ID:MRoXdCPB
つうか、教師になるヤシってどうしてこう人の心が読めないのが
多いのかな。だから、すぐ生徒とトラブル。
そもそも、目線が生徒の方を向いていない。

いますぐ、民間の営業マンと入換えても、はるかに一般営業マンの
方がうまく生徒指導できる。民間の営業マンなら顧客が何を考えてるか
絶えず推測しながら仕事してきてるから、ガキなんかすぐ読めるって。


835 :実習生さん:04/01/11 22:26 ID:YmeIqQGF
どうして教育板では
民間 = 営業
的考えが多いのだろう?

836 :将来が不安:04/01/11 22:51 ID:T+3Thh+6
お初です。
ゆとり教育を受けた約二年間分の学生は、
将来どうなるのでしょうか?
学力格差があるように思われるんですが。


837 :実習生さん:04/01/12 07:43 ID:+iBvsVd0
>>835
単に、教育板に書き込む人に占める
営業職人口が多いだけじゃないの?


838 :実習生さん:04/01/12 11:21 ID:gXko3dng
>837
とすれば、人との接触の中から、
節度のなくなった人間ばかりが目につき、
わざわざ、教育に原因ありと、当スレに
書き込む人が多いということ。

教育者よ、本当に反省し真剣にならないとな・・・。
過度の人権、平等で、本能開放教育なんてやって
学力なんか向上する訳ないだろう!
わかりきったことじゃないか!

839 :実習生さん:04/01/12 12:13 ID:BqKv6fjy
>>838
と、前向きに考えて書き込む人がいれば、
もうちょっとましな意見が出てるだろうに。
実際は叩きと批判と待遇の話のみ。

ま、ここは「叩きスレ」だよ。
中庸と言える意見すら、教師擁護として扱われる。
まぁ、極左・極右から見れば、中道も右派・左派に見える罠。

840 :実習生さん:04/01/12 12:47 ID:2xoXZn1w
>>832
学力の定義などとうの昔に書かれているだろうが。
広義の学力(学習する力)と狭義の学力(受験)
そんなこと今議論してどうするんだ?

>『学力』の定義付けが違っているんだよ。
こんな質問が出ること自体、おまえの勉強不足だろうが。

最近の学校は学力などということばを使わずに、あくまでも「学び」と称して、
いわゆる受験学力や基礎基本の学力を頭ごなしに否定している、といっても過言ではない。
覚えることは悪いことだ、反復練習は必要ない、といった具合に。
こうした学力は、いくつもデータが示しているように低下しているのは明らか、今更賛否を問うこともない。
(ただし、いわゆるコンピュータを使いこなす力みたいな広義の学力は低下どころか中高年齢層よりもはるかに高い水準にあるだろう。)

学校現場というのは、狭義の学力は低下しているのに、広義の学力は低下していないと(まではいってないが)楽観視しているからたちが悪い。

それはなぜか?
ひとつは学習方法が読み書き計算→見る聞く話すへと変わってきたから。
もうひとつは学習内容が減って、頭を使わなくても学習内容を習得することができるようになったから。

一つ目は言うまでもないだろう。
二つ目は、たとえば分数で仮分数のはいったかけ算わり算はやらなくなった。
これだと、たいていの文章題は整数×分数で答えが出せてしまう。
かけ算の前のたし算引き算などやらなくてもよい。
関係代名詞もwhoとwhichだけで、whoseやwhomを使わないから、先行詞?格を考えなくても出てきてしまう。
つまり、学習内容を減らしたことで、何も考えなくても当てづっぽうでできてしまう問題が増えてしまった。
だから丸覚えになる。丸覚えになるからすぐ忘れる。とまあこういう理屈だ





841 :実習生さん:04/01/12 12:52 ID:2xoXZn1w
続き、

以前は学校でも、いわゆる受験学力を付けるためにいろいろ努力していたが、
最近では学習内容が減ったために、学校での授業の質も落ちてきた。

一方学習塾では少なくともテストの点を上げるためという目標がしっかりしているため、昔よりも授業の質は落ちているとはいえ
受験学力(基礎学力)をしっかりつけるための授業をやっている。

この点では学校よりも塾の授業の方がましであるということだ。

総じて言えば今の学校は、受験学力など必要ない、それ以外の学力が大切だといって、
その実程度の低い授業をやっている(もちろんその根本的な原因は指導要領や教科書の薄さであるが)。
これこそが学力低下の根本的な原因だ。


842 :実習生さん:04/01/12 12:55 ID:BqKv6fjy
>>840

>>804>>818と大筋で変わらないね。

843 :実習生さん:04/01/12 13:01 ID:Fe6ZhHuU
>この点では学校よりも塾の授業の方がましであるということだ。
その塾の授業をそのまんま全国で一斉に週30時間行うと結局落ちこぼれが出て、
それに対する"塾"が必要になる。
そうすると圧力がかかって「税金で(全体)指導するのに脱落者続出の授業なんかするな。
公教育で塾なんかいかなくてもいいだけのしっかりした指導をしろ」ってことになり……


844 :実習生さん:04/01/12 13:12 ID:BqKv6fjy
>>841
> 以前は学校でも、いわゆる受験学力を付けるためにいろいろ努力していたが、
> 最近では学習内容が減ったために、学校での授業の質も落ちてきた。
むしろ、高校あたりでは、受験学力に偏ったものになってるよ。
何を以て授業の質と言うかは、意見の分かれるところだろうけど、
問題を解く力を目的にするなら質は高くなってる。
学問としてはさがってるけどね。微積の計算はできても、
微積がなんのための計算か、これすら分からない生徒がほとんどだし。

君のいう「根本的な原因」は同意見だよ。
ただ、学習に対するに、
 目的:点数
 手段:暗記
に偏っているところが低下の原因というのが私の論。
君との意見の違いはこの辺だね。


845 :実習生さん:04/01/12 13:14 ID:pvfCuCzC
やっぱり、キーワードは「選択」でしょう。
公立校での生徒一人あたりのコスト(100万以上)を
バウチャーにして生徒・保護者の選択にまかせる。

午前中は主要教科は塾で効率よくやって、昼から実技教科
は学校でやる。だから半分の50万は塾に公費が行くように
すればいい。生徒が来なくなった公立校の教師は順に解雇。


846 :実習生さん:04/01/12 13:23 ID:BqKv6fjy
>>845
スレ違い。

847 :実習生さん:04/01/12 13:58 ID:2xoXZn1w
>目的:点数
>手段:暗記
>に偏っているところが低下の原因というのが私の論。
だからといって、暗記すべてを否定してしまっているのが今の教育。
手段としての暗記といっても、多様なのだよ。丸覚えも暗記ならしっかりと意味も押さえた暗記も暗記なのだよ。
勉強(学習)なんてものは緒戦は暗記、つまり脳神経の結合でしかない。
しかしながら、
秀吉、家康、信長が活躍した順番は9割方の人間が言えても、
天武天皇、桓武天皇、天智天皇が活躍した順番が半分の人間しか言えないのはなぜか?

たとえば九九のようなものはようは丸覚えだよ。こういう基礎的なこと基本的は事は丸覚えで良いんだよ。
しかし、丸覚えだけではいけない。意味のある覚え方をしなければならないはしかりだ。

塾では丸覚えに近いようなことが中心かもしれない。もちろんそれはそれで問題だが、はじめの一歩としては大切なことだ。
しかし、学校ではそれすらしないということはもっと問題じゃないのかね?

今議論すべきは、丸暗記に頼らない学習なのでは。それは丸暗記学習法の+αとして問題であって、
丸覚え云々の問題ではない。


848 :実習生さん:04/01/12 15:09 ID:NZKFOQkx
>>847
俺が言っているのは解法の『暗記』のこと。
単純な漢字・語句は言うに及ばず、
それ以外にも、問答無用で強制的に憶えるべきことはある。

数学で言えば、定義や定理は憶えておくべきものだが、
解法などは学び取っていくべきものだし、その過程こそが
学力を伸ばすことになる。

例えば、
 ttp://school.2ch.net/test/read.cgi/edu/1068646151/76-82
こういうやりとりの落ち着きどころを見ると、
暗澹たる思いになる。

何人かがレスしているが、それぞれの発言者の意図をくみ取れる?


849 :実習生さん:04/01/12 18:11 ID:0jqGQi4E
>>845
分かる。分かるぞー、その気持ち。
俺も同意見だった。激しく同意見だった。
塾講師やってたころはね。

教員になったら認識が変わるよ。
別に、身分とか立場がではなくてね。
学習指導のみなんて、オイシイとこ取りだね。
そこだけで学校は成り立たないし、
それ無しにも成り立たない。

塾の方が効率的なんてのも、
見当違いのイタい意見だな。


850 :実習生さん:04/01/13 03:43 ID:27kuKVlP
「学力」論か・・・。

学校教育が、たんに社会の動きに取り残されてしまったのか?

現在の指導要領・教科書・入試では、どう工夫しても、結果的にああなってしまうのか? 

学校教育は自己目的化し、教育学や教科教育のパラダイムの維持に奉仕するシロモ
ノに成り下がってしまっているのか?

学校現場に夾雑物(部活・生徒指導からケータイといった現代風俗まで)が多過ぎて
身動きが取れず、教師に余裕も時間も無いせいか?

元々、普通の人がコツコツ努力してなる程度の職業で、大した知性など要求されていな
かった、ということなのか? 

「学力」定義論はいろいろあれど、結局、教師自身の多くが「勉強」なんか何もしていない。
あるいは、できる状態にない。この一事に尽きるような気がしてきた。
甚だ曖昧なのだけれど、知性はある種の空気というか、雰囲気・場の力によってしか
伝わらないからね。今の学校にそうした機能がない、ということなのだろう。

851 :実習生さん:04/01/13 14:35 ID:K33XxNcH
>>850
>元々、普通の人がコツコツ努力してなる程度の職業で、
>大した知性など要求されていなかった、ということなのか? 
そう。
教師や学校に権威があった頃は、
それだけで学校は成り立った。
四半世紀ぐらい前から、そういった権威が否定され
個々の教員の資質だけで生徒にあたっている。


852 :実習生さん:04/01/13 18:07 ID:S6usiNtN
学校教師は総じて学力なんてどうでもいいんだよ。
低下が懸念されているような学力ってもはや学校では教えていないも同然なんだから。
その分塾が大変だろうけどね。
学校はもう職務放棄をしているんだよ。
だから学校教師にとっては学力低下なんて問題にならない

853 :実習生さん:04/01/13 18:08 ID:zbUh79cc
http://2.csx.jp/~koukichi/tada.html

854 :実習生さん:04/01/13 18:11 ID:a5kHEBVz
>>852
むしろ現場にとっては、重大な問題ですが…。
正直週6日制に戻して欲しいんですがね。



855 :実習生さん:04/01/14 00:17 ID:mCPLgh/T
戦後教育は愚民化政策である。

856 :実習生さん:04/01/14 21:06 ID:GVoP1RKi
ゆとり教育も愚民化政策である。

857 :実習生さん:04/01/14 21:33 ID:PecSN8sP
ジェンダーフリー教育も愚民化政策である。


858 :実習生さん:04/01/14 22:42 ID:icq0xg3Z
●裏切られた・異性問題・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
http://www.curio-city.com/curio-buzoo/users/blacklist/index.html?buzoo=1035318

859 :実習生さん:04/01/17 22:04 ID:WZ7e9Wz3
将来的には3%のエリートが残りの同世代の葛を食わせる時代になりそうで怖いな。
別に差別論者じゃないけど、在日とか同和とか層化なんかが
この機に英才教育を施し始めたらおぞましい未来になるだろうな。

一応言っとくけど、官僚が腐ってるんじゃないよ。
官僚続けるのはシンクタンク並の知識が必要だからね。
組織が腐ってて身動き取れなくくなってるだけだよ。
官僚やってる友人がいないような大学出た人にはわからんだろうけどね。
あと、不祥事は公務員だから起きるわけではないんだよ。

860 :実習生さん:04/01/17 22:05 ID:HOp21o0u
>>854
重大と受け止めている教師が現場にいったいどれだけいるのやら

861 :実習生さん:04/01/18 01:45 ID:8LZJ4ZKe
 最近、新聞の投稿欄とか見ていると、「知識ではなく自ら発想し意見を言
える力をつける教育を…」とか仰っている方々が居るが、自分の意見を持つ
為には、知識を持つことが重要であるということを知っているのであろうか
。意見を持つことは正確な知識を持たねば成立しない。
 大体、近頃の新聞の投稿意見は本当におかしいヤツが多い気がする。しっ
かり物事を学ばずに盲目的にカッコイイ言葉―平和、自分の意見を持とうetc―
を崇拝しているのだ。


862 :実習生さん:04/01/18 08:21 ID:bU58QcJ7
>>860
都市部と田舎では状況が違うかも知れないが、
田舎では問題視されている。

まがりなりにも『大学進学』を目指す高校(所謂進学校でなくとも)や
中学校では、大多数の教員は5日制のデメリットの方を強く感じている。
といっても、外圧で決まった方針は、個々の教師や教委の力では
変えようが無いのだが。

863 :実習生さん:04/01/18 10:51 ID:OyPKGlRp
>最近、新聞の投稿欄とか見ていると、「知識ではなく自ら発想し意見を言
>える力をつける教育を…」とか仰っている方々が居るが、

これが有効なのは上位の2、3割の生徒だけ。


864 :実習生さん:04/01/18 10:54 ID:OyPKGlRp
>>862
見当違いだな
状況は、都市部、都市近郊部、田舎で3分割されてるだろう。
っでもって、都市部は塾がたくさんあるから問題外。
田舎部はどうせ過疎化するから問題外。

もっとも問題なのは、都市近郊部だろう。
がんばらなければ良い高校へ行けないから、過剰な詰め込み教育になりやすい

865 :実習生さん:04/01/18 11:08 ID:qUeLSSGM
>>864
高校入試だけならともかく
大学は全国区なわけだが。


866 :実習生さん:04/01/18 11:21 ID:Exi7pEMG
>>864
過剰な詰め込み教育って何?

867 :実習生さん:04/01/18 16:58 ID:axdIH8xo
>>865
ぼけはだまってろ

>>866
できもしないのにとんでもないほどの宿題出したりすることだよ。
進学塾ならそれでもなんとか生徒は消化するだろうけど、
ピンからキリまでいる公立学校でそれをやっても大半がついていけないだけでつ

868 :実習生さん:04/01/18 17:22 ID:yeRk9yOV
>>867
>>>865
>ぼけはだまってろ
プッ

869 :実習生さん:04/01/21 00:32 ID:V4PWrFp2
生物の授業(当然高校)で
「えー、クジラは魚類じゃ無いの?」
とほざいたアホがいた・・・


870 :実習生さん:04/01/22 23:58 ID:yhMQJF6j
>>862 864
といっても、その受験重視は(詰め込みだろうがなんだろうが)
親の望んでいることであり、その点学校は消費者の要求にこたえて
いるんでないかい?


871 :実習生さん:04/01/23 00:13 ID:iNsMuP+n
日本の学校は子供専門監禁施設

872 :実習生さん:04/01/23 23:20 ID:BX8TCb8D
【教育】数学、理科は予想水準以下=国語は想定超す−40年ぶり高校学力テスト
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1074839102/

873 :実習生さん:04/01/24 07:26 ID:MQvQw6KS
学力低下より教師のモラルの低下が深刻。
仲間意識が強いのはまあ仕方ないとしても、
非組合員の噂話でかたまるのは品がない。
労働者に過ぎないというのもうなずける。
人間としての誇り、羞恥心をなくしてる人
がいる。学力うんぬんの前に、人間らしさ
について考えたい。

874 :実習生さん:04/01/24 13:08 ID:HWOQ7le0
>>873
何か内容が変。
国語力の低下。

875 :愛知県民:04/01/28 22:02 ID:FPUJVGLT
 

876 :実習生さん:04/02/03 21:56 ID:SrHcADNA
<読める漢字>倍増を提言 国語授業も増やす 文化審議会答申
 小学校卒業までに常用漢字1945字の大半を読めるようにするため
、文化審議会は3日、教科書で「心ぱい」「こっ折」などの交ぜ書きをやめてふりがなを活用したり、
国語の授業時間を増やすよう河村建夫文部科学相に答申した。
学習指導要領で定めた「読める」漢字数の2倍近くにあたる。国語教育と読書を、
国語力を身に着けるのに必要な両輪と位置づけ、「大半の常用漢字が読めれば、
読書への抵抗も小さくなる」と提言した。(毎日新聞)

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/education/

877 :実習生さん:04/02/03 21:58 ID:SrHcADNA
今の1006字すらまともに教えられない香具師に2000近くも教えられるとは思えない
教師の資質向上がなかったら、効果なんて期待できないだろう

878 :実習生さん:04/02/03 22:15 ID:58Gx+axy
「総合選抜制度」って舐めてない?その2
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1074081703/l50
「総合選抜制度」って舐めてない?その2
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1074081703/l50
「総合選抜制度」って舐めてない?その2
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1074081703/l50


879 :実習生さん:04/02/04 10:44 ID:9stR76nr
愚民化政策は大成功と思っている外国の高笑いが聞こえるな。
いったい中国からいくらもらった、アメリカからいくら貰った
官僚よ、政治家よ。

880 :実習生さん:04/02/04 12:11 ID:EYukMXWR
>>876
教科書に出てきた漢字は全て読み書きできないといけないという方針が間違っている。
低学年でも常用漢字は読ませるべき。
その中で、学年ごとに覚えるべき字を指定すればいい。
そうすれば低学年の子でもいろいろな本が読めるようになる。
基本的な学力向上に直結すると思うが・・・。


881 :実習生さん:04/02/04 12:47 ID:50Ka8For
学力低下、売春、覚せい剤、暴力、カツアゲ
これが日教組の長年かかって築き上げた、
理想の子供の姿?
美しい教育のパフォーマンスのつもりか?
のこのこ自衛隊派遣反対集会に参加して平和に酔ってる
場合じゃないでしょ  センセ〜

882 :実習生さん:04/02/04 23:27 ID:ebc11pft
日教組や全教は愚民化政策マンセーだろうな。  国民をバカにしておけば中国韓国アメリカのいいなりだからな。
それとかつての日教組のスローガン「教え子を戦場に送るな」を大真面目に信じ込んでいる先生って今でもいるの?

883 :1:04/02/05 07:32 ID:JmzEo4f4
あらw
ひさしぶりに来てみたら882もレスいってるじゃないですか。
すみません、スレ建て主のくせにスレ放置で。

884 :実習生さん:04/02/05 15:24 ID:Yvo1kkeW
学校の勉強など社会へ出てからは役に立たない、と言われて久しい。
だけど、子供の教育は「彼らが将来大人の社会にあまり苦労なしに参入できるために行う」んじゃないの?
江戸時代、寺子屋で庶民に読み書きそろばんを教えたのも、商家へ奉公へ行って困らないためではなかったか。武士には武士の教育があった。

だが、現状はどうだろう。
戦後教育では個人主義、普遍主義(縁故者を優遇したり裏で手を回したりしない)、平等主義的(50メートル走で手を繋いでゴールインしましょうとかいうようなエセ平等ではない)であるように教えられるが、
日本の大人社会は頑強に集団主義、家柄主義、縁故主義、集団差別主義 滅私奉公に固執している。

現代の大人が「社会に出たらそんなことでは通用しませんよ」と子供に言うということは「私たちは社会に通用するような教育をあなたたちに授けていません」という意味ではないか。
「自分たちには子供を教育する能力はありません」と言っているようなものだ。教育を放棄している。みずから無能であると宣言しているのだ。

こうして日本人は子供時代と大人時代を引き裂かれながら生きている・・・。
不安が増え、押しつぶされて社会に出てゆけない人が増えるのは必然である。

885 :実習生さん:04/02/11 22:29 ID:NltuuLFb
あげあげあげ

今の教育で、なぜ学力低下が起こるか

1)円周率3騒動で話題になったが、「直径×3.14」の計算はあくまでも計算機使用
よって、この程度の計算する自力でやらないので、この事実だけ見ても計算力不足に陥ることは自明

886 :実習生さん:04/02/14 05:19 ID:oTKmDY4x
日本は与えられた問題に対して、適切な共通の答えが出てくるようにする教育。
これは同じモノをたくさんつくる大量生産に向く。製品にバラツキがあってはいけないから。
規格化された人間が、規格化された製品を作る。

問題そのものを発見あるいは創作する能力。
答えのない問題に対してどういう姿勢で臨むか。
こういうことは重要ではない。役に立たないから。
役に立たないということは、お金にならないということである。

887 :実習生さん:04/02/15 09:34 ID:PUfUzdQ1

−学校の生徒にとってもよいニュースです。もう背中が痛くなくなります。本がいっ
ぱい詰まったランドセルを背負う代わりに、全年間のカリキュラムが入った、ポケッ
トサイズのコンピュータを持つだけでよくなるのですから。それはもちろん、彼らが
まだ学校に行く場合ですが。いずれこの施設も不要のものとなるでしょう。インター
ネットのよって子供たちは、家にいながらにして自分の端末から勉強できるようにな
るのですから。回線を使って、最新の知識に基づき、世界で最も優秀な教師たちから
教えてもらうようのなるでしょう。その知識は、加速する発見の速度に追いつくよう
に、毎週更新されるでしょう。
最後に、病気の患者の皆さんにとって良いことは、医学生が現在のように、十年も前
の事実を学ぶということが確実になくなることです。それはもちろん、医者が存在し
ていればの話です。というのも、ロボット、コンピュータ、ナノテクノロジーが、い
つの日にか医者の代わりになるからです。−ラエル著 「クローン人間にYes!」76ページより一部抜粋。
 
http://www.fordvehicles.com/trucks/f150/index.asp?bhcp=1←こういった技術を用いれば教師は少人
数で済みます。


888 :実習生さん:04/02/15 14:07 ID:qjR5e8Oo
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1076682481/

889 :実習生さん:04/02/16 06:11 ID:iJaT5A4R
競争論
試験はどれだけがんばっても、がんばっても、必ず半分の平均以下、半分の平均以上、人達を作り出している
勝った者は優越感を持つだけ、負けた者は劣等感を持つだけ
いつまで立っても、人類に幸せは表れない。


890 :実習生さん:04/02/16 06:13 ID:PkvFpBbP
【調査】「このままだと日本は崩壊」 日本の若者20%が無職状態★3
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1076863477/

【鬱だ】「人より失敗が多い、物事を楽しめない」日本の大学生 抑うつ傾向高い
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1076832626/

日本の若者 20%が無職状態
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1076842356/

【驚愕】日本の若者 5人に1人が無職状態【失望】
http://human.2ch.net/test/read.cgi/dame/1076848474/

891 :実習生さん:04/02/16 08:50 ID:stelav4M
>>887は何年前のコピペ?( ´,_ゝ`)

892 :寺嶋眞一:04/02/16 09:03 ID:27zKfukM
教育の淵源

自分自身の基準を明らかにして,その後に現実に関する適・不適を述べる.
これは,リーズナブルな態度である.この人は理性的な人である.
現実の事柄だけを考えて,それらを横並びにして比較したのでは,結論にも疑念が生じる.
これは,つかみ所のない人間のすることで,個人的な信頼がおけない.
理性判断 (rational judgment) は,個人に生きる力を与える.
それ以外の判断は,盲目の判断 (blind judgment) である.
日本人を理性判断のできる個人に育て上げなくてはならない.
これが,教育基本法の趣旨でなくてはならない.
256文字
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/




893 : :04/02/27 16:41 ID:YVTJqxpL
MAI Kuraki エッセイ bO24
NO WAR!
皆元気?それぞれ新しい生活がスタートしたと思うんだけど頑張ってマスカ〜?
Mai.Kのツアーも残すところあと二カ月!ガンバルゾ〜
ところで!今、地球があぶな〜い(>ο<)/~過去の歴史を繰り返そうとしているっ・・・。
なんとアメリカとイラクが戦争をしています(悲)、ショック・・・。
きっといろいろなあるのだろうけど、戦争は絶対反対!! 戦争でいつも犠牲にになるのは、罪のない子供たちや市民なのだから(泣)
なぜ!過去の悲惨な戦争体験から学ぼうとしないのかなぁ・・・。日本には、憲法第九条という立派な平和憲法があるのに・・・。なぜ!これを活用して全世界に知らしめないん
だろう。
一日でも早くイラクとアメリカの戦争を終らせて欲しいです。今でも戦禍で苦しんでいる多くの人たちがいることはとても残念だし、心が痛くなります。皆はどう思いますか?
平和は心の中にあるもので、それを皆がいつまでも持ち続けることが大事だし、"真の平和”は戦いから得るものではなくて、人々が築きあげるものじゃないのかなぁって思います。
NO WAR! LOVE & PEACE!!

894 :実習生さん:04/03/09 16:23 ID:xuPhIhTm
「就職氷河期」。いや、「就職”超”氷河期」
北海道立深川東高校を卒業後、地元の警備会社に入社、正社員。
正社員とは言うものの保険も何もない。月給13万円。
高3のとき、一応まじめに就職の進路相談とかは先生としていたほうだった。
夢はあったのだ。
「警察官」
夏休みのある日。市内の建設会館で行われた警察官採用試験を受験した。
地元の高校生たちが制服で受験しにきていた。女子も一緒だ。
結局連絡なし。不合格。 結果、民間企業に就職となる。しかしこれも至難の技だ。
道内の数百社に資料請求をして、返事が返ってきたところにまた連絡をする。
何百枚の履歴書を書いて、面接の練習をして・・・。履歴書代だけで
2万円くらいかかっていた。同級生たちももちろんそんな活動をしていた。
数人の男子生徒は郵政外務や陸上自衛隊に合格していた。
自分も自衛隊を受験しようとしたが広報官に「運動経験者優先だから」と
暗に「君は無理だよ」と言われた。
結局、自分はどこにも採用されず新聞の日曜の折込に入っていた
「エスタニュース」に載っていたFという警備会社を見つけて
面接を受けに行った。もうどうでもよかった。 人生をここで諦めてしまっていたのかもしれない。
「おいおい。それでいいのか?」
とは、全く思わなかった。
「なんとかなる」
人生を簡単に考えていた。

私。
なんで?
なんでそうなるの?
なんで普通の生活ができないの?
死のう。・・・・・でも・・・死ぬのが怖い。


絶対死ねない。


343 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)